多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

父の日に思う事

2019-06-16 05:56:06 | 思い出
父の祥月命日が近づく。


亡くなってから20数年が過ぎた。


私の中の父は、まだ60歳のままだ。


私も後数年で、父の年を越す。



父の両親、私から見ると祖父母。どちらも若くして亡くなった。


私にとっての祖父母は、写真の中の人である。


父が 祖母の年を越え、祖父の年をも越した時、


親族一同で 祝いの宴があった。


父のきょうだいの中で、父が一番祖父に似ていたため、


父も 父のきょうだいも、「父が祖父のように 若死にするのでは」と思っていたらしい。


祖父母も、父も、若い姿のまま亡くなった。


白髪頭になる事も、腰が曲がる事も、耳が遠くなる事も、老眼になる事も、


何も経験しないままだった。


私にも数年前から 白髪が生え、「染めたらどう?」と


言われる事が多くなった。


父は祖父に良く似ていて、私は父によく似ている。


白髪頭の自分を鏡の中に見る時、私はそこに 父や祖父の面影を見る。


祖父母も 父も 経験した事の無い事を私が代わりにしているような気がする。


生まれたその日に「助からない」と言われた私が


生きながらえ、長じては結婚し 子どもを産むとは、


誰も 想像していなかった事で、不思議な事だなあと思う。





コメント   この記事についてブログを書く
« 主体性のある患者として | トップ | その人に伝わる言葉で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思い出」カテゴリの最新記事