多病息災発達障害者こよりの日常

両手で数えきれない障害と持病を抱えつつ毎日元気に活動中。発達障害の息子たちの子育ても終え、悠々自適の毎日です。

コンディショニングと神田橋先生

2015-09-11 20:41:10 | 修業について
たくさんの障害と 病気を抱えていて


過食症もあったし 軽い自傷行為もあった。抜毛とか。


一日30錠を超える薬を 飲んでて、


このままじゃいやだなあと思っていた。



コンディショニングを 受けて 体のお手入れ覚えて


力の抜き方 覚えて ずいぶん楽になった。


神田橋先生の ところに行って


診察 うけて、減薬の相談した。


神田橋先生も 私の投薬状況見て 「これは・・・難しいねえ」とおっしゃった。


でも 漢方の処方と 春ウコンと 麻の実続けるうちに


徐々に状況が 変わっていった。


今。精神科の かかりつけ医が 「調子いいから」と減薬を進めてくれている。


大量に 長い時間飲んでいたから、離脱症状もある。


でも、少しずつ減っている。うれしい。


過食も 無くなって、好きな時に 好きなものを食べても


体重が増えないし 血糖もいい。食欲に振り回されなくなった。


まったく処方されなくなった薬もあるし


一日3回の投薬が 一日2回になったり。


外出時も たくさん薬持ってあるいてたのが


昼の 投薬が 一錠になって 本当にラクです。




 

















芋づる式に治そう! 発達凸凹の人が今日からできること
クリエーター情報なし
花風社
コメント

お片付け

2015-09-11 11:53:58 | 私の日常
片付けが苦手で たくさんの物に囲まれて生活してきましたが


ここ数か月、ヘルパーさんの利用をするようになり


片付けの 指導(?)を受けて


自分でも片付けができるように なってきました。


片づけ本を たくさん買って 読んでみても


さっぱり わからず というか 実践できず


本や 雑貨が あふれた部屋の中で 寝起きしてましたが


ここのところ 落ち着いて生活できてます。



社会福祉士さんと ヘルパーさんが 来てくれた最初の日。



部屋の中は物で あふれてすごい状態でした。



物が捨てられなかったですから それは もうすごい量でした。



必要なものと そうでないものをわけて、



必要なものだけ 部屋の中に残す。



このことを 地道に こつこつやって、


ずいぶん 物が減りました。



今日も ヘルパーさん来てくれましたが



やっぱり 第三者が 来てくれるって ありがたいです。


夫にいくら「片づけろ」と言われても 何をどうしたらいいのか


わからなかったです。



大事なもの、本や 愛用品は残して


他の物は 友人に譲ったり しています。



物が少ない部屋ってきもちいいです。






自閉っ子の心身をラクにしよう!
クリエーター情報なし
花風社
コメント