田舎に住んでる映画ヲタク

「映画大好き」の女性です。一人で見ることも多いけれど、たくさんの映画ファンと意見交換できればいいなぁと思っています。

仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦

2013年12月22日 17時19分14秒 | 日記

 

 仮面ライダー同士の豪華共演で人気の劇場版「MOVIE大戦」シリーズ5作目。2013年10月から放送を開始した平成仮面ライダーシリーズ15作目で佐野岳が主演する「仮面ライダー鎧武(ガイム)」と、白石隼也主演の前作「仮面ライダーウィザード」が共演。岩永洋昭、木ノ本嶺浩、山本ひかるら過去の平成ライダーシリーズに出演した俳優陣も友情出演を果たした。仮面ライダーたちが「武神」と崇められ、武将たちの守護神となっている異世界の戦国時代へやってきた鎧武たちの前に、最強の「武神鎧武」が立ちふさがり、同じく異世界にたどり着いたウィザードたちも交え、激闘を繰り広げる。(映画.comより)

 

 

 チビ息子(5歳)と共に鑑賞。普段からもツ○ヤでレンタルしてるし、ライダー通になりそうです(笑)。

この作品は登場人物が共通しているとはいえ、短いお話ふたつでできています。まずは前作の主人公、ウィザードが過去を振り切り、前に進むことができるよう、その過去を乗り越えるためのお話です。主人公晴人(はると)は、自らのアンダーワールドに持つドラゴンをファントムに狙われます。なぜなら、ファントムはすべてを自分のエネルギーとして取り込むことができるため、最後に晴人のドラゴンを手に入れたかったのです。

亡くした過去を乗り越えることができず、心に迷いが生じていた晴人は、あやうく餌食になるところでした。しかし、ただ戦うだけが能ではない。晴人は自分なりの解決法を見出してゆくのです。

 

そして後半。前半のシリアスさとは打って変わっておふざけ満載のお話。平成仮面ライダー総登場で、舞台は現代風の戦国時代。城があって、武将が出てくるんだけれど、何もかもがモダン。本能寺もローマ字記載になってます。そんな時代の戦国武将は、それぞれが「武神(ぶじん)」と呼ばれるアーマードライダーを所有し、その優劣によって勝ち負けが決まります。例えば、「うちの武神は”フォーゼ”」とかいう具合です。で、その武神はバイクに乗ってたりします。まぁいいんですが(笑)。

そんな中、やはり信長はHonno-Jiで暗殺され、ちょっぴりおバカな秀吉とJOY演じる短パン姿のIE-YASU(壁にそう書いてある)が出て来て争います。

そんな時代に、時空の亀裂から現在のライダーたちが紛れこみます。もはや何が何だかわかりません(笑)。しかもこの時代の悪役は「武神鎧武」とかいう見かけ鎧武にそっくりなアーマードライダーなのです。「ウツボカズラ怪人」というなんでも吸い込む強い奴も連れてます。

印象に残っているのは、亀裂から迷い込んだ現在の鎧武に「人を殺してまで天下が欲しいのか」と言われたIE-YASUが、「民を守るため」と答え、続けて「自分の国を守るためならよその国の人間を殺してもいいのか。そんなの間違ってる」と言われて「その通り!」と答えたところ。「だから、天下を統一して一つの国にする。そして、みんなが幸せになれるような国を作るのだ」と言うところ。なるほどね、と思いました。

しかし、正義が勝つにしても、ライダー多すぎ。こんなにいてどうするの(笑)。わけわからん。

次はどんなアイデア、出して来るんでしょうね。息子、早くおっきくならないかな~(笑)。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ロンドンゾンビ紀行(COCKNEY... | トップ | ウォーキング with ダイナソ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

「仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦」 大人の物語、子供の物語 (はらやんの映画徒然草)
すっかり冬の恒例となった仮面ライダーのMOVIE大戦ですが、今年は「仮面ライダー