田舎に住んでる映画ヲタク

「映画大好き」の女性です。一人で見ることも多いけれど、たくさんの映画ファンと意見交換できればいいなぁと思っています。

X-MEN:ダーク・フェニックス(Dark Phoenix)

2019年08月27日 16時50分42秒 | 日記

「dark phoenix poster」の画像検索結果

「dark phoenix poster」の画像検索結果

「dark phoenix poster」の画像検索結果

 マーベルコミック原作の大ヒット作「X-MEN」シリーズの7作目で、原作コミックでも重要な作品として名高い「ダーク・フェニックス サーガ」を映画化。X-MENのリーダーであるプロフェッサーXの右腕として、メンバーからの信頼も厚い優等生のジーン・グレイだったが、ある宇宙ミッションでの事故をきっかけに、抑え込まれていたもうひとつの人格「ダーク・フェニックス」が解放されてしまう。ジーン自身にも制御不能なダーク・フェニックスは暴走をはじめ、地上の生命体が全滅しかねない、かつてない危機が訪れる。大ヒットテレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で注目され、前作「X-MEN:アポカリプス」でジーン役に抜てきされたソフィー・ターナーが、今作でも再び同役を演じる。そのほか、プロフェッサーX役のジェームズ・マカボイ、マグニートー役のマイケル・ファスベンダー、ミスティーク役のジェニファー・ローレンスら、おなじみの豪華キャストが出演。これまでの「X-MEN」シリーズや「デッドプール」「LOGAN ローガン」などで製作や脚本を務めてきたサイモン・キンバーグがメガホンをとり、長編映画監督デビューを果たした。(映画.comより)

 

 

 

 日本で不発?天下の「X-MEN」だからしばらくやっているだろうとタカをくくっていると、あっという間に(本当に1週間くらいだったと思う)夕方から、あるいは夜だけの上映に。逆に「すぐに夜に追いやられるかも」と予想していた「アラジン実写版」が延々やってたりします(笑)。とにかく、「X-MEN」でもこんな扱いを受けるのか、と驚きました。でも、シリーズは今まで欠かさず見てきたし、今ここでこの1作を飛ばしてしまうわけにはいきません。仕方がないので、機会を作ってかろうじて明るいうちに上映されていた都会へと出るハメになりました。

 少し長いんですね。主人公のジーンって、こんなに逸話があったのね。今までだって、いつも話の中心はジーン。みんな彼女のことを愛してしまっていたし、公式な恋人はサイクロップスだということになっているけれど、ウルヴァリンだって彼女の夢を見ていましたよね。うなされていたとも言えるけど。彼女ばかりがなぜモテるのか、今までもなんとな~く不思議に思っていました。

 で、今回の作品です。ジーンにこんな才能があったこと、いままで知りませんでした。ものすごい破壊力。プロフェッサーもマグニートもまったくかないません。ヒトとうまくやっていたミュータントたちは、人類を救うため宇宙へ出て、そこでなんらかの光線を浴びてしまったジーンが超常的な力を持ってしまうのです(元々持っていた力が解放されたらしい)。強すぎる我が力を制御できない彼女は、彷徨い始めます。でも、どうやら幼少のジーンを引き取ったプロフェッサーには予見できていたようなんです。が、そこはなんでもお見通しのプロフェッサーですから、「自分がなんとかしてやれる」と本当に思っていたんでしょうね。「アンチクライスト」のウィレム・心理士・デフォーみたい。で、結果、手に負えなかったので、皆を不幸にしてしまった、そういう話ですね。しかもそこんところをニコラス・ホルトが美しい顔でネチネチ責めるんですね。じゃ、どうすれば回避できたのかな。その辺が私にはわからなかったです。コアなファンにはわかってるのかな。

 アメリカでの興行成績はどうだったのか知らないけれど、日本でこんなに早々に上映が減るのは、公開される時期とかで、飽かれてる可能性もあるんじゃないのかなと思います。なんだか「キャプテン・マーベル」にポスターも似てるし、彷徨う強い女性だし、映画はDCワールドとマーベルワールドとがいっぱいあってわかりづらいし、登場キャラは果てしなく拡散するし。そもそもX-MENだって、最初こそおもしろかったけど、(スピンオフも含め)ここまで作ると、原作を読んで理解してないと話についてゆけない(と、私は思う)。素人な私は、もうかなりの確率で理解してないかも。

 でも最初の頃の「X-MEN」より時世は戻っているわけだから、ファムケ・ヤンセンはみんなと一緒にいたということは、ジーンはまた戻ってくるんですね。どんなふうにウルヴァリンを苦しめたのか、とか、ネタは尽きそうにないので、まだまだできますね。きっと、また見ます。原作読んだほうが早いかな。日本で全巻あるのかな、日本語訳で。ぶつぶつ言ってすみません。

コメント   この記事についてブログを書く
« ドラゴン・コップス 微笑(... | トップ | 世界中がアイ・ラヴ・ユー(E... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事