田舎に住んでる映画ヲタク

「映画大好き」の女性です。一人で見ることも多いけれど、たくさんの映画ファンと意見交換できればいいなぁと思っています。

ポリスストーリー レジェンド(警察故事2013 )

2014年06月14日 18時44分24秒 | 日記

 

 アジアが誇るスーパースター、ジャッキー・チェンが主演を務め、興行的にも大ヒットを記録した人気シリーズ『ポリス・ストーリー』の第6弾。仕事熱心なベテラン刑事と一人娘の確執を発端に、まるで要塞のようなナイトクラブに突如監禁された人々が体験するカオスな状況を映し出す。娘を『7日間の恋人』などのジン・ティエンが演じ、クラブの経営者を『コネクテッド』などのリウ・イエが熱演。決死の肉弾戦はもとより、さまざまな因縁が絡み合う密室劇に絶句する。(yahoo!映画より)

 

 

 若い頃からジャッキーに慣れ親しんだ世代としては、このシリーズを見逃すことはできません。それにしても、まだ作っていたなんて!ジャッキーはいつまで刑事をやるのかな。

思えば、アクション女優のさきがけ「ミシェール・キング」を知ったのもこのシリーズ「3」だった。彼女はその後「ミシェール・ヨー」としてボンド・ガールも演じたはず。「3」当時、まだ若かった私は「カッコいい!」って、素直に感動したのを覚えています。

そしてかなり開いての前作。部下を死なせた責任から酒びたりだった彼を救うため、かつて彼に救われた男の子が素知らぬ顔で恩返しに来る話でした。いい話だったなぁ~~。

ということで、この最新作。午前10時の映画祭や、あちこちで上映される名作上映に埋もれて、最初の2週間くらいはリバイバルだと思ってスルーしていました。危なかった・・・(笑)。

今回のジャッキーは年寄り扱いされてます。しかし、言うもののまだ60歳なんですね。考えると若いです。先の「ベストキッド」などでも年寄りっぽくしてましたが、あの頃でまだ50代だったのですものね。今回は、久しぶりの娘との再会のため、似あわない歓楽街を歩いているところから始まります。その前にチラっと拳銃で自害するようなショッキングな映像が挟まるのですが、我らがジャッキー、そんなはずはない、と多くの観客が信じているでしょうから、スルーです。

そして、娘に紹介された年上の彼氏。あろうことか、このバーの経営者だというのです。渋い顔のジャッキー。しかし、仕事一筋で家庭を顧みてこなかった彼は、娘に「こんなときだけ父親面?」と言われて返す言葉もありません。そこへなにやらいざこざが発生。巻き込まれたジャッキーも一時意識を失い、気がつくと縛られていました。仕事柄、恨みを買うことも多かったはずで、ジャッキーは冷静に対応するべくつとめますが、実はそんな簡単な事件ではなかったのです。

その場に居合わせ、人質となった人々は、偶然その場にいたのではなく、緻密に練られた計画の元、集められたのでした。そしてその発端は数年前に起きた傷害事件だったことがだんだんわかってきます。果たしてそのとき、誰がどんな行動をとっていたのか。そしてその事件はなぜ起きたのか。それが明らかになる過程で、人々のエゴも剥き出しになってゆきます。

この辺は最近見た「しらゆき姫殺人事件」みたいですが、あれほどいやらしく利己的ではないです。どの人にも一理あり、「そうかなぁ」とも思います。

そして、やがて冒頭に見た、ジャッキーが自身に銃を構えるシーンへとつながってゆきます。

 

しかし、話はまぁ説得力もあり、それなりによく出来ていると思うのですが、少し長い。展開がどうにもずるずると間延びしている感は否めません。ジャッキーが監督してたら、もう少しシャープに仕上がったんじゃないかな。

「もうアクション映画には出ない」などと公言していたジャッキー。「新宿インシデント」のように、アクションがなくても充分見応えのある映画もあったので、まだまだこれからも期待したいです。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ポンペイ(Pompeii) | トップ | トスカーナの贋作(Copie Con... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事