田舎に住んでる映画ヲタク

「映画大好き」の女性です。一人で見ることも多いけれど、たくさんの映画ファンと意見交換できればいいなぁと思っています。

プーと大人になった僕(Christopher Robin)

2018年11月19日 16時05分17秒 | 日記

「christopher robin movie」の画像検索結果

「christopher robin movie」の画像検索結果

「christopher robin movie」の画像検索結果

 A・A・ミルンによる名作児童文学をもとにしたディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を、初めて実写映画化。大人になったクリストファー・ロビンが、プーと奇跡的な再会を果たしたことをきっかけに、忘れてしまっていた大切なものを思い出していく姿を描くファンタジードラマ。「スター・ウォーズ」シリーズのオビ=ワン・ケノービ役などで知られるユアン・マクレガーが大人になったクリストファー・ロビンを演じ、「007 慰めの報酬」「ネバーランド」のマーク・フォースター監督がメガホンをとった。かつて「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わしてプーと別れた少年クリストファー・ロビン。月日が流れ大人になった彼は、愛する妻や娘とロンドンで暮らしながら、旅行カバン会社のウィンズロウ社で多忙な日々を送っていた。しかし、忙しすぎるゆえに家族との約束も守ることができず、思い悩んでいた彼の前に、かつての親友プーが現れ……。(映画.comより)

 

 

 

 

 

 最初聞いたときは、本当にあのプーさんを実写化できるのか、と半信半疑でした。絵本とテレビアニメでしか知らないし、そもそもぬいぐるみだし。でも、他ならぬユアンだしね。

 ということで、映画です。驚きました。こんなに自然に実写化できるなんて!急にぬいぐるみが出てきても違和感なし。街中(まちなか)にプーたちぬいぐるみの一団が現れても、そのまま存在できてる!いや不自然に思う人もいるだろうけれど、私個人的には自然に仕上がっていてびっくりしました。なんなんでしょうね。ユアンのうまさなのか、プーのじじくさい(笑)声のせいで現実味があるのか。ともかく、楽しめる映画に仕上がってました。

 かつて親友だったクリストファー・ロビンとくまのプーさんたち。でも、クリストファーはやがて寄宿学校に入り、優等生の人生を歩んでいます。それはそれで人生の成功です。一流会社に就職もし、結婚もして娘もいるうえ、娘だって優秀です。たくさんの人が手に入れたいと願う人生を手にしているクリストファーは、娘も寄宿学校へ入ることが幸せにつながる、と固く信じています。会社にも忠誠を誓い、日々仕事に勤しんでいます。でも、時代は変わるのですね。家族の価値観だって変わります。仕事に没頭し生活費さえ過不足なく入れれば、家族は黙ってついてくる時代が続いてるわけではなかったのです。女性だって自立するようになっていますし。でも、会社からのプレッシャーはかわらない。こうなると、どうしていいかわからなくなるのが男というもの。日本にだって、必死に稼いでも、奥さんに無視されるようになった男たちはたくさんいたはずです。

 そこで、プーの登場です。「なんにもしないこと」がどれだけ難しくて大切か、今クリストファーが没頭していることが、赤い風船より大事なのか、と問うために仲間たちとともに現れるのです。ここはぬいぐるみの特権で、クリストファーの娘さんとも共闘です(笑)。

 現実はなかなか難しい。生活のためにも、会社をクビになるわけにはいきません。男としてのプライドだって、ある。でも、映画はファンタジーですから、クリストファーは会社と家族、双方を活かした解決策を見つけるのです。娘さんも、家から通える学校に行くことになりました。よかったですね!大好きなパパと一緒に暮らせて。大都会ロンドンまで出てきたプーさんたちも、笑顔で100エーカーの森に帰ることができます。100エーカーが1000エーカーくらいになるかもしれませんね!

 プーさん、うちにも来ないかな。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« エンジェル、見えない恋人(M... | トップ | ヴェノム(Venom) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (風子)
2018-12-01 22:36:30
ユアンはこういう役が似合いますよねえ。
ユーモアもあって、息抜きできました。
コメントありがとうございます。 (ミキ)
2018-12-02 16:21:10
風子さん、コメント投稿ありがとうございました。ユアン、本当に似合ってましたね。ある意味、意外でした。
あったかい映画でしたね~。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事