田舎に住んでる映画ヲタク

「映画大好き」の女性です。一人で見ることも多いけれど、たくさんの映画ファンと意見交換できればいいなぁと思っています。

アメリカン・スナイパー(American Sniper)

2015年03月01日 14時09分26秒 | 日記

 「ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、イラク戦争の際、その狙撃の腕前で多くの仲間を救い、「レジェンド」の異名をとる。しかし、同時にその存在は敵にも広く知られることとなり、クリスの首には懸賞金がかけられ、命を狙われる。数多くの敵兵の命を奪いながらも、遠く離れたアメリカにいる妻子に対して、良き夫であり良き父でありたいと願うクリスは、そのジレンマに苦しみながら、2003年から09年の間に4度にわたるイラク遠征を経験。過酷な戦場を生き延び妻子のもとへ帰還した後も、ぬぐえない心の傷に苦しむことになる。イーストウッド監督とは初タッグのブラッドリー・クーパーが、主演兼プロデューサーを務めた。(映画.comより)

 

 

 ここのところ、ブラッドリー・クーパーが輝いていると感じます。こんなにハンサムなのに、今まで話題にならなかったことが不思議なくらい。初めて彼に気付いたのは「ハング・オーバー」でしょうか。そのときも「こんな男前が埋もれているんやなぁ」くらいに思ったのを覚えています。

今がキャリアの頂点でしょうか。素晴らしい役作りだったと思います。体も大きく、たくましく。表情には誠実さをにじませ、でも恵まれた才能の持ち主である誇りも漂わせ。

また、妻を演じたシエナ・ミラーも素晴らしかった。彼女のこと、言葉は悪いけど見くびっていました。こんなに素晴らしい演技をするなんて。

幼いころから「狩り」の才能に長けていたクリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)。人にはない才能があった彼は、なにをやってもヒーローでした。例によって彼に憧れながらも複雑なコンプレックスを持つ弟がいて、彼はやっぱり兄が入隊した後、追うように数年後に入隊します。この辺は、女には理解できませんが、よく描かれる現象ですね。

で、クリスは愛国心と仲間(アメリカ国民)を守りたい一心で、厳しい訓練に耐えてネイビーシールズの一員となります。そして送られたイラク戦争。素晴らしい射撃の腕を持つクリスは、最初から頭角を現します。味方からは英雄視されるものの、イラクの反政府勢力からは多額の懸賞金を懸けられる存在となります。

母国には妻と子供たち。家族を大切に思ってはいるものの、クリスは4度イラクへ赴くこととなります。

 

 

噂通り、大変よく出来た映画だと思います。しかし、個人的には、今まで見た「ハットロッカー」をはじめとする兵士の苦悩と陶酔(と呼んでは叱られるかもしれませんが)を描いた作品群の域を出るものではなかったように思います(あくまで個人の感想)。

ただ、主人公側からばかりではなく、あちらにも優れたスナイパーがいることを具体的に描いたことはよかったと思いました。考えると当然なのですが、今まではここまでの描写はなかったような気がします。

優れた映画だったと思うのですが、一つ難をつけさせてもらうと、シエナ演じる妻が哲学的過ぎること。それが全部ではないのでしょうが、あんなに帰宅するたびに「あなたの心はここにいない」とか、終始言われると、せっかく帰って来てるのに心の居場所がなかったんではないでしょうか。もちろん、彼女の言っていることはいちいち正しい。でも、もう少し「バカな女」でもよかったんじゃないかな、と思ったのは私だけでしょうか。古いか・・・。

最後は象徴的な死を遂げてしまったカイル氏。その事実がわかっているだけに、最後に彼を見送る妻の視線が切ないですね。

彼を殺めた青年だって、病んでた。戦争のせいで。息子を案じる母親の頼みで、青年と行動を共にしたクリス。こんな展開、誰が予想したでしょうか。

まったく!なんで人は争うのですか。不毛な戦いをやめにしませんか。・・・と、叫びそうになるのですが、それは理想。もし、平和が続き、世界が桃源郷になっても、きっと争いは起こるのでしょうね。今現在、格差のせいで西側の若者が某国へと移ってゆくように。

どこまでがヒトのサガなのか。凡人にはわかりません。

コメント   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
« 僕らのミライへ逆回転(BE KI... | トップ | 劇場版ムーミン 南の海で楽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

10 トラックバック

アメリカン・スナイパー (試写会) (風に吹かれて)
両極端の場所を行き来する者たち 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper2月21日公開 原作: ネイビー・シールズ最強の狙撃手 (クリス・カイ
アメリカン・スナイパー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アメリカ軍最強と言われた実在の狙撃手を描いた 映画で、主演はハングオーバーシリーズなどで 知られるブラッドリー・クーパー、監督は精力的に 映画を製作してくれているのが嬉しいクリント・ イーストウッドが務める『アメリカン・スナイパー』 が公開されましたので観...
「アメリカン・スナイパー」 兵士の行く末 (はらやんの映画徒然草)
ベトナム戦争の頃より、戦場から戻ってきた兵士たちの精神の状態に注目が集まるように
アメリカン・スナイパー (映画的・絵画的・音楽的)
 『アメリカン・スナイパー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作がクリント・イーストウッド監督の作品であり(注1)、アカデミー賞作品賞にノミネートされているというので、映画館に行ってきました。  なにしろ、アメリカでは2月には興行成績が3億ドルを突破し....
映画:アメリカン・スナイパー American Sniper 今年のベスト10に確実に絡む 力作・傑作! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
流石、イーストウッド。 2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう... 生日、ゴダールの84オにも驚いたが,こちらも同い年(笑) 去年は「ジャージー・ボーイズ」、で今年はこんなに強力な一発かよ~ その前もヤバ過ぎの「グラン・トリノ」、超変化球「ヒア....
アメリカン・スナイパー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アメリカン・スナイパー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:大吉 2015年6本目です。 【あらすじ】 テキサス出身のカウボーイ、クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、1998年にアフリカで起こったアメリカ大使館爆破事件をき...
『アメリカン・スナイパー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・スナイパー」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 ジェイソン・ホール□原作 クリス・カイル、スコット・マクイーウェン、ジム・デフェリス□キャスト ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライム、  ...
アメリカン・スナイパー (銀幕大帝α)
AMERICAN SNIPER 2014年 アメリカ 132分 ドラマ/戦争/アクション R15+ 劇場公開(2015/02/21) 監督: クリント・イーストウッド 『ヒア アフター』 製作: ブラッドリー・クーパー クリント・イーストウッド 原作: クリス・カイル『ネイビー・シールズ 最....
「アメリカン・スナイパー」 (ここなつ映画レビュー)
平和ボケ結構。どこに問題があるかわからない。戦いを知らない世代がほとんどを占める現代の日本。どんな宝石よりも光を放っている。観終わった感想の一つはこれだ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はやんちゃな男兄弟の長男で、テキサスの田舎で育った。厳格な...
『アメリカン・スナイパー』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
自らの判断で、味方が危ないと思ったら引き金を引く。即断即決のストレスはいかばかりか。いくら任務とはいえ、人を殺して平気なはずがない。何度も死にかけて平常心でいられるはずがない。イラク戦争が、一人のアメリカ人兵士に与えた影響を描く実話物語。