田舎に住んでる映画ヲタク

「映画大好き」の女性です。一人で見ることも多いけれど、たくさんの映画ファンと意見交換できればいいなぁと思っています。

帰ってきたヒトラー(Er ist wieder da)

2016年09月25日 10時59分29秒 | 日記

 

帰ってきたヒトラー

 ヒトラーが現代によみがえり、モノマネ芸人として大スターになるというドイツのベストセラー小説を映画化。服装も顔もヒトラーにそっくりの男がリストラされたテレビマンによって見出され、テレビに出演させられるハメになった。男は戸惑いながらも、カメラの前で堂々と過激な演説を繰り出し、視聴者はその演説に度肝を抜かれる。かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸として人々に認知された男は、モノマネ芸人として人気を博していくが、男の正体は1945年から21世紀にタイムスリップしたヒトラー本人だった。ヒトラー役を演じるのは、舞台俳優オリバー・マスッチ。(映画.comより)

 

 

 田舎に降りて来た名作。思わず飛びつきました(笑)。いやはや、おもしろかったですね~、この発想。ナチスに関しては、「実は月の裏側で発展を遂げていた」とか、いろんな設定の映画があったと思うのですが、今回のように「現代にタイムスリップ」し、なおかつ「またもや民衆を魅了してしまう」という展開は斬新だと思いますね。

ヒトラーは本物です。なぜかタイムスリップして現代へ。服装もそのまま、思想も価値観もそのまま。でも街に現れた途端、カメラを構える人、人、人。そりゃ珍しいでしょう。何が何だかわからなかった総統はしかし、持ち前の頭の良さで時代に対応してゆきます。「これはネタになる」と踏んだ落ち目のテレビ関係者に誘われ、そこへ出世欲に目がくらむ人々が絡み合い、結局総統は人気番組を持つまでに。

しかしながら、ぶれない思想、力強い演説、そしてなにより「ドイツ国民は優秀なんだ」という確固たる価値観は、現代の国民たちの心を掴んでゆきます。実際、ヒトラーに「子供の貧困や社会の乱れ。このていたらくは何なのだ!」と言われればその通りなのです。これは日本でもそうですね。そして、あの格好のまま地方で行う地元民との対話。「今の首相のおかげでこの難民の数だ!なんとかしてくれ」などと真顔で頼る人々。この辺は、ヒトラー役の俳優さんが、ドキュメンタリー手法で撮影したものなんだそうです。地元の人々は「映画です。顔が出ます」と言っても臆せず出演して意見を述べたのだとか。ん~考えさせられますね。

そして、当然のごとく降って湧く映画出演。みんな、出世とお金には余念がありません。もう、いったいどうなってゆくのでしょうか・・・とまぁ、こんなお話です。

かなりきわどいテーマというか、作りにはなっていると思うのですが、ラストもありきたりのハッピーエンドではありません。しかし、今を生きる私たちが深く考えさせられることは確かです。お勧め。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« キング・オブ・エジプト(God... | トップ | BFG ビッグ・フレンドリー・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

帰ってきたヒトラー (試写会) (風に吹かれて)
歴史は繰り返す? 公式サイト http://gaga.ne.jp/hitlerisback6月17日公開 原作: 帰ってきたヒトラー (ティムール・ヴェルメシュ/河出文庫) 1945年に死んだはずのア