田舎に住んでる映画ヲタク

「映画大好き」の女性です。一人で見ることも多いけれど、たくさんの映画ファンと意見交換できればいいなぁと思っています。

ガザの美容室(Degrade)

2018年08月09日 16時48分35秒 | 日記

「degrade movie」の画像検索結果


「degrade movie」の画像検索結果

「degrade movie」の画像検索結果

 パレスチナ自治区ガザの小さな美容院を舞台に、戦時下の過酷な日常をたくましく生きる13人の女たちを描いた人間ドラマ。ガザで生まれ育った双子の監督タルザン&アラブ・ナサールの長編デビュー作で、第68回カンヌ国際映画祭批評家週間に出品された。女性客で賑わうクリスティンの美容院。離婚調停中の主婦やヒジャブを被った信心深い女性、結婚を控えた若い娘、出産間近の妊婦ら、様々な女性たちが、それぞれ会話に花を咲かせながら午後の時間を過ごしていた。すると突然、通りの向こうで銃撃戦が始まり、美容院は戦火の中に取り残されてしまう。男たちが外で戦争を続ける中、女たちは他愛ない日常を続けることでささやかな抵抗をしようとする。(映画.comより)

 

 

 

 滅多に見れないパレスチナの映画を見る機会を得たので、早速鑑賞。かの国では、いつも差別される、権利を守られていない女性たちが登場し、先進国の女性が憤慨する、というパターンが多いように思いますが、昨今の日本はどうですか!ずっと昔から、どこでも行われていたであろう”女性に対する減点(大学入試)”、”地位と財力のあるものだけに対する加点(男に限る)”、この背景に根強く存在する「女性教養の亡国説」・・・イスラムの国とどこが違うでしょうか。先進国ヅラしているだけタチが悪いのではないでしょうか。「女性の社会進出の推進」とかいうと、聞こえがいいからまるでとってもよいことのように強調する政治家が多い中(どうせ景気が悪くなったら真っ先に切るクセに)、その環境整備・男性の働き方・家庭のあり方を変えずに、働き手が足りないから女と高齢者を使おうという男性優位の上から目線。そこに気づかずに女性に対する非難だけに完結する浅はかさ。そんなことでは、出生率なんてまだまだ下がるでしょうね。

 さて、この映画の舞台ガザでは、あぶなっかしい環境に直面することが日常茶飯事。でも、女性たちのたくましさはどうでしょう。時間にあくせくせず、待ち時間にも文句言わずに順応している彼女たちに驚きました。日本なら「遅い!」「早くして」「もういいわ!」となるだろうシチュエイションで、ゆったりと構え、他の女性たちのあらゆる境遇をも受け入れる度量の大きさ。もっとも、他に生きて行くすべがないからかもしれません。でも、常に「さっさとする」「目に見える結果をより早く提示する」そして「どんなに非常識でもお客様(消費者)の言い分を通す」ことを強いられている日本のほうが不幸なのではないか、と強く思いました。

 映画はよくある「ワン・シチュエイション・ムービー」です。舞台はずっと美容院。結婚式のアレンジをしてもらっている女性はマレッジ・ブルーで泣きそうに。妊娠している女性は臨月なのでしんどそう。妹が付き添っています。一番年配の女性は、離婚調停中。明らかに見劣りがする年齢なのに、必死に女であることにしがみつき、まだ男に対して諦めていない積極性はアグレッシブなんだけれど痛々しく、見ていてつらくなります。いや、それは私自身が彼女の年齢に一番近く、気持ちがわかるからでもあるわけですが。

ヒジャブを被った信心深い女性の隣には、チュッパチャップスをなめている奔放そうな女性。言葉遣いも乱暴です。半ば呆れているヒジャブの女性。でもそんな奔放に見える彼女にも、外で言えない事情があることがわかってきます。そして、彼氏とモメていて仕事が手につかない美容院の従業員の女性は、電話ばっかりしています。これ、日本ならもってのほかだと思うのですが、かの国は鷹揚なんですね。「早くしてよ」という客に対して、オーナーの女性が「待ってあげて。今、大変な時期なんだから」な~んて言うんですもの。

ともかく、そんなこんなで女たちは会話しながら、仕事しながら、過ごしています。でも、暑い時期なのに突如停電したり。それはよくあることのようで、自家発電機を持っていたりするのですが、これがまたボロい(笑)。そして美容院のすぐ外で突如始まる戦闘・銃撃戦。チラシなどでは、「彼女たちのささやかな抵抗」などと書かれてますが、彼女たちは普通に過ごしているだけ。別に意識して抵抗しているわけではないと、私はそう見受けました。文化が違うので、私の受け取り方が間違っているのかもしれませんが。

なんで男たちはあんなに争うのでしょうね。みんな、一人一人はいい人のはず。平和に過ごせるはずなのに。でも、上にも書いたとおり、大変だなと思う反面、ちょっとうらやましいゆったりさもあるな、と感じた作品でした。支離滅裂な文章ですみません。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 告白小説、その結末(D'apres... | トップ | ファントム・スレッド(Phant... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (ちっぷ)
2018-08-19 06:25:21
初めてコメントします。
ちっぷと申します。
最近、あまり映画を観なくなりましたが、大好きです。
一番、好きな映画は「ショーシャンクの空に」かな。
読者登録させていただきました。
よろしければ、読者登録していただければ幸いです。
よろしくお願いします。      
ありがとうございます (ミキ)
2018-08-19 14:31:10
コメント、ありがとうございました。こちらこそ、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事