田舎に住んでる映画ヲタク

「映画大好き」の女性です。一人で見ることも多いけれど、たくさんの映画ファンと意見交換できればいいなぁと思っています。

泣く男(우는 남자)

2019年10月21日 16時40分48秒 | 日記

「우는 남자」の画像検索結果 「우는 남자 movie」の画像検索結果

「泣く男 映画」の画像検索結果

 

 少女を守るために戦う孤独な男の姿を描いて話題となった「アジョシ」のイ・ジョンボム監督が、チャン・ドンゴンを主演に迎えたアクションドラマ。幼い頃に捨てられ、中国系組織に殺し屋として育てられたゴンは、ある時、アメリカでの任務中に誤って少女を巻き添えにしてしまう。やるせない思いにかられたゴンに、組織は少女の母親モギョンを葬れとの新たな命令を下す。これを最後の仕事と決めたゴンは、モギョンを追って祖国韓国に戻るが、娘を亡くして悲嘆に暮れるモギョンに対して引き金を引くことができず……。(映画.comより)

<2017年7月4日netflix鑑賞>

 

 

 

 「アジョシ」の監督なんですね。私は「アジョシ」も好きだったけれど、年代的にチャン・ドンゴンを見てきた世代なので、こちらで心惹かれて「いつかは」と思っていました。個人的にはチョン・ウソンと時々混同しました(笑)。いや、でも「友へチング」や「ブラザーフッド」なんかは明瞭に覚えていますけどね。

ということで、映画です。数字的にはヒットにならなかったんですってね。でも、私は好きでした。悲しくて悲しくて、本当に泣きました。みな、生きてゆくのに精いっぱいで、もう一杯いっぱいなのはわかるんだけど、かあさん、どうして・・・。

 優秀な殺し屋だったドンゴンはしかし、深夜の裏社会バーで、誤って少女を巻き添えにしてしまいます。こんな時間こんなところに、どうして幼い少女がいたのか。いたいけな少女と、そのダメ父親を知るにつけ、それが薄々わかっていながら少女を手放したキャリアウーマンの母親に、矛先が向かうようになります。そして下される母親の暗殺命令。そして話の展開と共に、ドンゴンのフラッシュバックで彼の幼い頃も描かれます。かあさんと二人っきりだった幼い頃。ドンゴン少年は、かあさんと一緒だったら他には何もいらなかった、貧乏だろうとなんだろうと、かあさんと一緒なら耐えられたのに。生活、いや人生の改善を夢見てボクと一緒にアメリカに渡ったかあさん。でも、上手くいくわけなんてない。あっという間に落ちて荒れきったかあさんは・・・。

 仕事での成功のために、娘を手放したキャリアウーマンの母親に、つい自分の境遇を重ねてしまい、許せなくなる殺し屋ドンゴン。その一方で、失意の母親に同情し、自分のやったことを深く悔いてもいるドンゴン。欲を言えば、この感情を前面に押し出すのなら、銃撃戦をもう少しタイトに絞ってもよかったかもです。すさまじい銃撃戦は、見ごたえのあるものではありましたけれど。

 ラスト、傷だらけのドンゴンは、アメリカに渡る前にかあさんと一緒に行った銭湯を回想します。背中を流してくれたかあさん、笑顔のかあさんを思い出しむせび泣く「泣く男」。大の男が泣く姿、涙なしでは見れませんでした。切なすぎます。この映画、女性は男の子がいるかどうかで、感想が違うかもしれません。個人的には、辛すぎるけれど好きな映画です。

 そうそう、キャリアウーマンの母親を演じているのがキム・ミニだったのですね!その時はまだ知らなくて、そののちホン・サンス監督のミューズだとかで「お嬢さん」とか「クレアのカメラ」を見たのでした。きれいな女性です。

コメント

さらば愛しきアウトロー(The Old Man & the Gun)

2019年10月21日 16時13分00秒 | 日記

「the old man & the gun poster」の画像検索結果 「the old man & the gun poster」の画像検索結果

「the old man & the gun poster」の画像検索結果

 ハリウッド屈指の美男俳優として人気を集め、「明日に向って撃て!」や「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」など長年にわたり活躍してきた名優ロバート・レッドフォードが俳優引退作と公言している最後の主演作。1980年代初頭からアメリカ各地で銀行強盗を繰り広げ、それによる逮捕と脱獄を繰り返した実在の人物フォレスト・タッカーを描いた。強盗といいながらも、発砲もしなければ暴力も振るわないという紳士的で風変わりな犯行スタイルを貫いた主人公タッカーをレッドフォードが演じ、タッカーを追う刑事ジョン・ハント役を「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレックが担当。そのほか、シシー・スペイセク、トム・ウェイツ、ダニー・グローバーらが共演。監督は「A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー」のデビッド・ロウリー。(映画.comより)

 

 

 

 つい先日見た「永遠に僕のもの」と同じ原理です。主人公の男性が男前だから成し得た紳士強盗。それだけの話です。まぁ脱獄はハンサムなのとあんまり関係ないかもしれないけれど。やっぱすごい男だったんだろうけれど、でもなぁ・・・、醜男が同じように微笑みを浮かべて、紳士的な態度で「ここに金を入れるんだ」と言ったからといって、行員さんたちは同じように従ったでしょうか。ガンをちらつかせる素振りを見せただけで、大騒ぎしたんじゃないのでしょうか。お客様を守るための訓練を受けてるだろうから、そんなことしないかもしれないけれど、警察の事情聴取で「紳士的でした」と同じように答えたでしょうか。まぁいい時代だっただけかもしれませんが。今を生きている私たちには、ちょっと理解しがたい話の展開でした。これだけの男なら、銀行強盗なんかしなくても他で成功しただろうに。でも、それが楽しかったのですね、男前だから(笑)。

 相手役がシシー・スペイセクでよかった。彼女もとても魅力的だったし、人生を感じさせる演技が素敵でした。ここに若い女性を持ってきたら、おおいにしらけるところでした。髪もきれいだった。先日見た「真実」のカトリーヌ・ドヌーヴもそうだったのですが、みな歳を取っても髪がふくよかなんですね。あんなに減らずにキープできるものなのかな、って現実的なことをごめんなさい。若い人にはついてこれない”おばさんな話題”大変申し訳ありません。女優ですものね、努力してるってことですよね。

 映画の進行もとてもゆっくりで、疲れていると眠くなるかもしれません。予想できる観客層を意識しているのかもしれませんね。その分、大画面でなくても鑑賞に耐えると思うので、体力のある時にDVDかwowowでどうぞ。

コメント

永遠に僕のもの(El Angel)

2019年10月21日 15時35分46秒 | 日記

「el angel poster」の画像検索結果

「el angel poster」の画像検索結果

「el angel poster」の画像検索結果

 1971年のアルゼンチンで12人以上を殺害した連続殺人事件の犯人である少年をモデルに、スペインの名匠ペドロ・アルモドバルが製作を務めて描いたクライムドラマ。1971年のブエノスアイレス。思春期を迎えたカルリートスは、子どもの頃から他人が持っている物を無性に欲しがる性格だった自分の天職が、窃盗であることに気づいてしまう。新しく入った学校で出会ったラモンという青年にたちまち魅了されたカルリートスは、ラモンの気をひくためにこれ見よがしな対応を取り、2人はいとも簡単に殺人を犯してしまう。次第にカルリートスとラモンの蛮行はエスカレートし、事態は連続殺人へと発展していく。本作が映画デビューとなる俳優ロレンソ・フェロが主人公カルリートスを演じる。(映画.comより)

 

 

 

 よくこんな魅惑的な美形少年を見つけてきましたね。予告だけで彼にやられてしまった、という人も少なくないはずです。人の主観がいかにいいかげんか、モラルなんていかに脆いか、ということがよくわかります。だって、彼は誰が見ても「いけないこと」をやっているんですもの。こんなこと、醜男がやったら容赦なかったに違いありません。でも、人間って見かけなんですね、人々は魅惑的で破天荒な美少年に夢中になるんです。また、それが絵になる!

 日本でまだ例は少ないですが、アメリカの裁判員裁判では、見かけがいいほうが刑が軽くなる傾向がはっきり出ている、と読んだことがあります。また、どこかの投稿で「若い頃からよくハンサムだといわれた」というおじさんが、「面接で落とされたことはない」と断言していました。もちろん、常識的な振る舞いができた上で、ということでしょうが、人ってやっぱり見かけに気を付けないといけないな、というのが長く生きてきた実感です(笑)。もちろん、年齢を重ねれば人生が顔に出てくることもあり、一概に”つくり”ではないこともあるでしょうけれど。

 で、この映画です。実話なんですってね、彼は今、どうしているのでしょうか。破天荒だから、亡くなっちゃったりしているのかな。「人生は楽しまなきゃ」がモットーで、盗みを働いているときでさえ「なにを焦っているの。ゆったり行こうよ。楽しまなきゃ」な~んて言って仲間を呆れさせたり、そのエキセントリックさは才能です。私のような凡人は、最初の一秒からアセってしまうようなシチュエイションで、我が道を行く。美形にのみ許された人生なのでしょう。顔だけではなく、体もきれい。決して裸のシーンがあるわけではないのですが、微妙に挿入されるブリーフをはいた後ろ姿。体の線もきれいなんですね。そして、いつもほのかに紅いくちびる。映画だからアレンジされているのかもしれません。

 ともかく、話どうこうより、目で見て楽しむ映画です。美少年を堪能しましょう。

コメント