おかるとのヲタク日記

咲 -saki-、ラブライカ、百合、true tears、かなふみ、ガルパン

DRIFTERS Blu-ray BOX

2016-10-30 | アニメ
DRIFTERS Blu-ray BOX

久しぶりにBOXを注文しました。
まあ、ちょうど、冬のボーナスも出たあとになるのでタイミングがいい。

ドリフターズは、久々にわくわくするアニメですね。
リアルシーンとギャグシーンの緩急も良いし、妥協しないアクションもいいです。

なにより、

与一きゅんが可愛い。

おっぱいエルフよりも、確実にヒロインしていますね。

音声切り替えで、全部日本語で聞くこともできそうだし。



DRIFTERS Blu-ray BOX
コメント

紅殻のパンドラ 第9巻

2016-10-29 | 百合
紅殻のパンドラ 第9巻

まあ、アニメは低予算のせいなのか、スタッフが無能だったせいなのか、ほとんど黒歴史になっていますが、
それはさておき、本編は続いております。

ブエルさんとのお話は決着して、新章に突入しているところ。

まだまだ導入編ですが、やはり攻殻機動隊に連なるテーマが入っていますね。


・機械(電脳)における個性の獲得
・電脳空間における自我(霊、ゴースト)の存在の可能性


ネネとクラリオンのコンビは変わらないけれど、クラリオンと同じ身体を持つ敵キャラ
ウザルさんと同じ系統だが、ポセイドン配下の科学者

うん、ほのぼの百合の皮を被っているけれど、本質は攻殻機動隊です(笑)





紅殻のパンドラ 第9巻
コメント

第13保健室 第1巻

2016-10-23 | 百合
第13保健室 第1巻

ジャンル的には、ぎりぎり百合の範疇なのかな?
内容は、緩い学園ものです。
保健室が12個あるというマンモス校。
で、なぜか保健室で序列が争われるという(笑)

そういう序列には関係ない、まじめな教諭が赴任してくるところからお話が始まります。
第1巻では、百合っぽい雰囲気がちょっとあるので、とりあえず、第2巻も買ってみようかなと。


第13保健室 第1巻
コメント

ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です! 第7巻

2016-10-22 | ガールズ&パンツァー
ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です! 第7巻

今回は、表紙の知破単が主役ですが、それだけではなく、当然のごとく、ローズヒップも登場しています(笑)
というか、聖グロリアーナは、マルコ氏にとっては必須でしょう。
百合の花を咲かせるなら、聖グロリアーナですからね。

それに、マルコ氏は、忍ちゃんをイケメンとして描いてくれます。
以前は、丸山ちゃんの彼氏役として。今回は、福田の彼氏として。
忍ちゃん、美人だからね。

そして、やはり西住姉妹。みほは本当に天然な子だったんだねぇ。
そして、お姉ちゃんは、昔から、妹大好きお姉ちゃん。
というか、お姉ちゃん、達観してるよ、当時まだ年齢一桁でしょうに。

そんなわけで、相変わらず、ほのぼのとした、もっとらぶらぶ、お薦めです。


で、全然関係ないですが、近日中に、大洗、初上陸しますよ。
うちの嫁様と旅行します。
楽しみですわ。



ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です! 第7巻
コメント

きょうのスー 第2巻

2016-10-21 | コミック
きょうのスー 第2巻

相変わらず、ギャグ漫画なのか、鳥ドキュメンタリーなのか、エッセイなのか、ジャンル分けできない「きょうのスー」第2巻。
知らないうちに発売されていて、気がついたので、購入。

この本を読んでから、ちょっと目線を上にして、鳥を観察してみると、意外な事実を知ることになります。
普段、鳥なんて、気にしていないからね。

一番、面白いのはカラス。
まあ、害鳥なので、駆除したいけどね。
カラスは頭が良い。頭が良いというのは、「愉しい」という感覚を持っていること。

スーでも描写がありましたが、そのカラスが面白い、愉しいと感じる行為があって、けっこう繰り返し、やってます。
電線の上で、ジャンプしたり移動したり。
餌を取るわけでも無い、敵や相手に威嚇したり、コミュニケーションしているわけでもない
明らかに一人(一匹)で、なにやら愉しんでいる、そんな感じです。



きょうのスー 第2巻
コメント

コミックフラッパー 2016年11月号

2016-10-10 | ガールズ&パンツァー
結構、ガルパン漫画が増えてきて、フラッパー買うのが愉しみになってます。


■リボンの武者

いやぁ、ダージリン様の策士、悪役っぷりが際立ってきていいですなぁ。
そして、赤星さんにちゃんとスポットライトが当たっているのも嬉しい。

赤星さん、もっともっと取り上げて欲しい。良いキャラなのに、もったいない。
劇場版では、オールスターの煽りを食って、最初に脱落する役回りだったし。
最終章では、光が当たって欲しいなぁ。


■劇場版Variante

ちゃんと、毎回、どのキャラクターにスポットライトを当てるのか、
それが明確で非常にいいですね。
劇場版をただコミカライズしてもしょうがないわけで、
尺が全然足りない劇場版を、あらゆる角度から光を当て直す、そんな作品です。
コミックス出たら、絶対買う。

あと、ルクリリさんは、やっぱりお調子者だったか(笑)
意外と、聖グロリアーナも、おしとやかではないですな。
もしかすると、ダージリン様のチョイスってのがあるのかも。
それまでの校風なら、ルクリリやローズヒップは、二軍だったりするかもだし。



コミックフラッパー 2016年11月号
ガールズ&パンツァー コミックアンソロジー SIDE:大学選抜:
ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です! 第7巻
ガールズ&パンツァー リボンの武者 第5巻
コメント

咲 -saki- 第166局「邂逅」 小林立:著 ヤングガンガン

2016-10-10 | 咲 -saki-
やっと……長かったよ。
ガルパンではとっくにお姉ちゃんと戦い、そしてお姉ちゃんと共闘しているのに、
咲ちゃんは、やっと出会ったところだよ。
しかも、姉妹揃って、トイレだよ(笑)

まさかの、宮永姉妹がクォーターとか、どんだけ?
いや、本当に?
正直、いきなりの情報で戸惑いますねぇ。

実は血のつながっていない姉妹なら、姉妹百合でも全く問題ないなとか、
片親つながりなら、まあ、デンジャラスな姉妹百合でもいいぞとか。

二次創作の影響で、お姉ちゃん妹大好き設定になっているけど、
本編、どうなるのかなー。
気になるなぁ。

西住姉妹は、おっぱい大きいけど、宮永姉妹は、ちっぱいさん何だよなぁ。
お姉ちゃんは少しあるから、Bくらいかなー。
咲ちゃんはAか、下手すればAA。
でも、ちっぱいさんでもいい。姉妹百合してほしいですね。


あと、コミックス、12月ですが、怜-Toki-が出るよ。
めきめきさんの絵、大好きだから、超楽しみ。


咲-Saki- 第15巻
咲日和 第5巻
シノハユ 第6巻
立‐Ritz‐
コメント