おかるとのヲタク日記

咲 -saki-、ラブライカ、百合、true tears、かなふみ、ガルパン

青い花 第5話 「嵐が丘(前編)」

2009-07-30 | 青い花
杉本先輩のポスターは超かっこいい!そりゃ、ポスターも盗まれる(違)
相方の娘さんも美人さんに描かれているらしいが、やはり、格好良さは、女子の憧れでしょう。
井汲さんも、そりゃ、顔を赤らめるさね。

ポスターを描いた本人も、どうやら杉本先輩へ憧れがあるらしく。
っていうか、杉本先輩、こういうこと、言われ慣れてるだろ(笑)

で、その娘さんを見る杉本先輩と並んでいるはずの、ふみちゃんのカットが、頭部のみで、表情がわからないから、どうなっているかと思いきや、一緒になって赤くなってるよ(笑)
嫉妬?嫉妬玉を作るくらいの。タマタマタマ~。

ふみちゃん、あーちゃんに自分の気持ちを伝える。
杉本先輩への疑念について。
あーちゃんはよく分からないという。正直だね。変なアドバイスよりも良い。

井汲さんだったら何て言うかな?

と思っていたら、直球で聞いてきましたよ。

貴女の好きな人って杉本先輩?

こりゃ、ふみは困るよね。
が、「貴女もなのね」って。でも、ここの意味は、複雑。ほかの女生徒の好きと、ふみや井汲さんの好きは違う。

井汲さんからタオルを貰って、でも、そのときの井汲さんの視線をわざとはぐらかすのは、分かっててやってる???

ふみちゃん、早く帰ることに。
井汲さんとあーちゃんと一緒にお茶。あーちゃんが良い接着剤になるかも。
でも、井汲さんからみたら、ふみちゃんは嫉妬の対象なの?かな??

あーちゃん、今度は、井汲さんの涙におろおろ。
あーちゃんの前では、みんな泣き虫さん。っていうか、あーちゃんは信用されているんでしょうね。
本心を明かしても大丈夫みたいな。

夜。
ふみの電話が鳴る。それは杉本先輩から。なぜか眼鏡をかけるふみちゃん。
これは緊張しているというか、動揺しているというか。まだまだよそ行きの気持ちってことですね。
杉本先輩は、ふみの様子を察していました。
正直に、井汲さんのことを話す、ふみちゃん。泣いてましたと。

すると、杉本先輩は、急に初恋の相手を覚えているか?と逆質問。
ふみの初恋は、千津ちゃん……なのかな?それとも??


さすがに杉本先輩と一緒にいるのは、井汲さんとかに気まずいふみちゃん。
今日は、別行動。
と、杉本先輩、モテモテ過ぎる。まあ、そうだよねぇ。
井汲さん、「私の杉本先輩なんだから」的な行動もいいねぇ。
あーちゃんの「このもてっぷり。ふみちゃんも来たがらないはずだ…」。
ある意味、あーちゃんの第三者っぷりも凄い。

あーちゃん、井汲さんのために、いろいろ気を遣うんだけど、杉本先輩の「ふみ発言」は、あーちゃんの計画を台無しに(笑)
っていうか、杉本先輩、ある意味、悪魔なのか……。

お茶を用意したところで、杉本先輩の写真を拾う。
ミーハーなその他大勢と、私の気持ちは違う。そんな井汲さん。そりゃそうだ。キャーキャー言って愉しんでいるのとは違う。

そして、二人きりになったとき、自分の気持ちを吐露する井汲さん。
でも、杉本先輩に、うまく躱されてしまう。

で、夜、ふみちゃんの家に、押しかける杉本先輩。
ふみちゃん、階段を踏み外す。いや、そりゃそうだよね。びっくり。
ふみを呼び出すために、劇の受付係をやらせる算段。

所かまわずモテないでください

あーちゃんのアドバイスは、ちょっとずれてる(笑)

次回、後編。
タイトルが嵐が丘だけに、嵐が起こる予感???

それにしても、杉本先輩が、井上の兄貴や、かじゅどころの話じゃない、恐ろしいモテっぷり。
すらっと「かわいいね」とか言えちゃうところが、自分の能力を自覚しているけど。
本当の杉本先輩は、どうなんでしょうか………。



青い花 第1巻 [DVD] (Amazon)
コメント (2)   トラックバック (4)

アニメーション 宙のまにまに 第4話 「夜明けまで」

2009-07-29 | アニメ
いやぁ、子供(美星)は体温が高いから(笑)
夏場にくっつかれたら、姫や朔じゃなくても、熱すぎる(笑)

しかし、姫の「年増先輩」って、そもそも先輩は一般論で年増なんですが(笑)
姫のバレバレな想いって、友人達のおもしろネタなんですが、朔ってどうして気がつかない。

夏と言えば、合宿。
こういうイベントって楽しいよね。しかも天文部の場合、夜がメインですからね。
無意味にワクワクしてしまうよね。

フーミンに許可を貰うべく、部長と小夜が。美星が行ったら、まず不許可(笑)
部室には朔、姫、美星。姫的にはチャーンス!夏休みの宿題ネタで朔に迫ろうとするも、美星の天然の妨害が(笑)
さらにカエルの飼育ネタとかで二人でイチャイチャ。
姫、不満爆発!!美星は朔のこと、どう思っているか、つい叫んでしまう!

対する美星は「大好き」。
っていうか、美星は恋愛感覚無いと思うんですよ(笑)
子供のまま、楽しいことを追いかけているだけというか。身体もちんまいし。
違った意味で、江戸川君もね(笑)水着女子?、それは私も大好きだ!


さて、合宿は、東北地方の湖へ。福島県あたり?
電車で移動。江戸川も一緒に。さっそく小夜先輩を激写中。
湖水浴はいいよねぇ。海は、海水が身体をべとつかせるけど、湖水は淡水だし。

現地で文芸部と合流。でも、宿泊所は、新館と旧館。というか、旧館は廃墟。
フーミンの嫌みに、小夜反論するも、火種の江戸川暴走中。
朔のウェスタン・ラリアットが炸裂(笑)

旧館は本当にぼろぼろ。
これ、まじめに掃除すると、確実に半日はかかるはず。まあ、漫画なので短時間で終了(笑)

掃除終了と共に、いきなり仮眠。夜が本番だからね。小夜先輩が「本番」とか言うと、違う意味も想像され(笑)
江戸川のみ、仮眠をサボって、水着お姉さん激写中。性春だなぁ……。自分に正直でよい。

夜。
美星の提案で灯りは蝋燭のみ。
星を見るには、眼を暗がりに慣らしておかないとね。
最近は、夜空も明るくて、なかなか星が見づらいですよね。

さて、機材の足りない天文部。江戸川のカメラのみ。
三脚で固定して、レリーズで。基本ですよね。秘孔を突いたわけじゃないし(笑)

天の川……、なかなか今ははっきり見れないですよ。

姫、ちょっと天の川を見たら、思うところあって。朔にこの前のことを謝るけど、朔はカエルの恐怖に怯えていて、覚えてませんでした(笑)
いや、朔、あえて、知らないふりしてるだろ?(笑)

そんな朔が気になるフーミン。

翌朝。フーミンが確認に向かうと、寝不足の天文部は、雑魚寝してました。
このくらい、普通だと思うのですが、フーミンの逆鱗に触れたようです(笑)


次回、いよいよフーミンのビキニ姿が拝めます。
朔、フーミンでいいじゃないか。がんばれ!




宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) (Amazon)
コメント   トラックバック (5)

飴色紅茶館歓談 第1巻 藤枝 雅:著 百合姫コミックス

2009-07-28 | 百合
飴色紅茶館歓談 (Amazon)

まあ、遅れに遅れた「飴色紅茶館歓談」です。
何にこんなに時間がかかったのかは、さっぱり謎(笑)

さて、この本は、ストーリーを愉しむとか、盛り上がりがどうだとか、そういうことは一切関係ありません。
ただひたすらに、

女の子同士のイチャつきを愛でる

のが正しいのです。(笑)


いや、それが正しいのを確信したのが、あとがきの、編集担当U氏を見てから。
U氏の行動原理は、「自分が読みたいから描いてくれ」これに尽きます(笑)

確かに、掲載誌は百合姫だし、もう読者ターゲットは百合好きに決まってますから、ある意味、自分も読者だと(笑)

あと、百合姫Sの、声優百合漫画は、ドラマCDは無理と言われたらしいのですが、何で?(笑)
能登さんと生天目さんor川澄さんあたりで全然問題ないじゃんと思えるのですが…。
本人達も、やってくれそうだし。うーむ。わからん。




飴色紅茶館歓談 (Amazon)
飴色紅茶館歓談 限定版 (Amazon)
コメント

アニメーション 咲 -saki- 第17話 「悪夢」

2009-07-27 | 咲 -saki-
後半戦の前の休憩タイム。
衣は自信満々で退席。猫娘は突っ伏しています。
咲は、何故か、「おトイレ行ってきます」と自己申告。誰に?(笑)
やっぱ、かじゅにかなぁ……。
そのかじゅも、休憩のために退席。

さて、和。咲に逢いに。
京太郎以外は、和の気持ちが分かっている。というか、既に、公認カップルなんですね(笑)
タコスに至っては、「愛し合うもの同士」とか、何気に凄いこと言ってますよ。

で、タコスのツッコミに、まったく動じない京太郎は、ある意味、大物だよね。
というか、タコスはどこへ向かっているのか、わからん(笑)

さて、放心状態の猫娘をフォローに来たキャプテン。
以前の約束を破ってまで来てしまったけれど、かける言葉が見つからない…。
いや、そうですよね。この状況、どうしようもない。
頑張れなんて、言える状況でもない。だけど、ほっとくわけにもいかない。
アドバイスでどうこうできる相手でもない。事前の予想と異なり、魔物2名とアサシンかじゅという想定外の事態ですからね。


一方のかじゅ。緊張のせいか、ペットボトルの水を飲み干してしまう。
…っと、目の前に差し出される新品のペットボトル。
それはモモから。
かじゅは、モモには弱音を吐けるんですね。モモを大将にすれば良かった?
でもすぐに自信回復。やっぱ、かじゅは、コーネリア皇女殿下と同じ匂いを感じますよ。格好いい。
そして、ありがとうと言われて赤くなるモモ。
あれ、おかしいなぁ。絶対に、モモ×かじゅなはずなんだが(笑)

3つ目の百合カップル?
衣とカツ丼さん。セクハラをしつつ、衣の正体を知っているかのようなカツ丼さん。
彼女は、衣にどうなって欲しいのでしょうか?自分で考えて打つことが楽しいって言いたいのかな?

ラストは本命百合カップル。
和、会場内をいくら探しても咲が見つからない。相変わらず迷子に(笑)

咲が今ひとつ自信がなさそうなので、勇気づける和。
ここの、太ももから足首へカットは、DVDでは逆になってそうな気が……または、お尻からのカットになってそう。

今ひとつ気合いが足りない咲には、やっぱり「おっぱい攻撃」です(笑)
手を取って、自分の胸に当てさせる和。素晴らしい!
さらに指切りのエピソードを思い出させる。
もう、あの手この手で咲をその気にさせる和は、なんつーか、凄いですねぇ(笑)

で、アニメでもやっぱり、トイレには行けてない咲。
まあ、咲のお漏らし属性は、衣への恐怖が無くなれば、大丈夫のはずですからね。

かじゅを送り出す時、「この戦いが終わったら……」と何か言いたげなモモ。
これは、後半戦のモモ×かじゅ回想シーンへの伏線ですね。

猫娘、キャプテンの想いに応えられるのか。

そして咲は、ヨメの想いに応えられるのか?
思い出せ、私がここで闘っているわけを、思い出せ、

原村さんのエロボディを!

和の飴と鞭がうまく作用しています(笑)

いよいよ後半戦スタート。
衣フィールドは、後半戦も絶好調。またもやハイテイ。
カツ丼さん。衣フィールドの異常さをちゃんと解説。っていうか、ここにきてようやく仕事をしているぞ(笑)

さらには、衣、猫娘を狙い撃ち!
かじゅの東をスルーして、猫娘からさらに。
猫娘は零点。
いよいよ、かじゅと咲も手作りが制限されてしまう。

が、咲は、なぜか笑顔。これは、いったい?衣のわざと零点にした打ち方に対して、何かを見切ったのか?


だが、何にしても、

がけっぷち(by彩子さん書)

衣は、猫娘をもてあそぶかのように、衣フィールドを調整。
リーチできないのをいいことに、わざと当たり牌を捨てる、ある意味、イジメ。
が、その六筒をポンした咲。
ラスト六筒を引いてきたのは、咲。でも、嶺上開花で上がるのは駄目。
と、その六筒をカン。すなわちチャンカン成立。猫娘は、これで零点脱出。

きっと、咲がチャンカンするまでの間、猫娘は思っていたに違いない。

パスくれ、パス!

ナイスパスは、咲でした。


今回、各百合カップルがそれぞれにエネルギーチャージしていましたね。
咲 -saki- の世界では、

麻雀力(E)=困難さ(R)×百合度(I)

という公式が存在するようです。これを宮永の法則といいます(嘘)

これ以外にも、オーラスで、不可能を可能にすると言われる「宮永の不等式」という式も存在するらしいです(嘘)



来週も



またみるんだじぇ~

引用元:咲 -saki- 第17話


咲 -Saki- 第6巻 (Amazon)
咲 -Saki- 第5巻 (Amazon)

咲-Saki- DVD第2巻 初回限定版 (Amazon)
コメント (4)   トラックバック (3)

アニメーション 宙のまにまに 第3話 「プラネタリウム」

2009-07-26 | アニメ
いろんな意味で目立っていた朔。空気人間キャンペーン実施中。
確かに、しばらくして、クラスメートがどんな人間か分かってくると、いろいろ変化が起こりますよね。
私は、部活中心だったので、クラスのことは関知してなかったなぁ……。

と、そこへ、美星登場。
非常に解釈に困る発言連発(笑)
ただ、まあ、美星のビジュアルなら、そんなにドキドキすることは無いと思うのですがね(笑)

「今夜も寝かさないぞ!」

小夜先輩や、ふーみんだったら、エロ妄想爆発ですよね。

姫は、そういう妄想を美星で爆発させたようですが(笑)

まあ、それはそれとして、やはりプライベート時間を失うのは、ちょっと厳しいですよねぇ。

というわけで部活エスケープ。
朔は人が良すぎですから。
で、図書館へ。きたよ、ふーみん。ふーみんは朔を結構、誤解しているみたいです。

しかし、ふーみんは、ちゃんと文芸部に朔を誘う。たしかに文芸部に男子は希少価値ですし、
私だったら、ふーみんの胸で、即、文芸部入りかなぁ(笑)

美星、朔を待ち伏せ。謝るために。ミニスカ、下からのアングル、美星だと何故かトキメかないのは何故だろう(笑)

姫の髪の毛のドリフレベルで分かる湿度。
実際、梅雨はいやですよね。リアルな話、今年は梅雨長すぎ。家庭菜園のトマトとか調子悪いです。

美星は屍に、部長はゾンビに。
小夜先輩は、小中高と美星と一緒。というか、お目付役。小夜先輩に百合的な心理はあるのでしょうか……
彼女に男っ気が全然無いですからねぇ。

梅雨時でも愉しめる、それはプラネタリウム。
昔のプラネタリウムはちゃちくて駄目っぽかったですが、最近のプラネタリウムは、凄いですよね。
それに、晴子さんみたいな人は居なかったぞ(笑)

チャン・リーメイさんがCV。ちょっと落ち着いている……というかババくさい?(笑)

プラネタリウムでエネルギーほ補充して、次は泊まり込みだ!
もうちょっとすると、たしかフーミンのビキニ姿が出てくるはずだった気が……。




宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) (Amazon)
コメント   トラックバック (2)

咲 -saki- 第6巻 小林立:著

2009-07-25 | 咲 -saki-


早速、第6巻を購入してきました。

カバーを外すと読める、不思議の国のタコスには、新キャラ登場!
その名も、「女将:国広」(笑)

それにしても、どうして鎖娘はいつもいつも

デンジャラスゾーンにリングをもってくる?(笑)

鎖娘は、ほんと良い娘で、つるぺたとか、そういうところは置いとくとして、ほとんど完全無欠とも思えるのですが、

服のセンスは最悪です(笑)

これはマジシャンの父譲りなのか、ショーに出ているうちに、目覚めてしまったのか……。
マジックショーの衣装は、デンジャラスと相場は決まっていますからね。


コミックス本編ですが、カラー口絵がいつもよりも増量されています。
しかもその大半が、キャプテン&猫娘とな(笑)
巻末番外編もキャプテン&猫娘。これで表紙も猫娘とかだったら、たぶん刺されてる(笑)


さて、名物、小林先生の単行本修正。

今回の単行本収録にあたっての加筆修正は、とりあえず、2ヶ所。

1つは、咲 -saki- 第43局「窮地」 小林立:著 ヤングガンガン そしてアニメ化!!でレビューした時に指摘してあった、髪の毛ベタフラッシュの修正。



こちらが雑誌掲載時の原稿。


そして、



こちらが、第6巻13p.です。

よく見ると、髪の毛どころじゃなく、部長のセーラー服、かじゅや衣の瞳、猫娘の頬染め、および説明矢印に至るまで、ほとんど全面改定です。さすがですね。

(比較のために、コミックスより引用しています)


もう1つは、第6巻134~135p.です。
見開きの背景。雲と、雲の切れ間からの太陽光が追加されています。
キャラじゃない部分にまで、手を入れてくるとは。さすが、小林先生ですね。

アニメも本編も決勝戦の佳境を迎えています。
私の予想は、衣から、かじゅが役満上がったところ、咲が「失礼、頭ハネです」とか言って役満かなぁと予想。



引用元:咲 -saki- 第6巻


咲 -Saki- コミックス第6巻 (Amazon)
コメント   トラックバック (2)

化物語 第4話  まよいマイマイ 其ノ貮

2009-07-24 | 化物語
やった!今回、ふらりと委員長の登場が!

真宵に憑いているものが、蝸牛だと忍野から教えられた暦。

それはそうと、この激しく電波なOPは凄いなぁ(笑)
というか、本編以外に、新OP、新EDをここまで変えてくるのは、予算も潤沢できないとできないよね。

ひたぎが土地勘があるのは、実は、ひたぎの前の豪邸のあったエリアだから。
でも、区画整理されて……って、どんだけ敷地があったのか。

住宅地の道路って、かなり入り組んでますよね……。実は私も、迷いやすいんです(苦笑)
秋葉原で、実際方向が分からなくなったこともあります(苦笑)

PTAは何の略?
アデノシン三リン酸?いや、それはATPだね?

で肝心の住所の意味を聞く暦。真宵は教えてくれない……。
が、真宵はどうやら現金・物品に弱いようです(笑)
いや、ある意味、有意義だね。情報と交換。
しかし、何気に、暦、妹2人を馬鹿呼ばわりか……ひどいなぁ(笑)

親戚の住所だと言う真宵。
母の日というシチュエーションが、暦と真宵のどちらにも影響を設定しているわけですね。

ツーリング。2-ringでも、そんなに意味が間違って無い気も。2輪→2ringとか。

あららららららららららららら木さんは、なんだかんだずっと、真宵と一緒。
ちょっと、ひたぎさん、苛ついてるように見える。
それは道に迷っているからだけではないような。

真宵、ひたぎから毒電波を受信しているようです。「DEATHればいいのに」
いやぁ、こういう電波を受信したらビビるよねぇ。

結局、目的地が見つからないのでハイテク機器のお世話になることに。
GPS。
でも、いきなり圏外に……。これが蝸牛の能力なのか?

真宵の目的地には、離婚して離ればなれになったお母さんがいる。
委員長はどうかわからないですが、ひたぎ、真宵と、どちらもお母さんが事件のキーになってますね。
どうしようも無いので、ひたぎが忍野に相談に向かうことに。
というか、たしかにひたぎを出さないと、ひたぎと真宵をペアにしたら、血の惨劇が発生しそう。

しかし、アレだなぁ。本気噛みする真宵と、本気で殴る(まあそりゃそうか)の暦。
で、どさくさ紛れに触る暦(笑)
酷いシチュエーションですね(笑)

と、そこへ、我らが委員長登場!!来た!!!

委員長、「家に居づらいから、日曜日は散歩の日」って、これまた委員長も訳ありなんですね。

委員長は子供の扱いが慣れているなぁ…っていうか、天然の技?
撫で撫で攻撃(飴)と、コツンとお仕置き(鞭)、使い方が上手すぎる。

今回の委員長の作画は、もう少し、可愛い感じだと良かったかなぁ。
ひたぎが直線系、委員長は曲線系で。
今回は委員長も直線系なタッチだったので、委員長メイン回は、是非曲線系でお願いしたい。

それはそうと、ヤオイの意味は、
ヤマナシ
オチナシ
イミナシ

じゃなかったっけ???

さて、電話がかかってきた。忍野から。情報が手に入るはず。
その電話の発信源は、ひたぎの電話なので、自動的に、ひたぎの電話番号をGetなのか。
ほほう?(笑)

八九寺は、89。厄。
893も同じなのか?(苦笑)

さて、解決方法は、どうも、ひたぎ的には許し難い方法っぽいですが、どうなりますか?次回。

EDも、いきなり新Versionだし。
一瞬、モード学園のCMと勘違いしました(笑)

実は、このEDの局の前奏がかなり好きです。ピアノの高音域の鍵盤のフレーズがいいんですよね。

テロップが下へ流れるのも、アナーキーですねぇ(笑)



引用元:化物語 第4話  まよいマイマイ 其ノ貮


化物語 ひたぎクラブ Blu-ray (Amazon)
アニメ化物語オフィシャルガイドブック (Amazon)
オトナアニメ Vol.13 (Amazon)

コメント (2)   トラックバック (11)

青い花 第4話 「青春は美わし」

2009-07-23 | 青い花
いや、もう、なんつーか、よく出来すぎてて、ふみちゃんじゃないが、泣けてくる。素晴らしい。

杉本先輩、「図書館の君」のことを話す。君とは、杉本先輩……。
今回、キスシーンが。二人とも、頬染め合う。ふみちゃんはともかく、杉本先輩が頬染めって、イメージとちょっと違う。
「私の片想いなんじゃないかって……」
ふみちゃんの思いは、自嘲気味だけど、でも、実は、外れていない……?

これからは、朝、一緒に登校しようと約束する。

Kissした翌朝の乙女は、それまでと変わるのですよ。
ふみちゃん、お下げに髪型チェンジ!
お母さん、そういうところは気がつくから、「ボーイフレンドからメールが来たら……」云々。
普通の家庭なら、ほほえましい会話のやりとり。
でも、ふみちゃんの場合は、照れ隠しではなく、本当に、「Boy」フレンドじゃないから。

逆に、ちょっと苛立ちとか出ちゃいますよ。

駅では、あーちゃんと、杉本先輩が、ダブルブッキング。
ふみちゃん、自己嫌悪。
それとも、杉本先輩との初めての同伴登校で無くなったことが残念なのか、いろんな感情が入り乱れる。

杉本先輩には、朝はあーちゃんと一緒に行くことにすると告げる。
その代わり、帰りは、「私のために取っといて…」

かっこいい!!

あーちゃん、合コンの成果があったらしく、気に入られてたらしい。
でも、あーちゃんは、実際、実感が湧かない。

演劇部に顔を出す各務先生。
実際は、幽霊顧問。あまり顔を出さない。それには、ちょっと訳あり?

そんな各務先生に、杉本先輩のことを訊く井汲さん。
女のカンは鋭い。いや、カンじゃないか…。

放課後。あーちゃんを待っていた、ふみちゃん。
井汲さんは、気を利かせてくれた。でも、二人の会話が聞こえてしまう。
「杉本先輩」というキーワードなら、聴力がアップするだろう、井汲さんには。

ふみちゃんは、あーちゃんに詫びる気持ちが。
杉本先輩とは一緒に登校しないと告げる。ふみちゃんのその決意の理由は?
「杉本先輩が好きなの……つき合ってるの……あーちゃんに嫌われたくない……気持ち悪いなんて思わないで…」

切実な告白。
そして、それがために、あーちゃんとの友情を失いたくない。
百合はやっぱりマイノリティなんですよ。
でも、あーちゃんは、すんなり受け入れてくれました。

そして、翌朝、寝坊したふみちゃん。また夜、泣いてたんだろうねぇ……。

ふみちゃんは、考えすぎなのか?いや、やっぱり、そうなるだろうなぁ。

で、あーちゃんは、井汲さんに、百合のことを訊く。
これがまた、実は直球だと本人は気がつかない。ちょっと罪深いあーちゃん。
井汲さんは、うまく誤魔化しつつ。でも、あーちゃんは「応援する」と言っていたことが、井汲さんにも嬉しいかな。

杉本先輩に、あーちゃんにカミングアウトしたことを話すふみちゃん。
背の高いふみちゃんの、上から頭を撫でる杉本先輩は、何気に、ちゃんと乙女のツボをつく行為。
こういうのが、ふみちゃんは嬉しいはず。背の高い乙女には。

喫茶で、あーちゃんに寝坊のことを攻められる(笑)
でも、あーちゃんは、そんなことはどうでもよくて、「応援したいけど、どうしたらいい?」と。
まあ、直球だこと。で、それに対するふみちゃんの応えが「いつも通りで」。
そう、何も変化しないことが大事。

杉本先輩は、各務先生に挨拶。
先生、何気に「顧問だからな…」。この台詞を普通に言う先生は、本当はどう思っているのか……。
杉本先輩は、やっぱりショック。

そんな二人の出逢いは、中学時代。

このショートカット、可愛すぎる!

そして、告白してしまう杉本先輩。先生は、躱してしまうのは、本心なのか、先生という立場なのか。

結果として、杉本先輩は失恋。
ここの告白シーン、台詞の代わりに、気持ちの流れを、落ち葉の流れで表現している。


図書館の君、明確にならないのに、状況証拠から、杉本先輩と、各務先生とわかり始めるふみちゃん…。

本人に訊こうとしても……、そんなの訊けない……。

訊いて、もし、そうだったら。Yesと答えが返ってきたら。

答えがうすうす分かっているから、だから訊けない……。
知るのが怖い。知らないままの曖昧な状況でいたい……。



今回、すげー、良いなぁと思ってEDテロップ見たら


絵コンテ:桜美かつし
演出:桜美かつし


やっぱり!

素晴らしい。

いや、ほんと、毎回、愉しみだし、これは本気でお薦めですわ。



青い花 第1巻 [DVD] (Amazon)
コメント (4)   トラックバック (1)

オトナアニメ Vol.13

2009-07-22 | コミック
オトナアニメ Vol.13 (Amazon)

オトナアニメのVol.13です。
メイン特集は、化物語。
原作者インタビュー、監督インタビュー、関係者インタビュー。
特集ですから、かなりがっつりと。

その他の記事では、CANAANとP.A.Worksの記事、一緒にトレーニングのプロデューサーインタビュー、大槻ケンヂインタビューあたりが、濃くて面白いですね。

特に、大槻ケンヂの話の中で、「林檎もぎれビーム」のネタ話や、絶望少女隊は、現地集合・現地解散なユニットだとか、結構笑えるネタ満載でした。

Newtypeとか買ってるくらいなら、オトナアニメを買う方がコストパフォーマンスが良いですねぇ。ほんとに。


オトナアニメ Vol.13 (Amazon)
コメント

アニメーション 咲 -saki- 第16話 「結託」

2009-07-20 | 咲 -saki-
前回、かじゅに嶺上開花を阻止された咲。
今回もカン材が手の内に。
そういえば、咲の字牌のカン材は、西が多いですよね。
東や南だと、場風が乗るからなのでしょうか?カンドラが乗らない咲の特徴からして、場風も乗らないということ?

しかし、暗カンでも、国士なら上がられてしまう。しかも、かじゅの捨牌は非常に妖しい雰囲気。
どうしても、西を切ることが出来ない咲。

盛り上がる鶴賀控室とは逆に、迷う咲を見て、不安になる清澄控室。
自分と似たタイプのかじゅを見て、部長、何を想う?

結局流局。
かじゅは国士テンパイ。それを見てほっとする咲。
だが、衣は、きっとかじゅの国士が最初はイーシャンテンだったと見抜いていたんでしょうね。
なので、咲が降りてしまうことで、咲のレベルを見切ったという感じ。



咲の半べそは可愛いですよね。デンジャラスアングルもちゃんと再現してくれてるし。



でも、なぜ、そこで「おトイレ行っとけば良かったよ~」なのか(笑)
特に尿意が無くても、怖いと感じるとお漏らししちゃう属性なんでしょうか?咲ちゃんは??(笑)

そんな衣の能力を理解できていない猫娘。
かなり意識していますが、悟空、フリーザ、ピッコロの中に混ざってしまったMr.サタンでは、どうにもならないのか?

いよいよ本気を出してきた衣フィールド。
イーシャンテン地獄が始まった。
衣フィールドは、狼男と同じように、満月で全開。

かじゅのイメージ映像は、今回のお色気担当がかじゅである暗示(笑)
DVDでは、不自然な透過光は無くなっているでしょう。かじゅもスレンダーなナイスバディですからね。

衣のハイテイ能力を知らないかじゅ。鳴いてテンパイに取ってしまった。

が、それによってハイテイツモが衣に回る。

ハイテイ能力を知っているMr.サタン……じゃない猫娘。
無理してカンで、衣と咲の能力を封じた……つもり。
しかし、咲の嶺上開花は防げても、衣のハイテイは、衣が鳴けばまた戻ってしまう。

そして、2連続ハイテイツモ!
カンを悔やむ猫娘。ここ、アニメの悔しがる表情は、とても良いですね。原作カットよりも、相当に悔しい感じが出てる。

全く普通の上がりが無い大将戦。
タコスの「エニグマティック」も、ちゃんと再現されてますよ。さすがに脚の位置はちょっとずらしてますが。

部長、風流を愉しんでいる場合じゃないですよ。
咲の特殊能力を知っているからこその大将ですが、そこに同じく特殊能力を持つ衣も居るとは、予想外。といったところか?

猫娘。去年の悪夢が思い出される。
いやー、この招き猫ポーズは狙ってるだろ(笑)
ハイテイの前に上がればよい、そう、理屈はそう。
かじゅの捨牌から鳴き始める。調子が出てきた……が、調子づきすぎ。
猫娘の特性が読まれています。
そして、衣、鳴いてハイテイを持ってくる。

ヤバイ、このままじゃヤバイですよ。
咲、なんとかするなら、カンしかない。
かじゅ、咲の嶺上開花も警戒しているけれど、今回は上がらない。
でも、ツモ切りではないことは当然チェック済み。咲がテンパイした雰囲気を感じ取っているか?

カンは、ハイテイの牌を変える。
でも、猫娘にとっては、

ずれても、有効牌は来ない……か…

良すぎるぞ、猫娘(笑)。

最後のツモは、3筒の咲。5筒待ちにしたので、3筒は切ってました。



差し込んで…誰か、差し込んでよ……

半べその咲はやっぱり可愛いです。



そんな咲を助けるのは、やはりお姉様。かじゅの一点読みで、差し込み!
咲は、お姉ちゃんコンプレックスもありますが、年上のお姉様に弱い雰囲気がありますよね。

しかし、衣の

衣は子供より親をやるのが好きなのに

子供じゃないが口癖ですからね(笑)

かじゅの凄さはみんな驚きだけど、かじゅは部長じゃないってあたりも驚きですよね。
っていうか、これ、原作で読んだときも、笑いました(笑)
ワハハが部長とな。でも、アニメだとワハハが部長らしいこと、けっこうやってますからね。

さて、かじゅも、衣フィールドに逆らい始める。
普通の手作りをしないで、七対子狙い。



しかし、鶴賀の控室は、華やかだなぁ。
特に、かおりんとモモを並べたカットは、可愛すぎる。
むっきーも美人さんに描かれているし。

かじゅ、西単騎でリーチ。
いきなり西を掴む猫娘。
そこは、イーシャンテンだから、西はせめて1巡回したほうが良かったですよね。

かじゅ、連チャンを目指そうとダイスを振る……と、衣フィールドがフルパワーで襲いかかる!
かじゅは気配を感じ、咲は吐き気まで感じる。Mr.サタンは一人、気配が感じられない(苦笑)
衣としては、かじゅの能力はちょっと予想以上だったんでしょうかね。



かじゅのイメージ映像。
ビート板を持っているので、海にしてはちょっと変?野尻湖あたりで湖水浴か?

衣の捨牌、二索、四索なら、そりゃ一索を捨てますよ、猫娘。
これは同情してしまう。

キャプテンはポジティブシンキングを教えて来たけれど、この状況はポジティブシンキングは「無理!」
いや-、みはるんのミニスカが短いよねぇ(笑)



オーラスも衣の上がり。咲の半べそ、やっぱり可愛いです。

心がくじけそうな咲。

あきらめた~ら~終~わり~

今回、作画良かったですね。
半べそ連発の咲、お色気担当のかじゅ。
素晴らしい!!


来週も



またみるんだじぇ~

引用元:咲 -saki- 第16話


咲 -Saki- 第5巻 (Amazon)

咲-Saki- DVD第2巻 初回限定版 (Amazon)
コメント (4)   トラックバック (12)

青い花 第3話 「朝目覚めては」

2009-07-19 | 青い花
ちょっとタイミングを外してしまいましたが、青い花第3話です。

前回、泣いている井汲さんとばったり。さらに、杉本先輩にも逢う。
ふみは、バスケ部は無理だからという話をしたい。
でも、杉本先輩は、場所を変えて話をしたいと言う。

これは、井汲さんに、たぶん、Noと言ってしまった場から離れたいという気持ちかなぁ。

あきらは、レッツゴー3匹をチャペルに案内中でした。
ふみはそこから離れて、結果として、杉本先輩と二人きり。
さりげなく、杉本先輩、ふみの躰を褒めているのは、ちょっと違う気持ちも入ってそう。
ふみ、わかっているのか。頬を赤らめるてはいるけど、それは、本気だよの部分に反応しているわけで、その前の部分の意味は理解していなさそう。

レッツゴー3匹、良い雰囲気の二人をみて、邪魔しようって(笑)
恋路の邪魔って、雰囲気は伝わるものなのか。
あきらは、杉本先輩と、ふみを見て、何を想う?

井汲さんは、泣いていました。
翌日?
許婚が、迎えに来ました。井汲さん、やっぱり辛く当たるのは、杉本先輩に拒絶されたからかな。

許婚の要望は合コンのセッティング。って、高校生と合コンっていいのか(笑)

ふみは本を読んでいても集中できない。
女の子って、考え事しているとき、なぜかコンパクトに纏まってたりしますよね。
なにか思い立ち、部屋の模様替え。
気持ちを切り替えたいから?

考え事の中身は、デートのことだった……杉本先輩との。
ふみ、モテモテだな。
女の子から見て、ふみは、ほっとけない感じなのかな?

一方のあきら。兄貴に合コンに付いていくと言われて(笑)
こっちも、兄ちゃんがシスコンなんだな。初恋限定。といい、駄目兄貴が多いなぁ(笑)

デート中のふみ。
杉本先輩は、ボーイッシュというか、さっぱりとした格好。
ふみはやっぱり女の子っぽく、でも地味(笑)

定番は、海を見に行く。

もう手をつないでいるのか。進展速いなぁ。というか、杉本先輩、慣れてますね。
しかも、ふみのツボを突いてくる、名前を呼ぶ攻撃(笑)
本当に慣れてるなぁ。素でやっているなら、天然ジゴロ。咲とは別のタイプの。

あきらは兄貴の下手なストーキングに、怒り爆発!!

ふみ、満足して帰宅。また、次回のデートも予約済み。

結局、ふみは、文芸部に入部。
ここのふみと、杉本先輩の髪が、どちらも少し乱れているのは何故だろう…

図書館と二人きり。
心の準備が出来ていないふみ。何故泣く(笑)
そして、そんなふみをリードするのに、淀みない杉本先輩。格好良すぎるだろう。

かじゅも、少し見習わないと。ヘタレと呼ばれてばかりじゃいけませんよ。まあ、こっちは、モモが主導権握っているからいいのか。
そしてKiss…

おっと、もうここでキスしちゃうってことは、この後、色んな展開が起こりそうですね。

毎回、ゆったりと流れる時間がたまらんです。



青い花 第1巻 [DVD] (Amazon)
コメント (2)   トラックバック (2)

化物語 第3話  まよいマイマイ 其ノ壹

2009-07-18 | 化物語
暦、あてもなくぶらぶらしていて、公園で休憩中。
でも、これだけ周囲に団地があるのに、公園には誰もいない。既に不可思議な状況に足を踏み入れているようですよ。

自分だけの空間に、別の人物が。
なんて都合のよいことに、それはひたぎ。
ただ、この特殊空間に入ってこれるということ自体、彼女の特性を表しているのかもしれませんね。

で、前回のお嬢様服ではなく、今回はちょっとおめかしさん。
少し開けた胸元に、暦の視線は直撃です。っていうか、暦、欲望に素直すぎ(笑)
どうやら、動画の動きからして、ひたぎは、ノーブラもしくは、ストラップレスブラ、ヌーブラの類で、乳揺れしていると推測されます。素晴らしい!



見とれるなのか……知らなかったSZo

ひたぎ、何だかんだ言いながら、この服装は、昨日買ったって。気合い入りまくりなんですが。
ポニテだし、この格好も好きです、私。個人的に。
暦に見て欲しかったとか、ストレートに言ってきますよね。だけど、相変わらず暦は、胸元ばっか見てるし(笑)

このおっぱい星人め!(笑)

それにしても、この公園は、ウテナ様の決闘場を思い出しますね。特定の人しか入れない特殊な場。

ひたぎ、いきなり暦の隣に座って、しかも体温を感じられる距離って……。
積極的だなぁ。

忍野には、礼金を支払うからそれがお礼。で、暦にもお金じゃない、違った形のお礼がしたいと言って、顔を近づけるのは、反則技だと思いますよ。

暦の頭に、シャア専用ザクの角を立てる。
これ、暦のナニが立ったことの暗喩ですよね(笑)

ひたぎ、何気に胸とかお尻とかのアングルが多いですが、色気を醸すカットは、首、なんでしょうか。
首筋にエロスを感じるカット割りが多いですね。

で、ここまで迫っておいて、「友達」は無いだろう(笑)
何という、ドS。絶望した(笑)

まあ、それはそれとして、お礼はどうするのか?
神龍を超える力を持っているだの、ドラゴンボールネタは、大丈夫なのか?(笑)

それはともかく、「下着を着けないで授業を受ける」の提案の部分には、何気に、暦、食いついてますね。
いや、私も、それはちょっと想像して、ドキドキした(笑)

あと、裸エプロンは、希望したいなぁ。

暦、上手いこといって、誤魔化してますが、裸エプロンで朝食作ってもらう提案のどこが問題なんだ(笑)
いいじゃないか!漢のロマンだろう、それは!
しかもポニーテールが、お尻の上で揺れたりするんだぞ!ぐはぁぁ。想像した!ひたぎの裸エプロンを想像した!!

結局、暦がそういう要求を受け入れないだろうことを見切られているわけだ。

あと、何だかんだ言いながら、自分も処女、経験はないと言ってますね。こういうところをちゃんと反応しないと、暦は。

暦が、この公園に来たのは、母の日が煩わしいから。
まあ、高校生男子と母親って、普通は距離があるものですからねぇ。
が、妹二人が半端無いらしいので、大変ですな、暦は。

で、いろいろやりとりするわけですが、暦のわかりやすいリアクションは、ひたぎの提案に対して、即答しないで、「もし、○○したら、どうなるんだ?」と聞き返す時ですね。

「彼女が欲しいとか?」
「欲しいって言ったら、どうなるんだ?」

この瞬間、脳内シミュレートフル回転ですな。

ここだけ、相互に自分の本心がちらっと垣間見える。


さて、ここから本編の主人公。八九寺真宵登場。
四六時真宵ってほうが合っている名前かも。

しかし、「お前の力になれるかなぁと思ってさ」という言動と、ひっぱたく行動は一致しないぞ(笑)
人畜さん……ひどい名前だ。
迅速にどっか行っちゃってください!(笑)

いやぁ、暦と同レベルなんだね、真宵は(笑)いや、暦が同レベルなんだな。
幸い、この状況を見ていたのは、ひたぎだけ。
新興宗教ババアとかに見られていたら、訴えられますよ。

さて、カタツムリの迷子とは、どういうことなのか?
これは、次回のお楽しみですね。


委員長は今回もお休みでした…。いつ登場してくれるのかな?
駿河が百合らしいので、駿河が登場してもいいですよん。
いや、そうでなくても、普通に面白いんですから、いいのですけれど(笑)





引用元:化物語 第3話  まよいマイマイ 其ノ壹


化物語 ひたぎクラブ Blu-ray (Amazon)
アニメ化物語オフィシャルガイドブック (Amazon)
オトナアニメ Vol.13 (Amazon)

コメント (6)   トラックバック (7)

咲 -saki- 第51局「混迷」 小林立:著 ヤングガンガン

2009-07-17 | 咲 -saki-
連載再開です~。長かったですよ。

いよいよオーラス。親はかじゅ。
咲が勝つには、一番の近道は、衣から役満直撃。
かじゅは、連チャンし続けることが必須。
猫娘は………、いや、とにかくかじゅの連チャンをアシストして、自力のチャンスを待つしか……

Mondo21とかを見ていても、予選はともかく、決勝のオーラスの3位4位は、本当に辛いですよね。

それでも、ほとんど零%でも、気合いを入れ続ける猫娘は、すげぇですよ。
このバイタリティは、真似できない。普通は心が折れる。

咲の配牌は、例によってカン材が入っているのが恐ろしい娘。

で、猫娘は……四暗刻、つもってましたSZo
いや、やはり衣フィールドは展開中なんですよね、これ。
上がっても仕方のない時に、無駄な良い手を作らせる。

だが、猫娘、これをツモ切り!格好いいじゃないか!

ここで上がったら、勝ちを諦める云々以前に、空気読めって言われちゃうし。

衣としては、ここで、猫娘の心が折れる「はず」だったんでしょうね。



誤算1。
(例:ファウル・トラブルだ。田岡茂一談)

次の誤算。
自力でツモ上がりしちゃえば、それで終了。
3面待で、衣フィールド展開中なら、ツモれるはず………が、引いてきたのは、一筒!



誤算2。
(例:選手層がウスい。田岡茂一談)

おかしい!
おかしいじゃないか!!
衣フィールド展開中なのに!!!

そう、衣フィールドを浸食していたのは、咲フィールドでした。
一筒。
咲の気配は、12000点くらい。
メンチンかな???

だけど、12000点じゃあ勝てないから、もっと高い手のはず。
そして、迷う衣に、甘い言葉をかける咲。恐ろしい娘!



誤算その3。
(例:安西先生不在。田岡茂一談)

これ、たぶん、無意識にやってるんですよね、咲は。
やっぱり。天然ジゴロと呼ばれるのには、理由がありますわ。
和に続いて、衣も撃ち落とすのか、咲。真の百合の女王なのか!



(全国が見えてきたぞ! 田岡茂一談)



咲 -Saki- コミックス第6巻 (Amazon)
コメント (6)

アニメーション 宙のまにまに 第2話 「ファーストスター」

2009-07-15 | アニメ
天文部には、なぜか新入部員が入ってこない。軽音部みたいだな、おい。麻雀部も少数精鋭な高校が多いが(笑)
しかし、あれだ。
2年美少女ツートップって、小夜は納得だが、美星は???(笑)

姫、そもそもなんで美星につっかかって行ったのか?
まあ、大体、美星に何言っても、のれんに腕押しだから、無意味なんですがね。
さらに、逆に抱きつかれるし。

朔は、姫に気を回すけど、姫はきいちゃいねぇ。「美星」と呼び捨てなのが。確かに1年上なのにね。

姫は、入試の時、朔に逢っていました。しかし、朔は覚えてないし(笑)
ニックネーム、ドリフは黒歴史(笑)

日直が一緒になった姫。これはチャンス。
いろいろ朔の過去を聞く。美星とのことも。だが、自分の想いの方が上だと、告白しようとしたら……

お邪魔虫登場(笑)

天然なんだよねぇ。

で、部長から、朔とお邪魔虫がつき合っていないと聞くや否や、入部届けを書く姫(笑)

しかし、あれだな。朔は鈍いというか、何考えているのか。
ふーみんは、ふーみんでストレスが貯まっているようですよ。
だが、活動内容に文句を言って、とりあえず、満足。

文句を言われっぱなしじゃいけないと、活動しようとしたら、雨に降られて。
美星の機転で、朔の家、訪問。

朔ママはノリノリ。
朔は、部屋を絶対に見せたくない。いや、そういう気持ちはよく分かる。自分の城は守らねば。
まあ、エッチな本とかありますかね。朔も男の子。

翌日、観測会リベンジ。
姫は、私服でおめかし。でも、夜に肌を出しているのは、蚊に刺されてしまいます。
美星は用意していたジャージを着せる……これ、長野県では、冬によく女子高生がやってる「ハニワ」ルックですな。
おめかしが台無し(笑)

部長の荷台に載る姫。
やはり無謀でした。パワーアシスト付なのに、なぜ、そうなる(笑)

アルゴルとミザルとか、中学の時に見たなぁ。
天体観測って、何か、ドキドキするんですよね。

朔と小夜。
原作で、このシーンを見たとき、小夜も、朔のことを?ってちょっと勘ぐってしまいました。
でも、小夜って誰にでも優しいというか。恋とは無縁なのか?
それとも、美星への百合という壮大なバックボーンがあるのか?未だに原作読んでいても、ここら辺謎。


さて、まだまだ朔とフーミンの良い感じの雰囲気は出てきませんが、あと数話で出てくるはず。


宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) (Amazon)
コメント   トラックバック (6)

アニメーション 咲 -Saki- DVD 第1巻 初回限定版

2009-07-14 | 咲 -saki-
咲 -Saki- DVD第1巻 初回限定版 (Amazon)

咲 -saki- のDVD第1巻が来ました。



やはり、このブックレットが重要。
なにしろ、第1話の絵コンテが、ごそっと載ってますからね。
しっかり見切れてないのですが、さらっと見ただけでも、面白いですわー。

たとえば、咲 -saki- の舞台は99%長野県っていう設定です。
でも、いくらロケハンをしても、本当に長野なの?っていう未確定要素はあったのですが、少なくとも、この絵コンテには、

「美しい長野の自然に響き渡る咲の声」

というト書きが。

これで、99.99999999%長野で確定しましたね(笑)

あと、のどっちが工事中の看板を飛び越えるシーンは、絵コンテ段階で、穿いてないカット割りだったり、ラストの部長の口元は、絵コンテの段階で、悪っぽいテイストで、だったり。

OPの絵コンテだと、モモは、顔が見える予定になっていたり。
あと、この絵コンテからあの作画が出てくるって、原画の田中さん、恐ろしい人だ。凄いわ………。


小野監督と脚本の浦畑さんの対談もあって、どうも、監督がステルスファンっぽい気が(笑)

とりあえず、DVDはこれから再生して、ON AIRとどう違っているか、チェックしようと思います。

良し!まいまいまい!

咲 -Saki- DVD第1巻 初回限定版 (Amazon)
コメント