おかるとのヲタク日記

咲 -saki-、ラブライカ、百合、true tears、かなふみ、ガルパン

咲 -saki- ステルスモモの魅力

2009-06-30 | 咲 -saki-
咲 -saki- の公式サイトの情報によると、タコスが本当に、タコスチェーン店とコラボレーションしたらしい(笑)

いや、ルルーシュもピザだし、こういうコラボは良いと思います。
いろいろなところで、いろいろなアプローチをするのが、正しいアニメ(の営業)のあり方ですね。

EDの画像をベースに、タコス大活躍だじぇぇ!(笑)


さて、いよいよ次回のアニメで、登場するステルス・モモ。
私もかなりお気に入りのキャラです。
鶴賀では、かおりんに続く、胸の大きさですし。こちらでもNo.2ですね。
(麻雀力でも、かじゅに続くNo.2)


そんなモモも、かじゅにスカウトされた時には、



こんな感じで、ちょっとバリアを張っている。
それまでの人生経験から、それはやっぱり、こうなるのは仕方ないところ。

だけど、かじゅのプロポーズを受けてからは、



この通り!
見違えるような自信と、素敵な笑顔。

やはり、

かじゅの愛の力は偉大だ

最愛のパートナーを得ることで、身も心も安定して、能力全開のモモ。
可愛いヤツじゃのぉ。

今週末は連載も再開されるし、週末が待ち遠しいですね。



引用元:咲 -saki- コミックス第4巻 「先輩」


咲 -Saki- 第5巻 (Amazon)

咲-Saki- DVD第2巻 初回限定版 (Amazon)
コメント

アニメーション 咲 -saki- 第13話 「微熱」

2009-06-29 | 咲 -saki-
冒頭、衣を迎えにきた黒執事。
衣の居る場所は、USO9000さんのサイトで要チェックや!

やる気のない衣に対して、黒執事は、今年は違うぞと。俄然、やる気を出してきた衣。
咲ちゃんは、せっかく和と百合百合な気分だったのに、そのGN粒子を感じて、怯えます。
咲の太ももは、怯えのシーンで必ずアップ(笑)

そんな咲の異変を少し感じ取る和。でも、咲はにっこり。お互いに気持ちを確認しあって、ラブラブだなぁ。
そこへ、和をライバル視する、透華登場!

透華ビームの直撃をくらう和………と思いきや、一筒シールドが展開されましたよ(笑)
ショックを受ける透華を、さらに、深掘さんがはじき飛ばす。
まさしく、踏んだり蹴ったり。

透華は前年度の活躍もあるので、和は勝てないだろうという下馬評。
パイナップル&眼鏡組は、和贔屓になっているが、それ以上の贔屓は、マホだった(笑)
マホ、本気で、和好きなんだな。

風越の控室では、コーチが席を外してました。
携帯を打っていた件といい、このあとのコーチの動きはどうなるのか?
みはるんは、「文堂さんが怒られなくて良かった」って安心していますが……??
やはり、みはるんは、次期キャプテンの器でしょう。

咲、控室に戻るや、まこに「見とったぁ!」と言われる。
ええ、あの行動はTVモニターで丸見えですからね(笑)

さらに部長は、バナナ渡すし(笑)これは、大脳への栄養補給なんでしょうけど。


副将戦開始。
カツ丼さん、ちゃんとカツ丼を食べて、まじめに解説を始めましたよ。
今年のシステムは、運気を持つ特殊な子を抽出するシステムではないか?
副将戦はデジタル打ちのメンツなので、ハンチャン2回というのは勿体ない。そういうことなんですね。

深掘さんのリーチ。和も透華もベタオリ。降りるときはしっかり降りる。
隆顕様は、ツッパる方針。でも、鎖娘は、透華がデータに基づいてしっかり打っているとフォロー。
そんな透華は、和に、のどっちの影を見て、頬染めドキドキ(笑)
対局に集中しましょう。

のどっちを撃ち落とすのは自分だと、妄想タイム。

鎖娘は怜悧な透華を知っているけど、隆顕様は、そんな怜悧さも溶かす男が現れるのでは?とカマをかけてきました。
鎖娘、そこは、自信満々に、透華の彼氏は私だ!って言わないと。
ちょっと、まだ、自信が無いのかな?かじゅ×モモほどには、成熟していない百合カップルなんですね。
それもまた、今後の進展が愉しみですねぇ。

さて、対局。
初上がりは、和。クイタンで激安。
和の親で、透華は配牌が良い。っていうか、透華、アンテナの動きで、手の善し悪しがバレバレなんですけど(笑)

速度勝負の和、実は全然てんぱってない。
透華は、リーチで攻める。でも、他のメンツは、降りまくり。
隆顕様は、和をかっこわるいと言うけれど、鎖娘は、和をフォロー。意外に冷静。

透華、和がまだ100%でないと見抜くけど、それ以前に、対局に集中しましょうね(笑)
言われた方の和。やはりまだ緊張している。
まこ、タコス、部長の気持ちを背負い、そして、「宮永さんが見てる…」
どうにも、和は、見られてナンボということなんでしょうか(笑)

徐々に集中。
視覚がデジタル化。モモのことは、「鶴賀の人」。深掘さんは「大きい人」。のどっち、けっこう失礼だな(笑)

で、意識しまくり透華のことは「変な人」???

和の手配は、七対子向き。
最初の捨牌からしても、完全にピンフ系ではないだけに、これは当たり牌を読むのは大変。
透華、西をツモってしまった。よく、西を止めましたね。
あの異常な捨牌は、国士ってのもありそうだけど、リーチはしないだろうから、やっぱり七対子。
とすれば、西は危険牌って感じですかね?

と、気がつけば、和、頬染め。息も荒い。
のどっち覚醒。
タコスも盛り上がるが、かなりスカートの前が、危険過ぎるぞ。相変わらず、手が付けられないじぇぇ(タコスがな)

そんなのどっちを見て、煩悩全開な透華。というか、端から見てれば、危険な人です、ほんとに(苦笑)
いいとこのお嬢様が台無しです。

そんなとき、GN粒子で感じ取るのは衣。スタンダードな解釈は、のどっち覚醒を認識した、というのが定説ですが、アニメの透華をみると、

透華の変態ぶりを認識した

ようにも見える(苦笑)

黒執事、和と咲が同じ高校だと衣に教える。
衣、友達になりたかったけれど、ライバル校ではそれもかなわないか。
しかし、あの決勝の衣と対局したら、そりゃ、友達になるもなにも、終焉を見たようになるのはしょうがないですよねぇ。

対局場では、またまた流局。
それにしても、深掘さんは、けっこうリーチで攻めてるんですよね。
意外と強いはず。

さて、和は、フリテンテンパイ。
相変わらず、タコスと京太郎はジャレてますなぁ。タコスの方がいつも勝つのですが(笑)
咲は、またまた、太ももフルフルと興奮。困った娘です。

和、中をポンして、一旦テンパイを変更しつつ、次のツモで、上がり!
透華は、完全に鬼太郎状態になっていますよ(笑)
しかし、カツ丼さんは、もう2杯目のどんぶりを空にしたのか……大食いだね。

ここまで和のパーフェクト。
と、鶴賀の控室が!「中をポンされたのは痛い」「まだ時間がかかるということか」
うまい補完です。
モモの能力が発揮されれば、中はポンされず、スルーの予定だったはず。衣以外にもカメラに影響を与えるモモ。

さらに、透華にも変化が。
脳内デジタル大戦勃発!JoJoばりな戦闘シーンが展開され、ここだけ見たら、何のアニメかと(笑)


次回予告。
ついに、ついに、モモが登場。
しかも、どうやら、幼少の頃も描かれるのか?まじか?

それにしても、次回予告で、変態発言満載の和は、大丈夫なのか(笑)タコスじゃなくても心配だぁぁ(笑)


来週も



またみるんだじぇ~

引用元:咲 -saki- 第13話


咲 -Saki- 第5巻 (Amazon)

咲-Saki- DVD第2巻 初回限定版 (Amazon)
コメント (11)   トラックバック (7)

初恋限定。 第12話 「ハツコイリミテッド。」

2009-06-28 | 初恋限定。
逃避行男子3人。やっぱり寝袋一人分とか、食料が駄菓子って、駄目駄目だよね(笑)
その頃の女子4人組。

温泉でリラックスタイム。
ちゃんと心配しているのは、慧だけ。特に、あゆみと小宵は、完全に旅行気分。
で、慧の胸に興味津々の二人。

ここらへんの湯船の透明度は、blu-rayで変わったりするのでしょうか?(笑)

慧に襲いかかる、少女二人組から、ちょっと離れて胸を隠している名央。
ここの表情は、何やってんだか…と呆れているようにも見えるが、それ以上に、

襲われないように隠しておこう…

って見える(笑)
たぶん、名央は、慧ほどではないにしろ、大きくなってきているのではと推測。
恋は胸を成長させるのか?凄いぞ、アスラン!

翌日。
逃避行組は食料の消滅にショックを受けている……、が、どうやら夜中にそれぞれがこっそり、食べちゃってました。
お前ら……。

財津兄、小宵兄と、アレルヤも、電車で追いかけてきた。
女子4人組も、地図で当たりを付けて、行動開始。
そんなそれぞれの探す相手の男子3人組は、150円の所持金になってました。計画性無いよね(笑)
で、それ以上に、逃避行の目的を思い出す。
岬姉ぇ、名央、そして慧のことを好きなこと。
徐々に魂の叫びを振りまいて、もし端から見られていたら、恥ずかしいぞ!だが、それでこそ、青春だ!!

青春のモヤモヤした気持ちには、明快な解答は存在しない。
それに答えなんて、必要ないかもしれない。
海に向かって、魂の叫びを!!それで十分だぞ!!!

………

だが、それを、肝心の相手の娘達に見られてしまったら、それは超絶、恥ずかしい(笑)

そこでまたまた、逃避行さ。
女の子の中で、小宵だけが関係ないので、荷物番。
名央も、ちゃっかり小宵に荷物を預けて。


まず、偽スザク脱落。砂の涙がいい演出(笑)
名央は、優しいなぁ。
偽スザク、自分の気持ちを正直に吐露。そして、アスランのことも知った上で。
名央、「偽スザクは偽スザク、アスランとは違うんだ」って諭す。
これ、正論だし、嬉しい言葉だけど、冷静に考えれば、当然アスランのことをまだ想っていると考えられますね。

やはり、色々いる女の子の中で、一番、攻略が難しいのが、名央じゃないかと思います。


あゆみと弟君。
それを見つめる、アレルヤと猛獣君、それぞれに思うところがあり。

で、慧とカッパ君。
慧のタックルを受けるカッパ君。胸の感触を直に感じて、ちょっとドキドキ。

慧は、いつもと違って、かなり素直になってます。
こういう慧に慣れてないカッパ君。そうそう信じられないですよねぇ(笑)

アレルヤは、ちょっと妹離れできたでしょうか。
猛獣君は、弟想いだけど、たぶん窒息して半殺し状態かも(笑)

あゆみは、猛獣君の良いところをいっぱい知ってしまって、どうしようか、ちょっと悩んでますね。

リカと彼氏、完全にリカに操縦されてますねぇ(笑)
リカは飴と鞭の使い方が、上手すぎる。

妹離れした、アレルヤ。
岬の魅力にようやく気がついたか?(笑)


最後の主役は、あゆみか。
野獣君と弟君、どっちを選ぶか。小宵のアドバイスは、スルーするとして(笑)
慧、リカ、名央のアドバイスがそれぞれに的確。
さらに、偽スザクも、カッパ君もなかなかに良いアドバイス。


あゆみの選択は、自分の最初の恋心に突っ走ることを決めました。それも恋だね。


全12話。良いアニメでしたねぇ。
魔法とかロボットとか出さなくても、ストレートに恋で話を作った方が面白いものができる良い例ですね~。





引用元:初恋限定。 第12話 「ハツコイリミテッド。」


初恋限定。 第1巻 (Amazon)

コメント (4)   トラックバック (3)

けいおん! 第13話 「冬の日!」

2009-06-27 | けいおん!
番外編の始まり始まり~。
澪、寒い時は、電熱スリッパとか履いたほうがいいよ~。
ムギは、ニーソックスにしてもいいと思うぞ。

季節は冬。
原作の手袋ネタ、ムギの体温ネタを持ってきました。
失望した!は、やっぱり「絶望した!」ネタに……って、ちょっと無理か(笑)

いつもは連んでいる、軽音部メンバー。
今回は、それぞれにいろいろとやることが。
唯は、鍋(ってこれはいつも通り)
マシュマロ鍋はともかく、チョコカレー鍋は、チョコの量さえ考えれば成立しますよ?(笑)

ムギは、バイト。
練習は上手くいきそうだけど、おっとりムギには、なかなか難しいところもあって。

あずにゃんは、猫を預かっている。猫同士、気が合うかどうか?
澪は作詞の旅に(笑)
律は何か、そわそわ……?。
それは、何気にラブレター風の手紙がポストに入っていたから。
前髪を降ろした君を見てみたい……その気になりますか、やっぱり(笑)

あずにゃんは同じ猫同士。シンクロ中(笑)
意外に伝染するんですよね、動きとか。特に欠伸とかね。
でも、いきなり2号が、吐き戻してしまって…。




澪は冬の海で。
寒いだけで歌詞が浮かばない澪。
いやー、景色を見るよりも、こういうシーンを見て、作詞しないといけないのでは?



こういうのとか………



こういうのとか………

これなら作詞もバッチリだ(笑)


そんな皆が困ったり悩んでいるタイミングで、唯からどうでもいいメールが(笑)
一番困っていたあずにゃんの家に。
単に毛玉吐く吐くだった(笑)

さらに、ムギのバイトの店で、皆で待ち合わせ。
結局、みんなで集まるわけだね。

そして、律のラブレター疑惑は、澪からの歌詞だった……が、律×澪派は、素直にラブレターと解釈していますね(笑)
私は……あずにゃん×澪とか、和×澪、ムギ×澪とかも好きなので、どれにしようか悩む(笑)

で、またいつもの軽音部に戻りました。
原作の体温ネタ、澪の手のサイズネタを持ってきた。

いつもの日常に戻って、〆。


というわけで、終了です。
百合期待で見てましたが、総じて、ほのぼの~として見てられました。
かなこクンが、良いアクセントで暴走してくれて面白いし。
ムギの百合妄想ネタは、かなり抑えられてしまっていたのがちょっと残念。
妄想の中のシーンを映像化しても良かったと思うのですが。
これを抑えてしまったので、ムギのキャラ付けが少し弱めになってしまったかなぁと。
日常シーンを描くことに重点を置いていたので、しょうがなくはありますが。

まあ、何にしても、澪総受けだし、平沢姉妹の、姉妹百合は確定だし。


引用元:けいおん! 第13話 「冬の日!」


K-ON! bru-ray 第1巻 (Amazon)
けいおん! 第1巻 まんがタイムKRコミックス (Amazon)
コメント (8)   トラックバック (4)

MC☆あくしず Vol.13

2009-06-26 | コミック
MC☆あくしず 2009年8月号 (Amazon)

出版不況と言われる中、季刊でありながら、地道に発行し続けられている、MC☆あくしず。
その明らかにニッチを狙った戦略は、かなり重要かと思われます。

そして、だんだん、リミッターが解除されつつあるような気が(笑)
最初の頃は、乳首はなんとか隠していましたが、今ではモロ出しは無いにしろ、透け透けならOKって感じに(笑)
いや、いいんですが(笑)

個人的には好きな絵師さんがけっこう描いているので、買ってます。



重戦車工房さんとか。
やっぱり、ビキニはサイド・タイですよねぇ(笑)
や、紐とかでも全然いいですけどね。

ピンナップで付いてくるストライク・ウィッチーズの版権絵。
今回は、坂本さん&ミーナ隊長。
ただ、やっぱり作画担当の方によって絵柄が違うんですよね……。
やはり、監督か、作画監督クラスの方でないと、微妙にニュアンスが違うのです。
版権絵はそのへんがむずかしいですね。時期的に、監督やメインスタッフは2期の準備中でしょうからしょうがないか。



MC☆あくしず 2009年8月号 (Amazon)
コメント

クイーンズブレイド 流浪の戦士 第1巻

2009-06-25 | アニメ
クイーンズブレイド 流浪の戦士 第1巻 [Blu-ray] (Amazon)



おっぱい好きによる、おっぱい好きのための、おっぱい全開なアニメ、それがクイーンズブレイド(笑)
無駄に豪華な声優陣も素晴らしいです。

ええ、私、おっぱい大好きですから、買っちゃいましたよ(笑)

まあ、基本的に、ストーリーは無いに等しく、絵コンテもイマイチ、せっかくの豪華声優陣も、どうにもアニメの動きとタイミングが微妙にずれてる?これは音響監督か編集か録音のあたりに問題ありか?

絵は無駄に綺麗ですので、まあ、私は割り切ってます(笑)

あと、OPの唄もダメですねぇ……。咲 -saki- のOPは、大変素晴らしいのです。ありがとう、橋本さん。

特典映像の、パラレルワールド学園ものは、そりゃもうサービスシーンのオンパレードです。
割り切りが素晴らしい。

で、ストーリー的に一番面白かったのは、Webにアップされているデジタル4コマ漫画フルボイスバージョン(笑)
いや、まじで、これが一番面白いですわ。


クイーンズブレイド 流浪の戦士 第1巻 [Blu-ray] (Amazon)
コメント (4)

リンケージ 倉田嘘:著  すばらしい百合漫画

2009-06-24 | 百合
リンケージ (Amazon)

百合漫画界の超新星、倉田嘘の作品集が出ました!

実は、かなり気に入っていてお薦めです。
作風が、地に足がついているというか、かなりリアリティがあります。
これは、たぶん作者の倉田さんが、社会人をちゃんと経験していることがあるのだろうと。
学生上がりでいきなり漫画家とかだと、実は、このあたりがフワフワしたままになってしまいがちなんですね。

たとえば、「正式書面」が描かれたカット。
これが、リアルに会社で使うような書面だったり(笑)
これは、社会人をちゃんと経験していないと、こうは作れない。
社印押してあるから(笑)

内容は、もう正統派百合です。しかも基本的に1対1で。

サービス精神もばっちりで、カバーを外すと、そこには、不思議の国のタコス……じゃなかった、ちゃんと本編の番外編が4コマとして描かれていたりします。


しかし、コミックス買うまで、倉田さんが女性だとばかり思っていた………SZo
あとがきに、応援してくれる「ヨメ」って書いてあったよ……。

………

あ!百合作家だから、「ヨメ」が居ても、倉田さん自身も女性でいいじゃないか(違)

リンケージ (Amazon)
コメント

アニメ・ギガ 名塚佳織

2009-06-23 | Weblog
NHK BSで放送しているアニメ・ギガ。
今回のゲストは、名塚さんでしたよ!

だが、しかし。
リーネちゃんは、まあしょうがない。NHKでは放送しにくいってもの分からなくはない。

が。

true tearsを華麗にスルーかね?

ナナリーも単なる過去の演じ歴で紹介されただけだし(笑)

まあ、エウレカは、やっぱり名塚さんにとって、エポック・メイキングな作品だからね。
名塚さんがあってこそのエウレカ。と監督が言っていたらしい。

とすれば。

名塚さんあってこその、湯浅比呂美

紹介して欲しかったなぁ。(比呂美の「私も見たかったなぁ」の調子で)


まあ、それはともかく、名塚さんのバイタリティが感じられた良い番組でした。
すげー、アクティブというか、行動派ですよね。
コメント (6)

アニメーション 咲 -saki- 第12話 「目醒め」 百合の花咲乱れ

2009-06-22 | 咲 -saki-
結論から言うと、部長、いい女過ぎ(笑)モテモテ過ぎるだろ!っていうか部長×キャプテン派、感涙。

キャプテンのインターミドル時代の想い出がインサート。
部長のあまりの強さに、キャプテン、つい、オッドアイを閉じるのを忘れてしまう。
部長に眼のことを気づかれ、つい、隠してしまうキャプテン。
でも部長は、

「貴方の右眼、綺麗ね」

「碧いサファイアは、紅いルビーと同じ素材の宝石なのよ」

謎かけだけ残して、去るなんて、なんて格好いいんだ。思わせぶり過ぎる(笑)
キャプテンは、部長が風越に来ると思っていたのですが、部長は入学してくることは無かったのです……。
以来、3年間の想い人になってしまいました。

さて、部長の謎かけはいろいろ解釈できて楽しい限り。
ここでは正当派の解釈ではなく、百合大好き~な妄想解釈を。

碧いサファイア、すなわち、ブルーサファイアの意味を考えてみましょう。
夫婦や、恋人との関係を良くするために効果のある石だそうですよ。ほほう?(笑)

「貞節な愛」を表すそうです。
邪悪なものから守る効果もあるらしい。

以上を総合すると、

部長、キャプテンのこと知りすぎ(笑)

恋人だの、貞節な愛だのって、もうプロポーズじゃん(笑)
そりゃ、キャプテンは3年間、待ちますよ。罪作りだなぁ、部長は。

それにしても、中学の二人は、スレンダーですね。特にキャプテンは華奢だなぁ。
今はかなりふくよかな胸になってますが。
部長は、ちょっと悪っぽい雰囲気もあって、育ちの良い娘が、憧れるタイプですよね。
何にしても、部長、格好良すぎ!


しかし、今は中堅戦の途中です。文堂さんが凹みまくってますから、自分の愛に突っ走るわけにはいかない。
途中の各校の控室。鶴賀のモモは相変わらず顔が隠されてますが、姿が少しステルスってませんでしたか?(笑)
半透明処理?

泣きそうになる文堂さんの背中に胸を当てて抱きしめる。
これじゃあ文堂さん、キャプテンのアドバイスを聞けれませんよ。ドキドキしちゃって。
で、何気に部長を視界に入れつつ、文堂さんに入れ知恵するキャプテン。

せっかく、部長のジェラシーを誘う作戦なのに、当の部長が「どこかで見たことあるんだよねぇ…」
こんなすっとこどっこいな部長だけど、キャプテンは絶対本気です。

一方、龍門淵控室。
あれだけ、真っ白になっていた透華。鎖娘の活躍に歓喜中。
そこへ、衣が登場。エトペンが壊れちゃってます。
そんなときは、黒執事。自ら「素敵滅法」と宣言しながら(笑)
で、ちゃんと黒執事を、衣につける透華。このあたりは、後々の演出に絡んできますね。

衣、ようやく和にエトペンを返還。
おっぱいおおきいって本人を前にして、あっさり言う(笑)
しかも、10日の羊ネタをちゃんとやってくれたし。

で、衣の目的である、和と友達になる……計画は、呼び出しアナウンスでかなわないことに。

控室に戻ってきた、和。
仮眠を咲ととっていたと知らされた京太郎。

えっちな行為の後の咲と和

を妄想。健全な男子なら、当然の反応です(笑)

さらに遠近法を効かせたバナナ。牛乳も。
部長のネタですが、実際、脳みそに聞くのは、バナナ、くるみ、あと1つ何かあった気がします。
将棋の対局でも、糖分の補給はかなり重要ですから。

さて、中堅戦の後半戦。
部長の強さに、皆、ベタオリすることが多くなってきました。
部長は悪待ちなので、ツモの確率は低いので、出あがりが少ないと、ちょっと困るが……。
そこに鎖娘リーチ。
部長は当たり牌の7索をツモるが、それを引き入れて、空テンリーチ。
みんな、部長がそんなふざけたリーチをしているとは思わないので、恐れをなし。
ワハハは、ベタオリしました。

結果として、鎖娘を上がらせないことに成功。
部長の思考回路は、鎖娘には理解できないようですが、でも、闘うのに不足のない相手、それが部長。

ここで、鎖娘と衣の初対局のシーンがインサート。
鎖娘が解放される条件は、衣と勝負して勝つこと。
当日は満月。白のワンピースが透け透けな透華。布が薄すぎます(笑)
私は、子供の頃に、夏の強い日差しで白ワンピースが透け透けなお姉さんに、ついフラフラと付いていってしまったことがあります(笑)

満月の衣と勝負しているわけですから、鎖娘も地獄を1度見てますね。

中堅戦終了。
部長、清澄を暫定1位に押し上げる活躍。
まこやタコスも、そりゃお出迎えに行きますよね。部長は頼りになる姉御です。
文堂さんも、キャプテン達に出迎えられてます。
キャプテンの視界に入る部長。やっぱり気になる。立場上、直接会いに行けないのが、どうにもこうにもですね。

透華に対局の報告に来た鎖娘。
鎖は卒業と言われた鎖娘、だけど、鎖はそのままでいいと言う。
透華付きのメイドだから。
しかも「勝ってね……透華……」
なんつー、ラブ・アピール!凄いプッシュですよ、鎖娘。
ヘタレな透華だけど、これは気合いが入るよね!
このカップルは、鎖娘×透華しか考えられませんね。

あれ、メイドの歩は、隆顕様目当てじゃなかったのか……っていうか気が多すぎ(笑)

いよいよ、副将戦。
ステルスモモも背中が映ります。まだ顔見せは無し。
マホ達も間に合った。和、出陣。
咲が寝まくっているので、和も今ひとつ気合いが入らない?

普段、どじっ娘で、運動神経が悪い咲ですが、リミッターが解除されると、恐ろしい能力を発揮。
この子は、どうやら孫悟飯と同じようですよ。

ギリギリ間に合った咲。県内に放映中のTVに、可愛いお尻をみせつつ

「原村さん、がんばって!」

和、いやが上にも気合いが入ります。

3ポイントを決めた三井寿のように(笑)


次回は、デジタルの申し子。のどっち降臨か?そして、モモは?



来週も



またみるんだじぇ~

引用元:咲 -saki- 第12話


咲 -Saki- 第5巻 (Amazon)

咲-Saki- DVD第2巻 初回限定版 (Amazon)
コメント (12)   トラックバック (8)

初恋限定。 第11話 「少年達の逃避行」

2009-06-21 | 初恋限定。
今回は、青春に悩める男子3人が主役?です(笑)
カッパ君は逃亡癖があったらしい。
まあ大体、男の子は、1回は逃亡するものだ(笑)私も小学生の時に逃亡したことがあるぞ。

弟君、偽スザク、それぞれには具体的にどうこうしなきゃってのがあるんだけど、カッパ君の場合は、

「もっと…なんつーか、…もっと…」

そう、なんだか分からないモヤモヤ感。それが青春だ。
ハチミツとクローバーでも、竹本君が、チャリンコで自分探しの旅に出たし。

…って、お前らも、自分探しの旅なのか(笑)
おいおい、だんだんノリがおかしくなってきたぞ。
私は、この3人の中で性格的に近いのは、弟君だなぁ。風呂は必要ですよ、ほんとに。

で、いきなり翌朝、チャリンコで旅に出ることに。

探さないでください…

それは探してくださいと同義(笑)

3人揃って出発…って、荷物の準備具合が、やっぱり三者三様。
さらにどこに行くかも、東って……まあ、そんなもんか(笑)

食料係は偽スザク……駄菓子か………。かんなぎと同じだな(笑)ビタミン不足になるぞ(笑)

学校では5人組が心配してる。リカの説が一番正しい(笑)
弟君の家に、様子を見に行くことに。

リカは慧の様子がおかしいことに気がついているけど、あえて何も言わないですね。
と、弟君の家から野獣君が!裸足でダッシュしてくる。
その手には、弟君の汚い字で家出の手紙。しかも、カッパと偽スザクのことまで(笑)

慧、カッパ君に電話しようとするけど、踏ん切りが付かない。あゆみが代わりに電話することに。
カッパ君の電話中に、町内会の放送が(笑)
そうそう、田舎は放送がやたらうるさいんだよね…。

っていうか、家出するのに、携帯持ってるって、現代っ子達は……。充電どうする気だか。

名央の機転で、3人組の居場所が分かって、あゆみは行動的。すぐにアクションを起こそうと。
でも、慧は、踏ん切れない。大キライ!発言が尾を引いている。
が、ここで、ジャンプ的展開。野獣君が良いことを言う。こんな良い野獣、ジャンプの中にしか居ないです(笑)

あゆみの視線が、野獣君をちょっとビックリって感じでいいですね。

女子5人組も、夕方から追いかけることに。
決意表明で良いシーンなのに、パンチラで台無しだぁ(笑)

そして、裏切り者のリカ(笑)こっちはカップル成立中だし。

慧、人を探しに行くのに、ヒールのある靴っていったい…(笑)


ここで、アレルヤと大魔王。弟君の家出の連絡だけど、野獣君が居るなら大丈夫。
お兄ちゃんとアレルヤ、こっちは、問題妹コンビに振り回されてる。
大魔王、アレルヤにその気がないって分かってしまうのがちょっと切ない。
あゆみ兄に話すのは、ちょっと自嘲気味な気分なんでしょうね。あゆみ兄は、これまた困ったタイミングで話を振られてしまう。
ダブルバインド状態だね。

電車で探している4人組。小宵は、面白そうだから付いてきたのか(笑)
って、名央は何で付いてきてるんだ?(笑)
名央は、偽スザクのこと、気がついてないだろうから、単にクラスメートを捜すってだけなのかな?

そんな車窓から見えるのはお約束的ジャンプ展開。

3人組は、
イノシシに追われてました(笑)

いや、田舎はマジで出るから、イノシシ。
あんな大群じゃないけど、1頭だけで十分破壊力あります。
普通乗用車なら、ぶつかれば大破しますよ。ほんと。


次回、温泉と、それぞれの想いの行方に決着?






引用元:初恋限定。 第11話 「少年達の逃避行」


初恋限定。 第1巻 (Amazon)

コメント (2)   トラックバック (1)

コミック百合姫S Vol.9 2009 SUMMER

2009-06-20 | 百合
コミック百合姫S Vol.9 2009 SUMMER (Amazon)

百合姫S、これだけ安定して百合作品を供給できる世の中になったのかと、感慨も一塩です。

さて、アニメ専門誌ではないにしても、百合姫という以上、百合アニメを紹介する義務がある本誌(笑)
ただスタッフさん、分かってやってるのか、分かってないのかという方が担当することが多いので、失笑を買うケースもままある。

だが、今月号の担当さんは、少し、分かっている人みたいでした。



ジューンブライドに絡めてきたか(笑)

キャプションもおおむね、間違ってない。
「…以来、和は咲から目が離せなくなり、やがて違う感情へと変化し…」

わかってるじゃないか(笑)
強いて言うなら、変化も何も、最初から咲大好きだけどね、和は(笑)

ただ、惜しむらくは、他校の百合カップルの紹介が、風越だけってのが。
もし咲 -saki- を読んでいる担当さんなら、龍門淵と、鶴賀を忘れないはず(笑)

それにしても、和×咲は王道なのでいいとして、pixivの、かじゅ×モモ(モモかじゅ)の多いこと(笑)
まだアニメ本編に登場していないのに。



http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=4797883

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=4781303

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=4588324

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=4509571

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=4481411

たとえば、こんな感じで…。アニメ本編で登場したらどうなるやら(笑)



コミック百合姫S Vol.9 2009 SUMMER (Amazon)
コメント (4)

けいおん! 第12話 「軽音!」

2009-06-19 | けいおん!
冒頭、おかしな蝶が飛んでいるあたり、誰かの脳内のようですよ?(笑)
律以外では、1人しか該当者は居ませんね。



ムギの眉毛ネタ、ここで持ってきたかぁ!
憂は、お姉ちゃんが「色んな意味で」心配です。
はい、チーンして~。憂、何ていい娘なんだ。ほんとに。甘やかしすぎ(笑)
それにしても、憂は絶対にモテモテさんのはずなんだが、姉馬鹿なために、全部スルーかな?



唯の熱は下がってません。
憂、お姉ちゃんから風邪を移して貰いたい。口移しで。
「大胆な娘…」あずにゃん、憂を舐めちゃいけませんぜ。この娘は、リミッターが外れたら、何でもやるよ、お姉ちゃん好きだから(笑)



律の風邪を貰った……だけじゃなかった。
かなこクンの衣装発表会で仕入れた、浴衣衣装をずっと着ていたせい。
個人的には、バニーもチャイナもいいなぁ。ライブは、これでやって欲しかったなりよ。

澪は、ちゃんとリスク管理の出来る子。
あずにゃんに、唯のパートを練習させておく。備えよ常に。お客様の前で演奏する以上、それは必要なことです。

翌日、放課後に唯が登場。
律やムギが心配するけど、適当な理由。
5人揃って練習、何か違和感。それも良い方の違和感が。
みんな唯がおかしいと。でも、あずにゃんがこれでいいじゃない!と。そう、上手くいっているのに、問題なし。

「そうそう、あずさちゃんの言う通りだよ~」

「律さんも紬さんも心配しすぎだよ~」

あれ?なに?
そこに、名探偵かなこクン登場!その変態の眼は、ただ者ではなかった!

唯ちゃんよりおっぱい大きいじゃない!

さすが天の妃卒業。
実は、靴を見ると、学年色でバレバレなんですけどね。

おっと、そこに風邪ひき唯も登場。鼻水垂れ流し。全然熱下がってません。
いいから、医者行って、注射して貰え(笑)
ムギにたくあんネタ言ってるし。

プロジェクトマネージャー澪は、リスク管理の観点から、唯に出勤停止を命じました(笑)
いや、正しい選択だぞ。だが、まず医者に行って、注射して貰えって(笑)


さあ、当日。もう時間がない。
進行係の和がやってきた。メンバーチェック。唯がいないけど、全員揃っていると嘘の申告。
和はやっぱりいい娘だなぁ。

和は、唯のなんたるかを知っている。
1つのことにハマったら、ひたすら熱中。浴槽いっぱいのザリガニ課長(笑)

かなこクン、そこにやってきた。空気を読んでないわけじゃない。
ちゃんと、唯に衣装を着せてました。
あずにゃん、心配してたから、涙が。唯、スキンシップ。唯は咲と同じで、天然の百合成分を持ってます。
だが、あずにゃんにチューは、ダメだった(笑)



あずにゃんの本命は澪だからね

さあ、メンバーが揃った。いよいよ出演!………だが、ギー太が無い!
かなこクンのDEATHギターを貸して貰うけど、やっぱり弾けない唯。さあどうする???

ステージ開始。

そこには、唯のかわりにかなこクンが入ってました。
かなこクンだって、顧問なんですから。リアル・放課後・ティータイムだし(笑)

唯はギー太を取りに自宅に帰る。

ここは、第1話と対の演出。
こける1話と踏ん張る今回。よそ見して、特に目的も無かった1話と、ライブのためにがんばる今回。
唯がちゃんと進歩した?ということが分かる演出です。

1曲終わったところで、唯到着!
こらこら、ステージ袖から登場しないとだめじゃないか(笑)
しかも、無理矢理登って。ストッキングだからOKなのか?澪はトラウマだぞ。

かなこクン、交代。

MCはやっぱり唯なんだな(笑)

目標は武道館。
「今居るこの講堂が、私たちの武道館です!」

だれが上手いこと言えと(笑)



唯の持ち歌は、「ふわふわ時間」。
例の、ボヘミアンではなく、ちゃんとした「ふわふわ時間」。一緒に歌ってるかなこクンも可愛いなぁ。
このバンド、アルフィーでいうなら、澪=櫻井、唯=高見沢ですね。
で、ここからの演出は心憎いなぁ。

終わったと思ったら、ムギがリードを始め、律や澪、あずにゃんが加わって、サビのパートを持ってきた!

バンドらしい、良い演出ですねぇ。


次回は、忘年会?新年会?





引用元:けいおん! 第12話 「軽音!」


K-ON! bru-ray 第1巻 (Amazon)
けいおん! 第1巻 まんがタイムKRコミックス (Amazon)
コメント (4)   トラックバック (8)

バスタード 第26巻 萩原一至:著

2009-06-18 | コミック
BASTARD 暗黒の破壊神 第26巻 (Amazon)

いかんせん、ペース遅すぎ(笑)
色々諸事情を知っていても、やっぱり遅すぎ(笑)
月刊掲載なのに休載バリバリでは、最近の読者は付いてこないですよん。
私ももうストーリー忘れてるし。

さすがに、地獄編に戻るようですが、ほんと、ポルノ・ディアノ様の大活躍とか、期待していますよ。まじで。

あと、絵柄の変遷は、漫画家さんの宿命ですが、地獄編の頃のタッチに戻せるかどうか?
戻らないと、せっかく蓄積してきた、いろんな未掲載パーツが、結局、お蔵入りという、無駄なことに(笑)


BASTARD 暗黒の破壊神 第26巻 (Amazon)
コメント

バンパイアハンターD 第3巻 妖殺行 原作:菊地 秀行 作画:鷹木 骰子

2009-06-17 | コミック
バンパイアハンターD 第3巻 妖殺行 (Amazon)

吸血鬼ものといえば、「バンパイアハンターD」シリーズ。
その中の最高傑作といえば、この「妖殺行」でしょうね。間違いなく。

これは、そのコミカライズなわけですが、いかんせん、濃密なストーリーを1冊に押し込めているために、やはり、原作を知らないと?ってなる部分があるかと思います。
そんな時は、劇場版DVDを見て、イメージを補完しておくと、愉しめるかと。

個人的には、原作通りではなく、ラスト、マイエルリンクとシャーロットに何らかの救いを与えても良かったかなぁとも思います。が、このコミックスシリーズは原作に忠実である前提なので、そうもいかないか……。

劇場版は、このあたりが、少し救いがあって、良かったなぁと思ったり。

ライトノベルズが流行するのは全然かまいませんが、たまにはこういう感じのを読んでみるのも良いかと思いますよ。
(かくいう私はライトノベルズ、全然読んでませんが(笑))



バンパイアハンターD 第3巻 妖殺行 (Amazon)
バンパイアハンターD 第1巻 (Amazon)
コメント

アンニョン!~we are peanuts~ 第2巻 Tiv:著

2009-06-16 | コミック
アンニョン!~we are peanuts~ 第2巻 (Amazon)

アンニョンの第2巻です。
第1巻から、百合っぽい展開があるといいなぁと思っていたのですが、結局特に大きなイベントが無いまま、完結しちゃいました(苦笑)

この表紙のイラストに有るとおり、ミンジが意外に巨乳だとか、そういう設定を活かすイベントが無い(笑)

スクールライフを描写するのはいいとして、やっぱりこう、ねぇ。あるじゃないですか。
女の子同士で、いちゃいちゃするとかさぁ(笑)

Tivさんの意向なのか、編集さんの意向なのか、結局そういう展開は無かったのが悔やまれる……。

キャラクターも可愛いし、丁寧な作りも好感が持てる。
だからこそ、もう一歩、デンジャラスゾーンに飛び込んでもいいと思うんだ(笑)





アンニョン!~we are peanuts~ 第2巻 (Amazon)
コメント