おかるとのヲタク日記

咲 -saki-、ラブライカ、百合、true tears、かなふみ、ガルパン

true tears 第13話 「君の涙を」 そして比呂美にありがとう

2008-03-30 | true tears
ここまで、心奪われるアニメになるとは、自分でも予想できなかったtrue tears。
そして、グラハム・エーカー言うところの「君の存在に心奪われた男だ!!」だよ、君=湯浅比呂美。
もう、この一週間、はっきり言って、仕事なんか上の空さ。
気になることは、比呂美、比呂美、比呂美……どうなってしまうんだよ…たのむよ…。睡眠時間も減りました(笑)
まさに、ロスタイムなのに、0対1で負けてるような感じ。

でもね、今は何か、不思議と、平穏な気持ちになっている…
本当に嬉しいことがあると、人は呆然となにか腑抜けたようになってしまうのですね。

最初に書いて良いのかわからないけど、まずは、これを書かずにはいられない。

比呂美、良かったね…

比呂美、良かったね!!


それでは、true tears最終回レビューです。

冒頭、病院の屋上での、乃絵の兄ちゃんと眞一郎のシーンから。OP無しでいきなり始まります。
雪のおかげで、乃絵は脚の骨折で済みました。
本来、謝る必要はないのですが、眞一郎は謝ります。しかし、乃絵の兄ちゃん、そこはスルーして、
乃絵が泣けないのは何故だ?
と眞一郎に聞きます。「自己暗示?」と答える眞一郎に対して、「それだけか?」と。
そして、「俺はお前を許せない」と。

これは、まず、乃絵の心を奪った眞一郎への嫉妬がありますよね。そして眞一郎が乃絵に対して抱いている好きは、比呂美への好きとは違うことにたぶん、気づいている?

病室に戻ると乃絵は起きてました。
兄ちゃんに謝る乃絵。ここでは、乃絵は、兄ちゃんの策略で眞一郎は乃絵と付き合い、そして比呂美と兄ちゃんが付き合っていたことを知っていますね。話したのかな?
そして、そのことを知らなかったために、兄ちゃんを傷つけたことを謝ります。知らないことは罪と。

翌日、街で偶然乃絵の兄ちゃんと比呂美は出会います。
比呂美が「私のせい」と。乃絵の兄ちゃんの「みんながみんな、自分のせいだと思っていれば世話無いな」と。

この台詞で、眞一郎も比呂美も、そして乃絵の兄ちゃん自身も、みんながみんな自分のせいで乃絵が怪我したと思っていることがわかるし、そして、実は誰も悪くないこともわかりますね。

乃絵の兄ちゃんの優しさ。比呂美の髪が風になびきます…

そして、乃絵の兄ちゃんのカッコイイ台詞が連発します。比呂美に対して、

「(乃絵の怪我の件について比呂美は)関係ない」
「これっぽっちも、お前(比呂美)のことが好きじゃなかった」

物言いとしては、キツイ表現で、優しさの欠片も無いような感じですが、実は、乃絵の兄ちゃんの優しさが出てる気がします。
ここまでハッキリ言うことで、比呂美を解放してあげてますよね。2話前で、「それは困る」と言っていたけど、比呂美の
「あなたが好きなのは私じゃない」
で、自分の気持ち(=乃絵が好き)に気づいたので、比呂美を自由にしてあげた。
後は「早く眞一郎としっかりしろよ」的な意味もありそうだし、単に兄ちゃんのプライドもありそう(笑)

学校では、眞一郎の踊りが評判に。
そして、眞一郎に「学校の帰りにうちに来て」と告げる比呂美。
しかも表情が硬いため、いつも冷やかし担当の三代吉も「おいっ!」と焦る。当然眞一郎も何かあると気がついているはず。

眞一郎に部屋に来てと言う比呂美。比呂美の表情にはある決意が…

放課後、比呂美のアパートに来るも、階段のところにいたネコと戯れる眞一郎。
普通なら、すいすい行くところを、ここで何かありそうでちょっと怖いと思ってますね?
そんな眞一郎に、早く来てと言う比呂美。完全に比呂美には何か強い想いが見て取れます。
しっかり、ミニケーキも用意していた比呂美。準備万端だ。

眞一郎のカップでコーヒーを飲む比呂美。そして「いいよ…」の一言が…

そして、カップは一つ割ってしまったと(たぶん嘘)、1つしかないカップでコーヒーを飲む比呂美。

比呂美は何してもエロいから困る(笑)

そして、次の比呂美の台詞。

いいよ……

男なら一度は言われてみたい台詞。でもね、比呂美のことを大切に想っている眞一郎は、がっついたりしませんよ。まあ、ヘタレでもあるんですが…(笑)

「いいって、…何がだよ…」
「どうしたんだよ…、お前、少し変だぞ…」

君の行動が比呂美を追い込んでるんだよ眞一郎君(苦笑)

まあ、朴念仁の眞一郎にはわからないのか。でも、それを言われてハッとする比呂美。

眞一郎が自分のことを好きでいてくれることを理解した比呂美

「嫌いにならないで…」
「嘘…」
「なってないよ!」

ここで、何言ってるんだ的に惚けた感じの眞一郎を見て、眞一郎の気持ち(=比呂美が好き)を理解した比呂美。

落ち着いた比呂美、眞一郎を帰します。
乃絵に言われた「(比呂美の)涙、綺麗よ」を否定する比呂美。
どんどん嫌な子になっていくと。でもね、私は、

そんな比呂美が大好きです

悩んだときは、躰を動かしたい。制服でシュートする比呂美。朋与の「見えてますよ」発言も気にしない。
(注)ここでフローリングに写り込む比呂美に着目すると、朋与の台詞の意味がわかります(笑


悩んだときは躰を動かす比呂美。吹っ切れた…

ここで、シュートが入る描写で、比呂美の気持ちがすっきりした感じになっていることがわかりますね。

出版社から電話のあった眞一郎。また、作品送ってこいと。
そして、いきなり父親に「どんなときに泣く?」と聞く眞一郎。それは答えにくい質問だ。
「心が震えた時…かな?」藤原さん、ナイス父親役(笑)
新聞でちょっと顔を隠しながら言う細かい演出。

その後、比呂美が訪ねてきます。母親とも和解している比呂美。母親、子離れ(=眞一郎離れ)できたね。

比呂美が来たのは、自分のした行動を反省して。
そして、自分の気持ちをハッキリ告げる。あなたのことが好きだったから。
一瞬、眞一郎がデレるのがわかる(笑)
そして、乃絵とのことをハッキリさせてほしい、もし眞一郎が乃絵を選ぶのなら受け入れるからと。

自分の気持ちを素直に表現し、眞一郎に決断を促します。

それに対しての眞一郎は
「比呂美はかっこわるくなんか無いよ…カッコイイよ」
これは、いままで何となく流されてきたりしていた自分と、乃絵の兄ちゃんにもハッキリ言う、自分で行動している比呂美を比べて、素直に出た台詞ですね。

でも、比呂美は、いきなり

バスケットマンですから(違)

ここでのやりとりで、この二人がもう気持ちが通じ合っていることが暗示されてます。
そして、夜、比呂美のところにシチューを食べにいくと約束する眞一郎。

食べるのはシチューだけか?(笑)

そんなやりとりをちょっと寂しげに聞く眞一郎の母親。やっぱり一人息子が取られてしまうのは、ちょっと寂しいよね。
溺愛したっぽいしね。それがシリーズ前半の、比呂美への意地悪の要因の一つだったろうし。

比呂美のアパートを訪れる眞一郎の母親。
ここで、一言だけ、「待つのって、…体力いるのよね…」
それ以外には何も言わないけど、眞一郎をまかせるということですよね。子離れした。

比呂美を認め、さらに比呂美と昔の自分を重ね合わせる眞一郎の母

そして、たぶん、本編では一切語られていない、湯浅夫妻と過去にあったことを重ね合わせているのかも知れないですね。

その後、柔軟体操をしている比呂美。なぜに開脚?
そして、繰り返しますが、

比呂美は何してもエロいから困る(笑)


眞一郎、乃絵とのことをハッキリさせに病院へ。
乃絵は、だだっ子のような態度。この時の乃絵は、自分が嫌になっていて自暴自棄になってるのかな。
眞一郎への態度も八つ当たり的?でも、乃絵が地べたを飛ばそうとしていたことを見ていた眞一郎のことを知った瞬間、素直な乃絵に戻ります。

成り行きで絵本を捨てることになった眞一郎。
絵本を1つずつ、紙飛行機にして飛ばしてる。そして、そこへ乃絵が。紙飛行機を取ろうとしてる。

バス停で暖を取る乃絵と眞一郎。
紙飛行機にした絵本を1つ1つ見ます。最後の1枚が見つからない。

そして、乃絵に自分の気持ちを告げる眞一郎。
比呂美への好きと、乃絵への好きは違っているんですね。
眞一郎がアブラムシの唄を歌う。「眞一郎の心の底にも…湯浅比呂美」

乃絵とのことに決着をつけた眞一郎は、比呂美の部屋に。でも、比呂美がいない。
(ここ、カギの描写はしょってますけど、眞一郎は合鍵持っているはずなので、合鍵で開けたということで。もし、開けっ放しだったら比呂美、不用心過ぎますね)

そして、いつもの竹林のところで比呂美を見つける眞一郎。

そして13話で、初めて比呂美に「付き合おう」という。
そして、「君の涙を…」の君は、比呂美だった。最初の絵本に戻ったわけですね。


クライマックス。比呂美の天の邪鬼。でもそこが可愛い。

ここのやりとり。
「付き合おう」
「……いや」
「付き合おう!」
「……いや!!」
ここで12話までの眞一郎なら、ちょっと怯んだかもしれないですね。でも今の眞一郎は違います。
「お前にはいつでも見てもらえる。これからはずっと、隣にいるんだし。」
「ずっと……隣にって…何それ。プロポーズみたい…まだ、付き合うのOKしたわけでもないのに…」

true tearsを見続けてた人には、もう比呂美の心情は分かりますよね。
彼女は本当に好きな人には、なぜか天の邪鬼な返事をしてしまうのです。

この「何それ」も、第5話の「何それ」とはニュアンスが全く違ってます。素晴らしき名塚Voice。
比呂美、素直じゃないところも可愛いね。


~ 春 ~

乃絵は登校のシーンでクラスメートと仲良くなってることが暗示されます。
比呂美はバスケに頑張ってる。眞一郎も授業中内職(笑)
眞一郎の父親は、酒屋の跡継ぎを、でっちどんにするようですよ。
愛ちゃんと三代吉はうまくいっているみたい。

エンディング。それぞれの…

そして、眞一郎が石で作ってくれた「乃絵が好きだ」は、雪解けとともに壊れてしまっているけど、でも、それを見る乃絵の表情は明るい。

~ ☆ ~ ☆ ~


最終回だったわけですが、今はまだとても総括できません(苦笑)
眞一郎の好きは、比呂美に対しては「異性への好き」であり、乃絵への好きは「同士への好き」で、同じ好きでも違っていました。そして、どちらも「好き」なのは変わりないなかで、どちらかを選択しろというのは、大変なことですね。

乃絵にとってのtrue tearsは、自分が流すことではなくて、大切な人たちが流す涙をもらう形になりました。
これは、今は自分で流さなくても、これから将来、自分が涙を流すことになるぞ、という未来志向の終わり方と言えるんじゃないかと思います。

そして、もう、true tearsを来週からみれないのかと思うとちょっと寂しい。
P.A.Worksの皆さん、声優さん、スタッフの皆さんに本当にありがとうといいたいです。2008年最高のアニメだと思います。いや、2008年だけじゃなく、日本が誇っていいアニメだと思います。


true tearsを考察する上で参考になる、すぐれたblogは以下の通りです。

あにめどりる
A-MIX

【4月2日追加】
美・斬亭~第二楽章



true tears vol.1 (Amazon)true tears vol.2 (Amazon)

true tears vol.1 (Amazon)
true tears vol.2 (Amazon)

コメント   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« スカイガールズ DVD Vol.6 | トップ | true tears 最終回考察をつら... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

true tears」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

true tears 第13話(最終回) 「君の涙を」 感想-比呂美派、乃絵派お疲れ様でした (続・たてまつやんの戦闘記)
第13話キャプ付き感想です。 今期No1の称号は重すぎたかな? 期待が大きすぎたんだと思います。 そういうことにしましょうwww ...
truetears第13話「君の涙を」を見て… (A-MIX)
思いっきりネタバレです。 true tears視聴前...
true tears 第13話「君の涙を」 (SeRa@らくblog)
祭の後…。 眞一郎は乃絵のことを純に謝り。 純は比呂美に好きでなかったと告げる。 そして比呂美は眞一郎を部屋に呼ぶ…。 嫌いにならな...
true tears 第13話 「君の涙を」(最終話) (Shooting Stars☆)
【あらすじ】 理解される喜びも、信じられる喜びも、愛される喜びも、人との係わりの中でしか得られない。 恋はドラスティックに人の...
true tears 第13話 「君の涙を」 (ふぇあ へぶん。→stoicでいこう)
true tears最終話「君の涙を」、誰か俺に涙を拭わせてくれ…(号泣。・゜・(ノ∀`)・゜・。 “雷轟丸”とつけた紙ヒコーキ 二人でよく飛ばしたね~。絵本の結末と同じく、確かにニワトリは紙飛行機となることで空は飛べました。(実際には捨ててるんだけどw ...
(アニメ感想) true tears 第13話 「君の涙を」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
true tears vol.3 理解される喜びも、信じられる喜びも、愛される喜びも、人との係わりの中でしか得られない。恋はドラスティックに人の内面を曝け出す。真の自分を知った彼らは、招く結果に関わらず、もう一度大切な人と真っ直ぐに向き合うことを選ぶ。一度は雪で覆わ...
true tears 第13話 「君の涙を」 (KTN:神奈川辺境交通)
急に態度を一変した眞一郎オカン。 過去の自分を、現在の比呂美に重ねたと云ったところでしょうか。 「コン○ームは用意したの?」 と、鰤大根を持って行くフリして、実はコ○ドーム持って行ったと邪推 していますが、あの鰤大根には、如何なる意味が?
true tears 最終回「君の涙を」 (アニメ-スキ日記)
true tears 最終回です。 本当によかった[E:heart] 比呂美EN
true tears 第13話 「君の涙を」 (日常と紙一重のせかい)
公式よりあらすじ。 理解される喜びも、信じられる喜びも、愛される喜びも、人との係わりの中でしか得られない。恋はドラスティックに人の...
true tears 第13話 「君の涙を」 (紅蓮の煌き )
true tears vol.3(2008/05/23)石井真、高垣彩陽 他商品詳細を見る true tears 第13話(最終回)キャプ感想です。 眞一郎の選択は――――――
アニメ「true tears」最終話。 (渡り鳥ロディ(旧ぎんいろ))
最終話「君の涙を」 君の涙を僕は拭いたいと思う。今の僕にはそれができる。 と、言う事で眞一郎が選んだのはやはり比呂美でした。どうな...
true tears 第13話「君の涙を」 (月の満ち欠け)
最終回。眞一郎の選んだ相手とは…? 「本当の涙」をテーマとした今作、泣いても笑っても最後です。 ゲームとは大分違うのかなぁと気になりますね^^
true tears 第13話(終) (ニコパクブログ1号館)
第13話『君の涙を』 最終回いってみよう!! そういえば、前回乃絵が木から飛んだんでしたね。 どうやら、雪がクッションになったようで、骨折だけで済んだそうです。 大きな怪我でなくて良かったです。 まぁ、骨折も十分大きな怪我なんですが。 最後は、比呂美エン...
true tears 第13話 最終回 「君の涙を」 (独り言の日記)
JUGEMテーマ:漫画/アニメ      乃絵か比呂美。  どちらかをちゃんと選ばないといけないと決めた眞一郎だが、果たして誰を選ぶ結果になったのか?     全てのいざござも決着するのか?    今回、最終回です。http://lapislazurirose.blo...
true tears 第13話「君の涙を」 開始間もないボケにいつツッコむのかと見てたら (裏オタク)
true tears 第13話「君の涙を」 あぶらむしを再評価したアニメ終結 心残りはあるけれど、それぞれ収まるところに収まった