“坂の上の雲”

登っていく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が
輝いていてもいなくても、また坂を登っていきます。

20/10/10『オプタテシケ山~美瑛冨士』

2020-10-10 | 3東・北大雪、十勝連峰の山

10月2週目の登山は、冠雪の十勝連峰「オプタテシケ山(2,013m)」から

美瑛冨士(1,888m)」を巡ってきました

本日、一番の絶景(オプタテシケ山頂上直下より表大雪を望む)

雲がかかっているものの稜線が明確な朝の十勝連峰[7:10]

夏山登山としては今年最後に登っておきたいとやってきたのは十勝連峰です

今週末、より天気の予報が良いのは大雪山系で、愛山渓温泉から登る安足間岳あたりも良いかな?と

考えたけれど、遠いことと積雪の状況を考えて「オプタテシケ山」を選びました

びえいマラソンコースから望む冠雪の「美瑛岳」

■7:35 涸沢林道 登山口

涸沢林道入口のゲートは(いつの頃からか?)鍵がかけられていない状態です。

林道とはいっても登山口までの距離はわずかで、舗装されているので車が汚れないのがgood

今日は先行車両2台に、今着いたばかりという沢屋さんの車両の3台のみ。

もう雪が降るこの時期にこのコースに分け入る登山者はそういません。

本州では珍しくもない登山道風景だけど、この庭園風がToshiは好きです

そしてお約束の庭園こちらも趣があってよい

やはり表大雪はよさげな天気ということで間違いなさそう

これから向かうオプタテシケ山もこの時刻雲はなし

期待の持てるアプローチだったけど・・・

9:20 美瑛富士避難小屋

ガスの心配がなさそうだったのは避難小屋あたりまで・・

石垣山への登りの途中で見返す美瑛岳には雲がかかりだし・・

石垣山から先では、ほとんど上空はガス

お花畑の紅葉も間もなく雪の下に・・

■9:55 ベベツ岳(1,860m)

ベベツ岳には標識もなく、報われない山ベスト3の座を固めています

と、

ベベツ岳までの所要時間が前回オプタテまでの登りの時間よりも詰まっているので、

ここに来てエンジン全開、息も上がります

息も上がるけど、寒いので汗もそれほどかかない分鼻水が落ちます

が、

風がそれほどないので、この時期にしては気温は高いほうでしょう

といっても頂上直下はこの景色なので、

アウターだけは着込んでいます。

10:35 オプタテシケ山(2012.7m)

ご覧のように東の様子がうかがえません。

カメラのバッテリーは最近寒さにめっきりと弱くなり、

タイマーを使おうとすると電池が切れてしまって、結局、記念写真がうまく撮れていませんでした。

旭岳周辺は望めるもののトムラウシ山までの縦走路が望めない

下界の様子もとぎれとぎれ・・

■10:50 下山

三脚立ててガスが抜けるのを待ちながらの山頂わずか15分ですっかりと

体が冷えてしまいました

石垣山の手前で追い越したお3名はまだ頂上にやってきませんが、果たして

この後の時間では視界が開けてくるでしょうか

相変わらずすっきりとガスが抜けない縦走路

■12:00~12:25 石垣山~美瑛富士間のコル(1,667m) 昼食

下りの石垣山から避難小屋を見下ろす地点で美瑛富士はガスの中・・・

ところが、短い昼食時間でラーメンをすすった後、

再び現われました美瑛冨士

今日はこのまま下山しようと思っていたところ、再びゼンマイを巻きなおして

美瑛富士に向かうことにしました

避難小屋の下に望む美瑛の町も天気よさげじゃん

美瑛岳⇒美瑛富士分岐地点

あれれ、上空またガスってくるし..

■13:00 美瑛富士(1,888m)

結局、諦めポーズの美瑛富士でした

■13:10 下山

美瑛富士からは前回同様に北斜面を降らせていただきました。

途中、雪の被ったハイ松がズボズボしましたが、登山道合流地点まで25分の

ショートカット

見納めのオプタテシケ山

登り納めの2020コロナ下十勝連峰(秋)

落葉の登山道、またアフターコロナでやって来ます

14:50 登山口

下山後、白金温泉に浸かろうと考えていましたが、ホテルに宿泊の車の

多いこと多いこと

GoToで繰り出している週末観光客が多すぎて車が止められないため、

お風呂はいつものハイランドふらのに入浴して帰りました

とさっ

来週は、万編山の会で道央、道南のまだ残っていそうな紅葉狩り登山を企てていま~す

どうなることか~


コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20/10/04『天塩岳』 | トップ | 20/10/18『ニセコアンヌプリ(... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう、まっちろけ? (★たぐぴ〜♪)
2020-10-12 01:27:17
 
トシクン、お疲れさん♪

北海道の山の頂きは、もうあげん真っ白けばいねぇ。
紅葉も良か具合に染まりつつあるし、
ガスの無かったら気持ちよかったろうて思うばい。

庭園の地面の上にはみ出しとる木の根ば見たら、
先日引っかかってコケたこつば思い出したばい。
しばらくトラウマやね・・

トシクンくらいのベテランランナーになったら
あげなもんはひょいひょいひょーいって
避けて行きなはるやろうばってん、
普段ゆるゆるのウォーキングしかしとらん爺いは
軽いジョギングでも必死ばい

というわけで、今週もありがとさんでした♪
次回もよろしゅう頼どきま〜〜す!


段差注意! (Toshi)
2020-10-12 21:16:09
★たぐぴ〜♪さん

歳を重ねることで衰える人間の能力の1番は、視力ではないでしょうか?
それも動体視力で、注視する物体が動いておらずとも、自分が動いている状態であれば
視ているものが揺れますから、結果的に足を引っかけて転ぶことになります。
わずかな段差で足がかかるのは動体視力の外、足上げのときにつかう筋力の低下ですね。

いずれにしても、転んでただで起きられなければすぐに入院生活で、このコロナ禍に
おいては面会謝絶、見舞ってももらえません。

ま、★たぐぴ〜♪さんなら見舞客ゼロでも美人の看護師さんが寄り付いてきて「退院したく
ない症候群」の方が心配になりましょう。

来週以降も宜しくお願いしま~す

コメントを投稿

3東・北大雪、十勝連峰の山」カテゴリの最新記事