“坂の上の雲”

登っていく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が
輝いていてもいなくても、また坂を登っていきます。

19/06/15『塩谷丸山』

2019-06-15 | 山行報告

6月、夏至がいよいよ一週間後・・という土曜日は、札幌のお隣..小樽の山「塩谷丸山(629m)」に登って来ました

 

薄曇りで視界良好眺める先は余市、積丹半島だっ

 

週末の予報があまり良くない方に傾きました。

明日日曜日は雨..というより“大雨”予報なので登山を今日土曜日にしました。

で、その土曜日の予報もあまりぱっとせず、少し晴れ間が期待できそうな積丹半島を目指そうと家を出ましたが...

札幌市内はどんよりとした低い雲が覆っているので、もうその時点で気分が乗りません

 

ま、年間52週山に登っているとこんな日は度々あるわけで、積丹半島まで行くか行かないかは走りながら思案することに..

これも天気予報通りで、小樽に入りかけると空の曇が少し薄くなってきたものの、ガスって“どこの山に登っても景色が変わらない状態”は回避して積丹岳まで走るのは止めました。

結局、立派な高速道路が繋がった後志自動車道塩谷インター近くの「塩谷丸山」に変更です。

 

6:25 高速下駐車スペース

 

立派な駐車スペースから登山口までの景色だけを観ると大きく変貌しましたね

 

相変わらず小樽市民憩いの山なのでしょう。

この日も2台ほど先行車がありましたがこの時刻、まだ頂上で混み合うことはありませんでした。

 

鬱蒼となりかけの広葉樹林を抜けると頂上まであと少しの(乾いた)丸山登山道

 

暫くまとまった雨が降っていないせいかズボンの裾が汚れる場所が無いのがイイ

 

7:15 頂上 (羊蹄山~ニセコ連峰も正面に..)

 

2年ぶりの塩谷丸山頂上までは距離僅か2.7kmなのであっと言う間です。

でも、

Toshiの背中にザックの汗の跡、..ということで一気の標高差はよいトレーニング

 

お社から眺める積丹半島・・(まで行って登っていたら)さて午前中であれば視界が効いていたかな?

 

余市を越えると眺められるのは切り立った断崖ばかり・・

 

祠には手を合わせる(錨が祀ってある。小樽だけに恐らく海の神様でありましょう)

 

この先「遠藤山」から「天狗岳」への縦走路へ

 

こっちは小樽の港だよ~ん

 

天気がぱっとしないときだけ登っているようですみません。

が、また来ます

 

7:50 下山

 

■8:30 高速下駐車スペース

 

ということで週一登山としては2週続けてちょっと物足りないですが、今回は良いネタを1つ

それは日清の“カレーメシ”が進化しているというネタです

 

7:30だから昼ではなく朝のご飯として頂きました“カレーメシ”

 

実はToshi、大のカレー好きで、登山の時はラーメンも良いですがカレーが食べたいといつも考えていました。

ところが本格的なカレーライスを山の頂上で食べるのはちょっと無理

 

と、考えていたところに日清さんがカレーメシを出してくれましたが、以前のカレーメシは「レンジでチン」でした(またはコッヘルでぐつぐつ)。

ところが最近お店で手に取ったカレーメシは、いつからなのか分かりませんが、お湯をかけて5分に切り替わっていました。

これはイイ

 

ということで作ったカレーメシに箸はないだろうね

 

いやいや、箸でも別にいいよ

何故かって言うと、箸は混ぜるのに使うだけ...

後はカップに口を付けて啜るだけでOKさっ

 

とろ~り感が山ではちょうどよく、カロリーも500kcal弱あってエネルギーチャージとしてもバッチリ

 

加えて、

日清食品は先ごろカップヌードルのカップをプラ(スチレン)から植物由来の環境プラに切り替えますって新聞で宣言したようだけれど、このカレーメシの容器はもうしっかりと紙で出来ているではありませんか

全国で食べられているカップヌードルの容器がすべてプラから紙になったら環境にもエエデーー

 

それでは、また来週

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 16/06/09『美瑛ハーフマラソ... | トップ | Asakoちゃん作品:地下歩行空... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カレーなる登山者♪ (★たぐぴ〜♪)
2019-06-15 22:05:03
 
博多も今日は半日雨やったばい。

トシクンが美味しそうなカレーメシを食べよる間、
オイラは先輩OGの「葦ペン彩画展」に行ってきたばい。

3年くらい前に65才で退職しなはったSさんとは
所属チームが違っとったけん、仕事での絡みは
ほとんどなかったとばってん、
何故かいつも社員食堂で昼飯ば一緒に食べよりました。

大体いつもオイラが聞き役で、
Sさんがほとんど喋りよんしゃったとばってん、
話題に関係なく居心地のよか時間ば共有できた人は
Sさんくらいしかおらんかったですばい。

Sさんにもオイラのあのくだらん企画
「プロフ写真選抜総選挙」にメールで参加してもろうとります。
実は奧さんにも投票してもらいよるとですが、
今日ギャラリーで初めて奧さんと顔ば合わせた時に
「あれ、いつも楽しみにしてます」て言われて
なぁんともむず痒い気持ちになったばい。
(恥ずかしかぁ・・・)

あ、山と全然関係なか話ばしてしもた・・
たまにはよかでっしょ?

トシクン、
北海道に行ったら一緒にカレーば食べようかね。
オイラの密かな楽しみばい♪


加齢なる登山者!! (Toshi)
2019-06-16 08:21:53
★たぐぴ~♪さん

たぐぴ~さんの御先輩Sさんの水彩画よいですね
何気ない町、人、自然の風景を切り取って絵筆をとる趣味をToshiも定年後は出来るかな?なんて思っています。
実は高校生の時、美術の先生(女性)に絵を褒められて「Toshi君、本格的に勉強してみたら?」
と言われてその気になった時期がありました。
自分が描いて楽しいと思えるスケッチぐらいなら今すぐでも始められそうですが、“そこで立ち止まる”
という時間の過ごし方ができないうちはちょっと無理ですよね(笑)

この日も頂上でカレーメシを食べて過ごした時間35分は計ったようにいつもと同じ・・・
これは高校よりももっと昔、小学校低学年でお世話になった先生(女性)の話してくれたこと、
「Toshi君、もっと落ち着きなさい」

カレー食べて加齢になっても三つ子の魂は100までかなぁ~

コメントを投稿

山行報告」カテゴリの最新記事