かがやけ!!おびっこ~認定こども園 帯山幼稚園ブログ~

園の出来事や行事、子ども達の育ちあいの様子を、簡単な日記形式で記す。

鏡開き・ぜんざい会《年長児・年中児・年少児》~今年1年の無病息災を祈って~(平成29年度)

2018-02-04 | 園生活

1/11(木)は鏡開き。お正月にお供えした鏡もちを割って食べ、1年の無病息災をお祈りする伝統行事です。

帯山幼稚園でも、1/11~1/16にかけて各クラスごとに鏡もちを割ってぜんざい会を行い、子ども達と一緒に1年の健康をお祈りしました。職員室で、小さく切ったお餅を焼き始め30分ほど経つと、「ぷ~ん」とお餅の香ばしい香りが漂います。早速、焼き上がったお餅が各クラスに運ばれ、ぜんざい会の準備。はじめに、先生から鏡もちや鏡開きの意味についてのお話があり、子ども達もうなづきながら聞き入っていました。先生方が、コップにつぎ分けていくと、子ども達もその様子を楽しみに待つ姿が見られていました。コップにぜんざいを注いでもらうと、鼻を近づけて「いいにおい!」とお友達と顔を見合わせる姿も。全員の分が揃ったところで、手を合わせて「いただきます!」の挨拶をし、子ども達が一斉にコップにつがれたぜんざいを食べ始めます。お汁から食べる子、お餅から食べる子など食べ方はまちまちですが、お部屋には「先生、あま~い!」「おいし~い!」「あったかいね~」「先生、おもちが入ってたよ!」「つぶつぶ(あずき)が入ってたよ!」「ほっぺがとろけちゃいそうだよ~」など、様々な声があちこちから上がっていました。もくもくと食べる中、早速、おかわりを催促する子も次々と出てきます。みるみるうちにぜんざいはなくなり完食。「これで、今年は病気にならないね!あ~おいしかった!」と、子ども達も満足そうな表情を浮かべていました。中には、ちょっぴりあんこの”おひげ”を付けていた子どももいたようです。子ども達のにこやかな表情や笑顔が、きっとこの1年を幸せにしてくれることと思います。

《きぐみ(年長児)》

     

《あお組(年中児)》

                                                                          

《もも組(年少児)》

                                                                                                                    

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 保育参観《表現あそび発表会... | トップ | 鏡開き・ぜんざい会《2歳・満... »
最近の画像もっと見る

園生活」カテゴリの最新記事