Nobu Kitchenへようこそ

料理教室開設18年目、新たなおもてなしサロンから私のこだわり発信します。

造り手に聞く、ちゃんと知りたい日本の食べ物

2018年10月12日 | 日記
先週に続き駆け足で2日間東京だった。
日本伝統食材の作り手達との交流会。
昨年開催時には参加できず今回は予定を空けて申込していた。
錚々たるメーカーばかりでしかも2代目、3代目の若手イケメンばかり。
お酢で有名な京都宮津の飯尾醸造、味醂の岐阜白扇酒造。
和歌山県三つ星醤油、味噌の堀河屋野村。
長野諏訪大社の宮坂醸造、真澄という日本酒が有名だ。
加賀棒茶の丸八製茶、小田原の鈴廣蒲鉾。
そして特別ゲストに大阪堺の香辛料やまつ辻田氏。
一部、二部構成でこだわりランチと懇親会では
メンバーの食材を使った伊勢丹キッチンステージで提供された料理が
再現された。飲物は無花果酢の炭酸割や日本酒シャンパンなど色々。
お酒が飲めないのでアルコール類は断念したが料理はどれも素晴らしく
調味料の底力を感じた。
全部伊勢丹に揃っているそうだが新宿に行く機会は無いので
私の行動半径で揃えていこうと思う。
ホンモノと○○風調味料の差は一目瞭然。
目利きになる為にも自分の舌、味覚をもっと訓練しなければならない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 紫色のバラ | トップ | 士幌道の駅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事