江馬直の創作奮闘記

やっとこさ無職ではなくなった創作家、
江馬直の日常を綴るブログです。

目から鱗落ちっぱなし。

2018-01-15 22:01:58 | 『魏晋南北朝隋唐演義』
『渤海国とは何か』(古畑徹著 吉川弘文館(歴史文化ライブラリー458)2018.01)、読了。


古畑氏は、私の「恩人」の知人に当たる人で、それだけにこの一書が刊行されたことはまことに喜ばしい。

そして、金毓黻(きん いくふつ)という漢軍旗人出身の渤海史研究者を知ることとなったのが、何よりの収穫であった。

詳しくは本書の精読を奨めるが、愚かしい歴史認識問題などで迷走する輩には良い薬となろう(渤海史が、中国史だろうが朝鮮史だろうが、私にはどうでもよい。多様なツングース系諸族によって東北アジア地域に建国されたユニークな王朝の歴史が、近代の「一国史」の枠組みに収められる必要性などないはずである)。

そうした悪しき(敢えて悪しきと呼ぼう)呪縛から解き放たれた時、東北アジア史は、豊穣だった歳月をより一層あらわにすることとなるのだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本当に紙質が良くなったよなあ。 | トップ | 艱難辛苦は私を玉にしたか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

『魏晋南北朝隋唐演義』」カテゴリの最新記事