コツコツ歩き隊!

ライラックの仲間の木 <お花で一休み(77)>

美しい花の観賞はウォーキングの楽しみ。
花の名前を覚えるというのも立派なウォーキング・テーマであります。
街ならではの花もあり、面白い発見があったりします。


6月と言えば本州、四国、九州では本格的な梅雨シーズンとなります。
北海道では、梅雨シーズンはありませんが、一時、天気がぐずつき、肌寒くなることがあります。
この状況を「エゾ梅雨」と呼んで、ローカル番組のお天気コーナーで発表したりします。
(ちなみに「エゾ梅雨」は気象用語ではないそうです。)

曇り空の多い「エゾ梅雨」シーズンは、白い花と緑の葉がとても鮮やかに映え、存在感を増すように思います。
この時期は白い花を咲かせる木が多い気がします。
こちらの木はその1つ。



「ハシドイ」であります。



日本に自生する植物。
「ライラック」の仲間であります。
(ちなみに「ライラック」は和名では「ムラサキハシドイ」と言います。)



昔から木材や薪などに使われ、人々の暮らしを支えてきた木だそうです。



<参考資料>
  • 『知りたい北海道の木100』(佐藤孝夫・著 亜璃西社)


当ブログへの問い合わせについて
 仕事等で当ブログに連絡をしたい場合は、
 下記のアドレスまでメールにて
 お知せください。
 (コメント、感想用ではありません。)

 obenben194@gmail.com
PVアクセスランキング にほんブログ村

どなたが投票して下さっているのか分かりませんが、本当にありがとうございます。これからも頑張ります!

最新の画像もっと見る

最近の「各地で観察すると楽しい「植物」」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事