コツコツ歩き隊!

3年目にしてようやく気がついた木 <お花で一休み(70)>

美しい花の観賞はウォーキングの楽しみ。
花の名前を覚えるというのも立派なウォーキング・テーマであります。
街ならではの花もあり、面白い発見があったりします。


なんて大きな葉っぱなのだろうと思いました。
初めて気がついたのは今年、国道36号(サブロク通り)を歩いている時でした。
(和食レストランとんでん月寒店の辺り)
そして、首をかしげました。
なぜならサブロク通りは2年も前から歩いており、この木はずっと前から「街路樹」として存在していただろうに、興味を持ったのがなぜ今なのか、不思議に思ったからです。

本当に大きな葉。
以前見たことがあるか記憶を辿ろうとしますが、イマイチぴんと来ません。
しかし、花を見て1回だけ東京で見たことがあるかもしれないと思いました。


「トチノキ」であります。
花もとても大きく、東京で見た時はその威容に感心しました。
ちなみに東京で見たのは「西洋トチノキ」、すなわち「マロニエ」であります。

札幌でよく見かけるのは「トチノキ」。
よく観察すると、街路樹として色々な所で見かけます。


ただし、花を咲かせるられる木は限られており、花が目立つトチノキはそうそう見つかりません。
サブロク通りのトチノキも花をつけているものはそんなにありません。
若い木が多いのかもしれません。


今度はちゃんと覚えなくては、と思いました。

※写真のトチノキは札幌ドームそばの道道82号(福住・桑園通)で撮影しました。


当ブログへの問い合わせについて
 仕事等で当ブログに連絡をしたい場合は、
 下記のアドレスまでメールにて
 お知せください。
 (コメント、感想用ではありません。)

 obenben194@gmail.com
PVアクセスランキング にほんブログ村

どなたが投票して下さっているのか分かりませんが、本当にありがとうございます。これからも頑張ります!

最新の画像もっと見る

最近の「各地で観察すると楽しい「植物」」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事