迷レンズ探訪

あまり陽の目を見ないレンズやカメラを取り上げていきます。

バブルボケレンズ発見  プロジェクターレンズCABIN 60mm F2.8

2018-02-26 23:05:43 | Miscellaneous Lens
近年、価格があまりに高騰してしまったバブルボケレンズTrioplan 100mmF2.8の代替として、メイヤーのプロジェクター用レンズDiaplanを改造してバブルボケを楽しむという記事が出ていました。
この記事に触発され、もしかしたら日本製プロジェクター用のレンズでもバブルボケが楽しめるかもしれないと思い、ジャンクのカラーキャビンIIIを見つけ入手してしまいました。本体は故障して使えないのですが、スライドプロジェクターに付いているレンズが欲しかったのです。そのレンズとはCABIN 60mm F2.8です。
 レンズを回すとするっと本体から外れました。レンズ筐体は大きな溝が切られているだけで、カメラに装着できるようなネジやマウントはありません。そこで長めのM42中間リングを筐体にかぶせて接着することで無理やりM42マウントに仕立てました。これを中間リングとM42ヘリコイドを使い、ピント合わせができるようにしてあります。プロジェクター用レンズですので絞りはありませんが、ボケ味を楽しもうというのですので、絞りは開放で十分です。


 レンズ構成 ?
 最短撮影距離 約0.5m (M42ヘリコイド利用)

筐体はプラスチック製ですので、マウントやヘリコイド含めてもかなり軽いレンズができました。
ボケが大きく写るようAPS-CのNEX-5に付けて、夜の街で撮影しました。ちょうど駅前広場にイルミネーションがあったので、それを入れて撮影すると、あら見事なバブルボケ得られました。


さらにイルミネーションに近づくと、大きなバブルが出現です。発色も良好です。

  SONY NEX-5+CABIN 60mm F2.8 

日本製スライドプロジェクターレンズでも、見事なバブルボケが得られました。
まだまだ探すとバブルボケレンズが見つかりそうです。
またしてもバブルボケレンズ沼にはまってしまったようです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 来るもの、去るもの | トップ | スターウォーズジェットがや... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Miscellaneous Lens」カテゴリの最新記事