のんびりまったりおばばな毎日

古きよきにっぽんのおばちゃん目指して活動中(何を?)
3人育児奮闘中のつもり@横浜

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スキーは大スキー?

2007-12-31 | 子育てのこころ
スキー旅行に行ってきました
軽井沢プリンスホテルウエストのコテージに宿泊。
もともとどんくさいobabaはリフトは止めるし、
網にはひっかかるし、高速リフトにはぶつかるし大変・・・
妹夫婦にはあきれられ、子どもたちにはダメ出しされ。
ばあばのほうが上手だというのはいかがなものか
というわけで次女とまったり遊んぶことに
温暖化の影響か、雪が少なかったけど最後の日にはやっと
次女は「雪は寒いな~」なんて言いながら遊んでました。
コテージに帰るとほとんど飲んだくれのメンバーですが(おもに妹夫婦)
テレビをみながら飲んでたら「武士の一分」がやっていました。
ものすごく評判がよかったというので期待していたが・・・ええ~!!!
・・・がっかり!!!
なんつーか話もベタだし、相手を切るシーンもずいぶんあっさりというか
重みがないからかっこよくもない。演技が追いつかないという印象。
座頭市をみろ  
キムタク好きでもなんでもないobabaにとってはイタイ映画だな・・・
最後で味噌汁だが煮物の味で妻がわかるという感動?のシーン。
いやこれは時代にそっていますよね。なぜかというと家庭の味が大切ってこと?
食育じゃん!!!
(絶対ちがうと妹夫婦のダメ出しありでしたが・・・
   
ちょいとばかり方向がずれるobabaですが、来年もどうぞよろしくお願いします。
コメント (3)   トラックバック (1)

ねこちゃんとミシュランとおこちゃまと

2007-12-27 | 子育てのこころ
ファンシーさんのお宅におじゃましました
ここにはかわいいねこちゃんがいてうちの子どもたちは大好きなのです
普段は人みしりのねこちゃんなので慣れるまでが大変だとか・・・
どうなることかと思ったら最後にはすっかり仲良くなれました
 
(ちょっとしょうがなく相手をしている感じでもあるけど)
そのことがとてもうれしい子どもたちなのでまた行くと大騒ぎ。
特に次女はころんと寝そべってねこちゃんとお話が楽しいらしい。
お昼を食べて、ファンシーさんの購入したミシュラン君を見せてもらって
くだらないテレビ番組についてお話したりゆったりできました
気のおける人とのこういう時間も大事なものですね。楽しかったです
    
帰宅すると映画の共演がきっかけとかで
オダギリジョーと香椎由宇が結婚!
ものすごいびっくりニュースでしたがお似合いかも
うーん、でも香椎由宇をファンシーさんはわかるかな?なんて思ったりして
楽しい話題がいっぱいの2008年だといいな
コメント

サンタへの挑戦

2007-12-26 | 子育てのこころ
長男がサンタさんにもらったレゴキャッスル
 
案外大きなものでびっくりでしたがなんとか完成してました
途中であれがないとかできないとか大騒ぎをしながら作るのでまったく・・・
でも完成すると達成感がたのしいでしょうね机の上を占拠している
レゴキャッスルに満足気ですが、どこで勉強するんでしょうか
長女はGAPの洋服を頼んだので(だんだん趣味がうるさくなる・・・
さっそくファッションショーで鏡の前でくるくるまわっています。
次女ちゃんにはやはり洋服とがちゃがちゃ遊び
あと恒例の説教臭い手紙つきです。サンタっていつまでくるんだろうね
コメント

サンタの足音

2007-12-25 | 子育てのこころ
クリスマスイブには子どもたちがケーキをつくりました
男の子たちも参加してわいわいやっていましたがなんとか完成
チョコのスポンジといちごがマッチして美味しかったです
長女の友人はサンタのプレゼントを返品したとか「今年はないです」って
電話がかかってきたとかおもしろい話がいっぱいで笑える
ちなみに我が家のサンタさんははっきりって説教くさいです
長文の手紙には「字はきれいに書こう」だの「音読をしろ」だの
プレッシャーがいっぱいいっぱい(笑)
サンタもりっぱなサンタになるためにがんばっていることになっているので
いろいろ勉強しないといけないんですね・・・
サンタの足音に敏感な子どもたち。ぐっすり眠っておくれ
    
コメント (1)

人生の深い藍

2007-12-21 | 読むを楽しむ
叔母の詩集が届いた
ハンス―詩集これは以前の作品。
もうすでに何冊か発売されているのだが最新作「窓の外を」
何年ぶりかの詩集だが、今回が一番良かった。
深みがあるというか、清らかでもある
表紙の絵のような深い美しい藍。神々しいまでの藍。

私は叔母が大好きだった。というか今もだけど
昔好きだった理由と現在好きな理由はきっとちがう。
遊びに行くといつも笑顔で迎えてくれた叔母が好きだった。
草花にくわしくて畑の野菜を料理してくれて
ゆったりとしたのんびりとした風景とすんだ空気がとても好きだった
この何年もいろんなことがあった。私にも叔母にもみんなにも。
私は母となり、そのころの自分の母や叔母の気持ちがほんの少しわかるようになった。
そして今の私の悩みや育児について叔母と話したり、相談したりすることもあった。
今はずっとピュアな叔母が好き。どっしり強い叔母が好き。
くだわないことで笑う叔母が好き。情が深い叔母が好き。
いろいろなことで悩んだり考えたりする叔母が好き。

だけど一番好きなのは、一番感謝しているのは
私に大切な「いとこ」をくれてありがとう
叔母が産んで育てたいとこたち。
私はいとこが大好きずっとずっと大好きだった
あの広い広い海を一緒にどこまでも泳いで行ったあのころからずっと。
いつか私が育てた子どもたちも私たち以外の誰かから
生まれてくれてありがとうと言われますように。愛されますように
コメント