のんびりまったりおばばな毎日

古きよきにっぽんのおばちゃん目指して活動中(何を?)
3人育児奮闘中のつもり@横浜

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不妊予防も少子化対策のうち

2007-04-30 | 読むを楽しむ
先日の新聞記事で興味を持った「不妊予防」
不妊治療とはよく耳にするが、ではなぜ不妊なのかというと
もちろん体質などもあるのだが、実は知識不足の部分も多い。
自分の生殖能力を正しく把握しようとか
性感染症に注意とかという内容の記事なのだがチェックリストで
みると妊娠前に自分が知らないことのほうが多かった。

女性の生殖の能力は20代後半から下がり始め、
35歳ごろまでが安全生殖年齢限界だと知っているか

炎症性・熱性疾患の予防を心がけているか

避妊法や中絶の害など正しい知識をもっているか

これらはあまり気にせずに過ごしているが
特に安全生殖年齢の限界などは知らずに結婚後にできずに
知ったという人もいる。これは私も。
知っていればもっと急いで作ったのに、というのだ
確かに性教育では不妊予防という目線がぬけている。
娘たちにもきちんと教えないといけないことだろう。
NPO法人 日本不妊予防協会

ママは生まれ変わったら何になりたい?
という娘の質問にいつも思い浮かぶ言葉がある。

生まれ変わってもかあさんがいいや
また3人の、あなたたちのかあさんがいいや
コメント (1)   トラックバック (1)

いちごいちえ

2007-04-29 | 子育てのこころ
ご近所から「いちごいる?」と聞かれ
「うれしい。いちごにあいたかった・・・一期一会
といったら無言で終了オヤジ化していくobaba。
取り残されるってこんな感じかしら。

最近、友人とお茶していたら偶然となりに座った
赤ちゃん連れと仲良くなり、家にあった育児グッズ交換などして
過ごしていたら(またその子がとってもかわいいの
「スタイありがとう」とメール。
スタイ・・・・・・スタイって何だ

よだれかけのことか!!!
危ない危ない。。。またはずすとこだった
先日はハンガーをえもんかけと言い、白い目で見られる
失礼スタイました
まあ、こんなobabaですが今後ともよろしく。
コメント (5)

銀座カクテル、いっパイン♪

2007-04-28 | モラタメ
おなじみ今回の
大好き「銀座カクテル」のパイン味

メロンやピーチの美味しいのは知っていたけどパインって
どうだいって思っていたらこれもさすがっ!美味しい
銀座千疋屋って名前も負けてないや。
今でもやっぱ銀座ですね。
あこがれですあっという間に飲んじゃった・・・
コメント

出生の秘密・・・

2007-04-25 | 子育てのこころ
もうすぐ1歳半になる次女
先日、近所の人が
「ごめん~うちのじいじ、今までずっと
 男の子だって信じていたんだよ」とカミングアウト。
そうね、男顔の家系だしねって笑って帰宅。

写真の整理をしていたら出産した病院からの発見
メッセージとCD-ROMと写真。
かわいい~産まれたての瞬間よね~なんて見たら

男の子の御出産、
おめでとうございます
だと


産まれた瞬間から間違われてるやんけっ
こりゃ将来は宝塚、男役?目指すか
いいんです、いいです。我が家では姫なんです
コメント

鯨の味

2007-04-22 | 思うままに
久しぶりに鯨の肉を味わった
鯨を見ると思い出すストーリーがある。
美味しんぼ塾ストーリーブログで確認。
やはりこれだ鯨を食べるなんて野蛮だというジェフに
鯨を食べさせてなぜ食べたこともないのに
美味しくないというのか、
頭が良い動物だから食べてはいけないというのは
人種差別につながる偏見であると山岡が諭す。
うんうんと思ったのを思い出す。
その昔、日本人は牛を食べる外国人を野蛮だと笑った。
しかし鯨においては外国人も同じことをしている。
互いの文化を分かり合おうとしない低レベルな議論だ。
実際の鯨の量などの問題ではないなにかを感じたが
現在の捕鯨問題においてはそういった調査もかなり
進んではいるのだろうか
日本人でも興味が薄れているのではないだろうか
鯨を食べるチャンスがなくなり、
ひとつの文化が消えてしまうとしたら
これは鯨だけの問題ではなくマグロにもイワシにも
すでに降りかかっている問題だ。
もっと身近に文化の伝承として考えなくては・・・
とりあえず今夜は家族で鯨の味をおぼえておこう。
誰かにいつか伝えられるように。日本の味を覚えておこう。

そういえば「白い嵐」という映画の中で
イルカを撃ったといって処分の決定の中に
「人間の次に頭が良い動物だから殺してはいけない」という
セリフが。じゃ頭が悪いならいいのかと思った。
このときの私の拒否反応は美味しんぼから
きていたかもしれない。
ブログでまた深く考えるきっかけをもらった。
コメント (1)   トラックバック (1)