オーソレ、何それ?

私、o_sole_mioが好きな歴史、旬の話題、
賞味期限の切れた話題等を
適当に書きつづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教師を巡る気になる話題

2005-12-18 00:05:35 | 時事
最近教師の不祥事が新聞などをにぎわせておりますが、一方でストレスから心身を病む教師の増加も深刻になっています。教師という仕事は傍から見るよりも大変な職業のようです。 その中でも教師を巡る話題で少し気になるものを見つけました。その昔、教師といえば「日教組」に代表される通り、思想信条としては左派の集まりというイメージがあり、教育委員会や行政と日の丸・君が代を巡って対立がニュースになったりしています。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (3)

定年送別会

2005-12-17 01:10:52 | Weblog
先日、新入社員の時に配属された職場でお世話になった方の定年退職の送別会がありました。 16年前にその職場を離れたのですが、その後業務で関わり合いになっている方も何名かいましたが、16年ぶりにお目にかかる方もいました。当時私は20代の新米、職場の先輩方は30代から40代でバリバリの働き盛りでした。仕事に酒に本当に鍛えられたのですが、仕事はともかく(?)、酒の方は強くなることはありませんでした。 . . . 本文を読む
コメント (1)

東アジア共同体:日本-インド連合は日本の利益になるか?

2005-12-14 23:40:35 | 時事
昨日紹介しました東アジアサミットの本会議が本日開催され、無事閉幕しました。今回注目されているのは冷え切っている日本と中国の2大国の主導権を巡るせめぎあいです。 特に今回興味深かったのは、経済的に急成長した中国がアジアの覇者たろうとしているのに対して、日本は中国を何とかして制肘したいという動きを見せていることです。それがよく現れているのが東アジア共同体の構成を中国がASEAN+3(日本、韓国、中国 . . . 本文を読む
コメント (7)

東アジアサミットと大東亜会議

2005-12-13 22:41:18 | 時事
第1回の東アジアサミットが今週から始まり、明日14日に正式会合が行われます。日本外交にとって大きな腕の見せ所として注目しています。 東アジアサミットはASEANを中心とした東アジアの共同体を構築することを目的に開催されましたが、東アジアでの主導権を巡って日本と中国の駆け引きがここでも行われています。日本が共同体の構成をASEANに日本、韓国、中国、インド、オーストラリア、ニュージーランドを加えた . . . 本文を読む
コメント

米国産牛肉の輸入再開:食の安全は脅かされないか?

2005-12-12 23:20:37 | 時事
米国でのBSE発生からおよそ2年続いていた米国産牛肉の輸入禁止措置が解除され年内にも米国産の牛肉が日本の市場に出回るそうです。吉野家の牛丼ファンの皆さんには朗報かもしれませんが・・・。 米国はこれまでも月齢30ヶ月以内の牛は安全であると主張し、最近では経済制裁もちらつかせながら輸入再開を迫ってきました。日本はこれに対して月齢20ヶ月以内の牛について、特定危険部位を除去したものにつき輸入再開を認め . . . 本文を読む
コメント (2)

敗将たちのサバイバル

2005-12-10 22:11:16 | 戦国時代
久しぶりに戦国時代ネタです。先週行われたフィギュアスケートのNHK杯で織田信長の子孫で脚光を浴びた織田信成選手が見事優勝を飾りました。織田信長のように乱世に滅んだかと思われながら現代にまで子孫を残している戦国武将も少なくないようです。 今川氏真は、桶狭間の合戦で織田信長に滅ぼされた今川義元の嫡男ですが、今川氏が戦国大名としての地位を失った後、徳川家康に客将として養われました。そしてその子孫は江戸 . . . 本文を読む
コメント (4)

真珠湾攻撃3:国際法は尊重されていた?

2005-12-09 23:04:10 | 太平洋戦争
真珠湾攻撃第3弾です。真珠湾攻撃はアメリカ人に「汚い日本人の騙まし討ち」ととられ、「リメンバー・パールハーバー」が合言葉となりました。 真珠湾攻撃が行われる前に日米交渉の打ち切りを伝える「対米覚書」が野村駐米大使よりコーデル・ハル国務長官へ手交される予定でしたが、日本からの暗号電文をタイプに打ち換える作業に時間がかかるなどの理由により、国務長官に手交されたときにはすでに真珠湾攻撃の報が国務省に届 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (1)

真珠湾攻撃2:「大戦果」だったのか?

2005-12-08 23:44:36 | 太平洋戦争
真珠湾攻撃の続きです。日本時間の1941年12月8日未明、空母を発進した第一次攻撃隊180機がハワイ、オワフ島の真珠湾に停泊していた太平洋艦隊の艦船と航空基地に襲いかかりました。 さらに1時間後に発進した第二次攻撃隊167機も艦船と飛行場を爆撃しました。この虚を突かれた猛攻撃に「これは演習にあらず。(Air raid on Pearl Harbor, this is not a drill)」と . . . 本文を読む
コメント

真珠湾攻撃1:開戦日はグッタリ?

2005-12-07 23:56:03 | 太平洋戦争
明日は12月8日、64年前に連合艦隊の機動部隊がハワイ・真珠湾を奇襲攻撃し太平洋戦争が始まった日です。 そういえば太平洋戦争についての記事を数多く上げておりますが、真珠湾攻撃についてはなかったので(訪問記はありますが)、NHKにも敬意を表する意味(「その時歴史は」でもやっていましたし)でも書いて見たいと思います。真珠湾攻撃は、圧倒的な国力の差を誇るアメリカに対して戦争を有利に進めるため、山本五十 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

中国の化学工場事故:安全防災システムの早期確立を

2005-12-05 23:06:26 | 時事
先月起きた松花江の化学工場の事故及び化学物質の汚染は自国のみならず周辺地域にも被害や汚染の懸念を及ぼしています。この事故で中国のシステムが様々問題を抱えていることが改めて浮き彫りとなりました。 先月13日、松花江の上流にある吉林省吉林市で石油化学工場が爆発し、大量のベンゼン系物質が松花江へ流れ出しました。主な汚染物質はベンゼンとニトロベンゼンと言われていますが、ベンゼンはいわゆる「亀の甲」で、こ . . . 本文を読む
コメント