オーソレ、何それ?

私、o_sole_mioが好きな歴史、旬の話題、
賞味期限の切れた話題等を
適当に書きつづります。

文科相発言への違和感と陛下のご発言

2006-06-09 00:05:46 | 時事
小坂文部科学大臣が国会で天皇、皇后両陛下が公園を散策されたことを報じた一部の新聞記事で敬語表現がなかったことを批判したそうです。

「新聞だから、字数が限られているから、で済まされる問題ではない。敬語を使うべき方には敬語を使い、親しみを持つために使う言葉と敬語をうまく混ぜて伝えることが必要だ」との内容ですが、発言の場が「衆院教育基本法特別委員会」であり、先日の麻生外相の教育勅語に関するご発言の後だけによけい違和感がありました。

別にその新聞社について正しい、とかよくやったという感想はありません。民間の報道機関ですので使っても使わなくても別に構わないと思います。私は何度かここで天皇陛下を取り上げていますが、もちろん敬語を使用しています。もっとも天皇陛下だからというわけではなく、ここで取り上げる方には敬語を使用するよう努力して(日本語として正確かどうかは自信はありませんが・・・)います。

発言の場が現在愛国心を巡って議論している衆院教育基本法特別委員会であったということも違和感を増幅させました。余りメディアでは大きく報じられていませんが、実は天皇陛下が愛国心についてこのようなご発言をなさっています。

外国メディアから「戦前の国家主義教育の復活につながるのでは」との質問に対して、「内容について述べることは控えたい」と直接の回答は避けられましたが、「戦前とは状況が大きく異なる」と前置きしながら、以下のように述べられました。「1930年から1936年の6年間に、要人に対する襲撃が相次ぎ、そのために内閣総理大臣、あるいはその経験者4人が亡くなり、さらに内閣総理大臣1人がかろうじて襲撃から助かるという異常な事態が起こりました。帝国議会はその後も続きましたが、政党内閣はこの時期に終わりを告げました。そのような 状況下では、議員や国民が自由に発言することは非常に難しかったと思います。先の大戦に先立ち、このような時代があったことを多くの日本人が心にとどめ、そのようなことが二度と起こらないよう、日本の今後の道を進めていくことを信じています。」

これまでもこのようなご発言をなされていますが、いつものことながら、天皇陛下の「昭和」の時代に対するご発言には感服するとともに、「あのような時代を二度と起こしてはならない」という陛下のお思いに対して日本国民として微力ながら何とかお応えしたいと改めて感じる次第です。

ちなみに安倍官房長官はこの記事に対して「政治家個人としては違和感がある」とコメントされたそうですが、私は一個人として「違和感を持った政治家のセンセイ」に違和感を持ちました。

陛下報道で敬語なしを批判 文科相、教基法特別委で (共同通信) - goo ニュース

最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
敬語の問題か? (浜の偏屈爺)
2006-06-10 10:38:30
o_sole_mio 様 お早う御座います 新聞の報道に限っていえばどう報道しようと新聞の判断でよく、何で文部大臣がこの様な事に口を出すのか良く判りません

確かこの方はトリノオリンピックで見事金メダルを獲得した荒川静香さんに「ライバルが転んでよかったですね」との品の無い言葉で応接をしましたね



天皇陛下に対して「形の上の尊敬か態度の上での尊敬か」が問題です

先帝昭和天皇のご薫陶を受け憲法を守り象徴としてのお立場に徹されている天皇陛下に対し文部大臣は「態度の上での尊敬」をしっかり示し職務に励んでもらいたいものです

安倍さんのコメントも何かよくわかりません

o_sole_mio 様の書かれるとおりおかしな世にならぬよう政治家連中の言動に目を光らせ注意を喚起しましょう では又

陛下にとってはいい迷惑? (o_sole_mio)
2006-06-10 23:29:17
浜の偏屈爺様、コメントありがとうございます。



文科相の発言が愛国心の記述で物議を醸している教育基本法の審議中の発言だけに「天皇陛下に関する記事に敬語を使わない」→「愛国心が薄れている」→「愛国心を教育することが必要」という短絡的な発想ではなかったかと推察しています。



保守派政治家のセンセイ方が日頃からの主張を披瀝するためのダシにされた形の天皇陛下にとってはいい迷惑だったのではないかと思います。

コメントを投稿