1/19 寒風の中、機関区篠ノ井派出でブルーサンダーを

2021-01-19 13:38:12 | 機関区篠ノ井派出
 昨夜からの雪も止みましたが、今日は風が冷たく-7℃です。
 塩尻機関区篠ノ井派出に、89レ(根岸→北長野)でコンテナを届けて、単1384レ(北長野→篠ノ井)で機関区に戻って来たEH200-17号機を撮りました(11:49)。
 検修庫には、83レ(愛知・稲沢→北長野)でコンテナを届けて、単1770レ(北長野→篠ノ井)で先に機関区に戻ったEF64-1044号機が入庫していました。



今日は、肌を刺すような寒さですがご苦労様です。


入、入…







鉄道コム





番外編 信州の五稜郭・龍岡城の縄張り図

2021-01-16 14:32:00 | その他(紙の工作・お城等)
 「外出の自粛」と「移動の自粛」が要請されておりますので、新しいネタはなく過去の記録の中からです。

○ 長野県佐久市田口に所在する龍岡城(田野口藩・龍岡藩)は、函館五稜郭の約半分の規模で、函館五稜郭の3年後に築城されております。別名、「龍岡五稜郭」又は「桔梗城」とも呼ばれております。

○ 龍岡城は、三河国奥殿藩の領地1万6000石の内、飛び地領地として1万2000石が信濃の国佐久郡田野口村にあったことから、幕府の許可を得て藩庁と陣屋を1864年~1867年に移したものです。

○ 築城主は、松平乗謨(まつだいらのりかた)で、幕府の「老中」役などを務め、明治維新後は日本赤十字社の創設者の一人でもあります。

○ 写真の縄張り図は、関係資料を集約して自作したものです。

○ 現状は、佐久市の紹介をご覧願います。
https://www.city.saku.nagano.jp/bunka/bunka/bunkazai/bunkazaijimusyo/tatsuokajyo.html






1/16 静態保存「元・長電の502号電気機関車」など

2021-01-16 13:25:22 | しなの鉄道・長野電鉄
 以前、敷地内に保存されている展示車両を、許可を得て撮ったものです。

 写真は、長野市の「大豆島東工業団地」内の直富商事(株)の敷地内に、静態保存されております元長野電鉄の電気機関車502号(ED50002号)と、元国鉄長野工場で飯山線用に製造された単線形のラッセル車DD16-301号です。

 車歴は、1927年に日立製作所製造、長野電鉄で運用。→1970年越後交通に譲渡。→1990年長野電鉄に買い戻しし、小布施駅に展示。→2002年除籍。→屋代線の信濃川田駅に留置。→2015年直富商事に譲渡、展示。


 屋代線の信濃川田駅に留置されている時に撮ったものです。なお、客車は、「安曇野ちひろ公園」の”トットちゃん広場”の『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子)の「電車の教室」になっています。




 トラス橋は、明治時代にイギリスで製造され東海道線や信越本線で使用された後、1923年に河東鉄道(屋代線を運営していた会社で、長野電鉄の前身)に払い下げられ、最後は長野電鉄の松川橋梁で使用された上、直富商事に譲渡されたということです。





鉄道コム







1/15 長野電鉄・長野駅のゆけむり号

2021-01-15 16:40:24 | しなの鉄道・長野電鉄
 長野電鉄の長野駅に停車中の”特急・ゆけむり”ですが、特急料金は展望席も含めて全席自由席で100円です。



 一昨年の12月に撮ったものですが、長電の赤帯を取って「営団地下鉄」当時の姿に再現したものです。



 車内は、営団地下鉄当時のままです。
 


鉄道コム





1/14 HM”朝陽さくら” を付けた8500系

2021-01-14 14:06:26 | しなの鉄道・長野電鉄
 長野電鉄の8500系(元東急電鉄の8500系)ですが、12/30~1/15の間「謹賀新年+朝陽さくら」のヘッドマークを付けて走っています。



レンズによる「ゆがみ」と「変形」の補正を、「Adobe photoshop ELMENTS9」ソフトを使用して修正しているため、周囲をカットしている場合もあります。


鉄道コム