♪お玉つれづれ日記♪ ~沖縄★美人画報~

     
     ひらひら舞い落ちる うす色に

         言い当てられた気がした

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

南風とジャグラー

2005-03-21 | 沖縄~竹富島回想録
パパイヤの 青い果実を 
天高く 放り投げて

次々に 高く高く 放り投げて

日焼けしたあなたの腕が  
見事な図形を描く


南風(ぱいかじ)の大空いっぱいに 鮮やかなかたちを描く






【TB】竹富島写真日記North latitude 24 石垣島生活記

    ◆このパパイアの写真、今回お借りいたしました。

     八重山病がそろそろと再発しそうな、今日この頃、
     芸人さんとの『南国散歩』を、想像しつつ・・・。




コメント (4)

夜香木(やこうぼく)

2005-03-05 | 沖縄~竹富島回想録
私が住んでいた竹富島の民宿の庭には
「夜香木」という名前の樹がありました。


季節は五月から七月。
ゆっくりと初夏の太陽が沈み、夜の到来とともに、静かに花が咲き
あたりに芳香を放ちはじめます。

幼いとき、母の鏡台にあった白粉の香りを思い出させるような香りです。


ほんの小指のさきほどの、小さな白い花が集まって咲くのですが、
風向きによってはかなり遠くまで、その香りが漂ってきたものです。


築80年あまり、伝統的な沖縄建築様式の古い民家は、たいそう風通しがよく、
開け放した畳の部屋のどこにいても
その香りが入り込んできました。

昼間の太陽で火照った肌を、ひんやりと心地よい潮風が撫で癒し
煩雑な明日のことを考えるすきもなく、ことりと眠りに落ちるのが常でした。



夜香木が香りをはなつのは夜だけです。


朝になると、とたんに恥じらい顔を覆う乙女のように、花はすべて落下して、
その濃厚な香りはあとかたもなく消えておりました。



◆写真は季節の花 300より



【TB】オフィスに咲く花(2) 【Kyogame】
コメント (8)