♪お玉つれづれ日記♪ ~沖縄★美人画報~

     
     ひらひら舞い落ちる うす色に

         言い当てられた気がした

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真冬の竹富島の楽しみ方

2005-02-23 | 沖縄~竹富島回想録


お天気のいい日には 泳げばいいし。

肌寒い薄曇りの日は、なにか羽織って、白い路を歩けばいい。


自転車で島を一周するのもいい。

半日もあればじゅうぶん廻れる。



日が暮れたら、波打ち際に座り

とぎれとぎれの三線の音色を遠くに聞いて

泡盛飲んで、唄うのもいい。




真冬の夕日は落ちるのが早い。

南国の真冬の長い夜。




なんとなく人恋しい夜には

一年中咲いているブーゲンビリアの下で

知り合ったばかりの誰かと

夜どおし話すのもいい。




【TB】竹富島
   (ハルミネさんの竹富島写真のシリーズ、素敵。おすすめです。)

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どの季節もそれぞれに。 (ハルミネ)
2005-02-23 21:41:56
私が行ったのは春の竹富島。

きっとそれぞれの季節のよさがあるんでしょうね。

夜は、ミンサーが織りかけの機織り部屋で夢の中でした。

少しの写真ですが、TBありがとうございます!
こんにちは。 (Ken)
2005-02-23 22:27:28
こういう写真を見ていると、

竹富島に行ってみたくなります。



沖縄とは関係ないのですが、

先日の詩を少しいじってみましたので、

虎もってきましたよ。
ほんとうに (よよ)
2005-02-23 23:13:06
竹富島に行ってみたくなりました。

目をつぶり、情景を浮かべる。

まだ行ったことのない土地なのに一度訪れたことがあるような…

ハルミネさんへ (お玉)
2005-02-24 23:16:35
ようこそ、いらっしゃいませ。



竹富島という、小さな島は独特の魅力があります。

ハルミネさんが出会った、春の竹富もきっと素敵。

デイゴが咲いている頃でしょうね。



機織りの部屋、目にうかびます。

私の住んでいた民家にも、機織りの機械があり、

傍らに、芭蕉の糸の籠が置かれていました。
Kenさんへ (お玉)
2005-02-24 23:25:42
それでは、一緒に並んで夕日を眺めましょう。

神奈川の今日の海、風がすこし冷たくて

なんだか、お喋りも途切れがちです。



さっき言いかけてやめたこと、

聞きたいような、怖いような。

もうすこし、黙って夕日を眺めていよう。
よよさん (お玉)
2005-03-02 01:09:34
>まだ行ったことのない土地なのに一度訪れたことがあるような…



姫、それはきっと

島に呼ばれているのです。

いざ、旅のご準備を。





沖縄~竹富島回想録」カテゴリの最新記事