to be with my dogs

犬と私と羊毛...合言葉は「自然体」

ラリーオビディエンスの講習会を覗き見〜@@

2018年04月19日 | ラリーオビディエンス

日曜日に山中湖ドッグリゾートWoofに行ったら、

とってもお久しぶりにドッグダンスをされているKさんにお会いしました。

 

 

蒼太くんが1歳ぐらいの時にシープドッグの講習会でお会いして以来でしたので、

約10年ぶりでした。

 

 

 午前中は室内ドッグランを貸し切ってドッグダンスの競技会をやってたようですが、

午後からはラリーオビディエンスの講習会だと聞いて、覗いて見ることにしました。

 

 

実際に見るのは初めてで、予備知識も何もない状態なのでよくわからなかったけど、

指示と番号の書かれたカードに従って犬と共に進み、

作業の正確性とカードの指示とその位置を考慮したコースどりとタイムを競うようです。

(もしかしたら間違ってるかも。。。)

 

作業中、犬の理解度によっては、オヤツを与えて自信をつけたり

補ったりすることも可能なようです。

 

 

15枚程度のカードが置かれていて、脚側行進で進みながらクリアしていくので、

ハンドラーに対する高い集中力が必要になりそうでした。

カードの指示もいろんな種類があるので、様々なパターンがあることを

犬が知る必要がありそうです。

 

競技にオヤツを持ち込むことが可能なので、参加しやすいことも

最近話題になってる一つの要因かも。

 

とっつきやすい部分とは裏腹に、犬に要求してることが

ハイレベルな競技だなって思いました。

犬はオヤツがあるからとか、ちょこっと褒めてもらえるからって

やってくれるわけじゃないから。 

 

心から楽しめる余裕が犬とハンドラーともにないと難しい。

余裕はどれだけ犬が理解してるかに関わってくるし。。(経験済み^^;)

犬が楽しんで学習してないとアレコレやらされてる感満載で

クンクン下の匂いを気にしたり、キョロキョロしたり、

トボトボ遅れたり、カーミングシグナル出っ放しになりそうです orz

 

難しくて、だから面白そうです。

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

山中湖ドッグリゾートWoofで遊んできました

2018年04月18日 | Woof

とっても久しぶりに「山中湖ドッグリゾートWoof」へ行ってきました。

 

 

実は、先日ボール遊びをしてて、左後肢を痛めてしまいました。

こういう時にホント困っちゃう。。。

 

本犬痛くてもボールに夢中になると痛みも忘れてガーッて走っちゃう。

 

 

プールでも。。。

こんな感じ。

 

 

歳なんだから。。。って言ってみたところで、加減するわけもなく。。。

若いもんには負けないと言わんばかりに

 

 

若いラブちゃんがこの後、おもちゃの端を咥えて奪おうとチャレンジしてきましたが、

蒼太くん最大の武器、「目ヂカラ」で勝負あり!

 

 

最近、いろいろ自信を持ってきたらしい。

前は弱っちかったのに、11歳になってやっと「ヤダ!!」って言えるようになったらしい。

 

そんなちょっと意地悪になった蒼太が、飼い主としてはかわいいなぁって思っちゃうのだ。

 

 

プールで遊んだらお腹すいちゃったので、(飼い主’s)「Paper moon」へ。

 

 

いつきても素敵なお店です。

 

 

エントランスの石畳のレンガも一つ一つがカッコイイ。

 

 

クリームチーズパイはとっても濃厚でチェリーの甘酸っぱい感じがちょうど良い感じ。

 

 

 

蒼太は手足が長いので、他の子よりも肩や膝関節にかかる負担が大きいようです。

若い頃から、集中力や意欲的すぎる瞬発的な動きから、怪我をしやすいところがありました。

 

今までは、運動というとボール遊びで走らせたりすることが多かったのですが、

最近はやり過ぎてしまうと故障して数日間安静なんてことになってしまいます。

 

なので、山歩きをしたり、バランスボールエクササイズを取り入れたりして、

運動量を補っています。

 

これから暖かくなったら、プールなどで水泳も取り入れて、

遊びながらシニア期の体力維持していこうね。

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

寄り目になってますよ

2018年04月16日 | 日々の出来事

蒼太くん、伏せて待つとか、座って待つとかできるのに

ご褒美を眼の前にして我慢ができなかった。

 

 

苦節、◎年!

オヤツを両手の上に置けた。

(ドヤ顔)

 

 

そして、鼻の上にも!!

 

目が寄ってるよね。

 

(満面の笑み)

 

 

なんともかわいい。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ドッグランでニアミスしたワンコさんに ☆再会☆

2018年04月12日 | おでかけ

日曜日は、昨日の夜、お留守番だった蒼太くんと1日中遊ぶDay!

 

 

風が強く、意外と肌寒かった。

動いてないと寒いので、蒼太くんとサッカーしました。

 

 

蒼太くんの守りが堅くて、オットにパスできません。

 

 

ボールを羊に見立ててCome byとAway

 

 

蒼太はオットだとこの遊びをしますが、私だとまっすぐにボールを取りに行っちゃいます。

普段の遊び方とかで使い分けているんだと思います。

 

 

楽しそうだね。

 

 

お昼は昨日の「Boringerie Yamashita」のパンです。

斜め切りしたソーセージが綺麗に組み込まれてる素敵なパン。

翌日なのに堅くなりすぎず、美味しかったです。

 

 

オットのワンコに対する接し方は、本当に優しい。

よそのワンコに対しても無理に近づくことはない。

だからなのか、ワンコの方からスッと寄ってくる。

あぁ、そういえば人に対しても同じかも。

 

そして、先週ニアミスしたインスタ繋がりのWillさんと飼い主さんにお会いできました。

 

 

Willさんとっても綺麗なワンコさんでした。

それにしてもお二人とも全く撮影に協力的じゃなくて。。。

やっと撮れた1枚がこんな感じ〜。

 

またランでお会いできると良いなぁ。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Boringerie Yamasita @二宮で試写会

2018年04月07日 | おでかけ

土曜日の夜は、二宮にある「Boringerie Yamasita」という

小さなパン屋さんで行われた試写会に行って来ました。

 

 

 

店主の山下さんはデンマークの家具メーカーにお勤めだった方で、

お店は古い家をご自身で改装したそうです。

 

 

この日は少しパンが残っていましたが、

FBでよく「本日のパンは完売致しました」というお知らせを見ます。

 

 

試写会の映画は、「Simplife」というアメリカのタイニーハウスムーブメントを

取材したものです。

 

 

それまでの暮らしの中で得た物や固執してた生き方、考え方などを捨て、

シンプルにタイニーハウス(極小の移動式の家)で

生きることを選択した人たちのインタビュー映像でまとめられていました。

 

タイニーハウスだからこそ、その人にあった空間でなければ

結局は無理することになってしまうのだそうです。

何が自分に必要なのかを突き詰めることで、自分を知ることになる。

そこから始めることが重要なようです。

 

映画が終わってから映像作家の松永勉氏が

その後の出演者の様子をお話ししてくださいました。

タイニーハウスを出た人もいたりと、意外とフレキシブルに変化してるのが

とても興味深かった。

「持ってるものが多ければ多いほど人は動けなくなる」

ホントそうだなぁって思う。

 

人は変化して良いんだって、なんか安心した。

 

 

試写会の際に頼んでおいたお弁当も優しい味でとても美味しかった。

 

帰宅して早速、パンを試食して見ました。

 

 

見た目は素朴だけど、生地はしっとりしててドライフルーツがとても合ってて

美味しかったです。

 

映画の中に登場する人々はタイニーハウスを作る、住む

という行動を起こすことで周りに人が集まって来て、

そのつながりが人々の心を豊かにしていました。

 

何か真剣に取り組み行動することは、人の心を動かす。

小さな家に関わった人々が繋がりコミュニティーを築く、

そんなことを伝えたかったのではないかと思う映画でした。

 

 

 

(ここからは映画の伝えたかった部分とは違う解釈)

気になったのは出演者が、タイニーハウスの建築について

語ってる部分が多いこと。

家に関するアイデアや発想のルーツみたいなものを語ってるので、

家自体が大切な意味を持っていると考えているのではないかと思いました。

 

日本人的にはコミュニティーとか絆といったところに

焦点を合わせて捉えがちですが、もしかしたら出演者たちにとっては、

もっとドライな感じなんじゃないかなぁと思いました。

 

 

いづれにしても、自分を振り返る良いきっかけになりました。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

根岸森林公園でお友達に再会したよ

2018年04月07日 | おでかけ

土曜日は森林公園でお散歩してきました。

 

前回はお花見に来て、まだ咲いていなくて、

今回はとっくに散っていました。。。

 

 

でも、新緑が美しくてうっとりです。

 

 

蒼太くんとパパは何かお話ししてるみたい。

男同士の会話の邪魔はしないよ。

 

公園をぐるっと歩いて来ると、ボーダー2頭が歩いているところに遭遇。

なんか見たことあるボーダーだなぁ〜って思ったら

先日お会いしたばかりのブルーさんとベリーさんでした。

 

 

お互い住んでる場所が、近いわけでもないのに

偶然再会するなんて、嬉しいご縁ですね。

 

ベリーさんが一生懸命蒼太くんに遊んでアピールをしてくれたのに

相変わらずお友達申請を却下し続ける蒼太くんでありました。。。

もう少し愛想よくしても良いんじゃない?って思うんだけどなぁ。

 

きっとまたどこかで近いうちにお会いできそうな予感がします。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

今は亡き欧介とのお花見

2018年04月06日 | 欧介と遊ぶ

欧介が6歳の時からずっと毎年桜が咲くたびに一緒に写真を撮ってきました。

欧介最期の2016年は本当に不思議なくらいいろんな場所で桜と欧介の写真を取りました。

 

 

今日はいつもの公園の八重桜が満開でした。

欧介と歩いた日を思いながらそっと持ち帰りました。

 

欧介は、とっても元気でお日様のような子でした。

訓練競技もアジリティーも一緒に楽しみました。

 

ジャックラッセルにしてはコンスタントに成績も出せる子でした。

そのようにするためには私も欧介も色々我慢したり、制約をしたり大変でした。

 

やんちゃで手を焼いたこともたくさんありました。

そんな欧介と練習していると、同じ公園で遊んでるワンコの飼い主さんに

「お勉強ばかりでかわいそうね。」なんて言われたりもしました。

 

でも、今から思えば、私がやらせよう、いうことを聞かせようって

必死だったんだと思います。

 

周りから見れば、教育ママゴンって感じだったと思う。。。

 

その頃、訓練所ではGシェパードやラブラドールが主流で、

小型犬で通う人はそんなに多くなかった時代でした。

同じ生徒の飼い主さんたちからは、そんな小さな犬も扱えないの?

って目で見られてるのがなんとな〜く伝わってきて、

訓練所に通うのもすごく肩身が狭かった。

アジリティー教室も同じだった。

みんなが上手になっていく中、私は欧介と気持ちを合わせることができなかった。

 

それでも諦めなかったのは、人と心を通わせ、楽しんでいる多くの犬を

見ることができる環境に居たからだと思います。

 

5歳を過ぎた頃から少しづつ心が通うようになってきました。

欧介とのやりとりが楽しくなって、

人からとやかく言われることが少なくなってきました。

 

犬って、ある程度の年齢が来るとお友達と遊ぶことも少なくなってきます。

以前「かわいそう」と言ってた人の犬も、みんなと遊ばなくなっちゃって。。。って

愚痴ってたっけ。

欧介はお友達と遊ぶことはしなくなったけど、私とは最後まで遊んでくれた。

 

 

13歳2ヶ月の写真です。

14歳8ヶ月で「前庭疾患」患うまで、元気に私を振り回してくれました。

 

 

享年15歳11ヶ月。。。

今は、自由にお空を駆け回っていることでしょう。

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

右脚側で歩けるようになってきた♪

2018年04月06日 | クリッカートレーニング

蒼太くんと右脚側行進の練習をしています。

 

 

通常、訓練では犬を左側につけて歩くのが「脚側行進」(Heel Work)と言われています。

なので、右側を歩くことを「右脚側」と言ってます。

 

前回までは「右脚側停座」のキューの聞き分けまで、動画をUPしました。

少しですが歩けるようになってきました。

 

 

蒼太が、かざした右手に鼻を持っていってるのは、

「手のひらに鼻をつける」ということを別に教えています。

それを利用して、右脚側停座を教える最初の段階で顔の位置の固定に使いました。

 

左の脚側を教えた時にここを丁寧にしなかったことで、

後々「顔の向き」が安定しないことに悩む結果になった。

犬は、横を歩くからと言って上を向くわけではなかった。

上を向くってことはアイコンタクトとも違う。

競技では、私の視線は進む方向を見て、犬を見ていないから。

以前、ドイツ人のUweさんの講習で

「犬を見すぎるので、犬がプレッシャーに感じている」って言われてしまいました。

 

そんな失敗も踏まえて。。。

 

具体的には、蒼太が私の横で私のかざした手の位置に鼻を向ける、

いや、向けたい、どうしても向けたいと思う、その意識が大事だと気づきました。

蒼太がそれを自分で選んで行動した時に、

確実にご褒美を与えてもらえるという安心感も大切。

 

ご褒美にオヤツだけをクリックの後に無言で与えて、行動を安定させたり、

蒼太の行動に対する意識の高さによって、おやつの種類や、

遊び方の強弱、ボールの種類でこちらの感情を伝えるようにしています。

 

不思議だけど左脚側行進もすごく良くなってきた。

今までの教え方が間違ってたんじゃなくて、

ピースをつなぐチェーンが細かったり錆びてしまってるだけなんだと思った。

 

今は、メンテナンス中〜

そう思って蒼太くんとコツコツ修理しています。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

蒼太くんのお友達 ☆ 一挙公開 ☆

2018年04月05日 | お散歩

競技を引退してから、お友達作りに励む蒼太くんです。

 

 

蒼太くんにとって大好きな女の子ダーシャちゃん

 

 

蒼太くんは性格もシャイで引っ込み思案なのであまりお友達がいませんでした。

ボール遊びも誰かが勢いよく走れば、遠慮して低い姿勢で目で追ってるだけでした。

ワンコが集まるところでは、僕は居なかったことにしてください

とお願いしてるかのように小さくなってました。

ダーシャちゃんに出会って、蒼太はとっても成長しました。

 

 

この日は同じ広場でお友達になったパピーの弦太くんとこんな風に

記念撮影もできました。

 

昨日の公園では、お会いして2回目のアンジーちゃんとご挨拶させてもらいました。

アンジーちゃん、他のワンコは苦手なようです。

蒼太くんが彼女のテリトリーに入るとピシャリとシャッターをおろします。

 

 

お父さんが大好きな、アンジーちゃんです。

 

 

アンジーちゃんのように、怖いので先に威嚇に出て「これ以上、近づかないでよ!!」

って言ってくるワンコさんには無理して近づいたらかわいそう。

1回目は、お互いリード付きでアンジーちゃんが威嚇しなくても良さそうな距離でお話ししました。

2回目は、お互いノーリードだったので蒼太を威嚇距離ギリギリのところでウロウロ。

アンジーちゃん、最初は「ちょー頭にきた〜」って感じで蒼太に向かってきたけど

その後2回はテリトリーから出てしまえば怒りを鎮めてました。

最後は「キッ」ってなったけど、蒼太が相手にしないので諦めた表情も見せてました。

そんなことしても無駄ってわかれば、仲良くはなれないかもしれないけど、

同じ空間にいることぐらいはできるようになると思う。

 

蒼太を見てて思うけど、私オンリーの時もとても幸せそうだったけど、

周りのワンコや人、環境とコミュニケーションが取れるようになって

彼の中で芯になる自信が生まれてきました。

それは、彼のアイデンティティーとなり自己肯定感に繋がる過程は

犬も人も同じだなぁって思う。

 

最近の蒼太は、自分はここに居るって4本足で大地を踏みしめている感じがします。

11歳だから当然だという感じもしますが、飼い主にはわかる心の変化があるのです。

その変化を私は楽しんでいます。

 

(今日書いた内容は、誰でも、どんな犬とでもトライできることではありません。

犬同士の性質や周りの環境などのマッチングが重要です。安易に真似しないでね。)

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

T-SITEからの辻堂海浜公園

2018年04月02日 | おでかけ

辻堂方面へ用があったので、ついでに蒼太と遊んできました。

 

 

まずは「湘南T-SITE」に寄りました。

 

 

お腹すいちゃったから、ランチに付き合ってね。

 

 

蒼太くんがいたので、Shop内に入れないので、お外で食べられるように

Table Ogino」でテイクアウトしました。

 

T-SITEは、中も外もくつろげるソファーがあったり、椅子があるので

ゆっくりできます。

もう少し座って居たかったけど、待ちきれなくてうずうずしてる子がいるので

「辻堂海浜公園」へ。

 

 

公園の中は、人でいっぱいだったので海岸へ行ってみました。

 

なぜかぽっかりと人のいないところがあったので、走って遊べて良かった。

 

 

こんなコワモテだからか、めっちゃハイスピードで走り回ってたからか

寄ってくる人も無くたっくさん遊べたよ。

 

 

朝起きたらぎっくり腰の一歩手前みたいになっていたので、

流石に帰宅後のシャンプーは避けたかったから、海へ入水は断固阻止。

 

公園の端っこを地味に散歩してると、

 

 

こんな綺麗に水仙が咲いていました。

 

 

とっても可憐で、たくさんの種類があることを知りました。

ワンコと歩くと視点も変わるので、新しい発見もあって楽しいですね。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

Comment
この記事をはてなブックマークに追加