廃墟賛歌ブログ

廃墟をはじめ軍艦島とか炭鉱とか廃線とか、産業廃墟作品制作ユニット<オープロジェクト>オフィシャル・ブログ

『軍艦島ナイト』イベントリポート #02

2009-02-18 11:02:34 | ・軍艦島ナイト


2008年12月14日、
お台場の東京カルチャーカルチャーで開催したイベント『軍艦島ナイト』。
『記憶屋 廃墟』管理人のドイテフさん、
そして『ワンダーJAPAN』編集長の関口さんをゲストに迎え、
オープロジェクト(大西、黒沢、西田)の3人と共に、
画像や映像を見ながらのトークセッションイベントの完全リポートです。

第2回 イベントスペーズ

2008年12月14日、曇り空の肌寒い冬の日。
会場はniftyが2年前にお台場にオープンした
東京カルチャーカルチャー」とういうイベントスペース。
都築響一さんの講演等、
サブカル的なアプローチでイベントを展開する会場。



今回のイベントは昨年末に発売した
DVD『軍艦島オデッセイ ?廿世紀未来島を歩く-』と
ビジュアル書籍『軍艦島全景 gunkanjima odyssey archives
のリリースイベントということで、
発売元の日活さん、三才ブックスさん、
そしてHMVさんの共催によるイベントに出演させてもらう形のものでした。

以前はイタリアンレストランだったという会場は、
こジャレた内装の気持ちいい空間。着席で120席前後ですが、
HMVさんの宣伝効果もあり、チケットは前売り段階で完売でした。
入場料が前売りで2,300円、しかも飲食別ということもあって、
以前行ったイベント『Meet the GUNKANJIMA』より
やや年齢層が高い印象ですが、これだけのお客さんにいらして頂いたのは、
とても嬉しいことです。
軍艦島の関心度が高まっている証拠だとも思います。



細長い会場の中央に舞台が設置され、その背後に大きなスクリーンがあるのは、
映像を流すイベントには嬉しく、更に舞台真横に位置するテーブル席は、
巨大画面が見られない事を考慮して、
テーブルに小さいモニターが沢山設置されているのも嬉しいです。



ゲストの方々との打ち合わせをはじめ、
リハーサルや映像の放映、DJの準備に追われ、
美味しそうだった料理をなんにも食べられなかったのは残念でした。



オープロジェクトの前作を含めた軍艦島DVD3本に『軍艦島全景』、
「軍艦島を世界遺産にする会」発行の『軍艦島 住み方の記憶』
で物販コーナーは軍艦島三昧に。

 
◇ archives ◇
第1回 イベントコンセプト
第2回 イベントスペーズ
第3回 オープニング
第4回 廃墟の魅力
第5回 軍艦島の魅力
第6回 写真を見ながら各人解説 [ドイテフ/廃墟]
第7回 写真を見ながら各人解説 [ドイテフ/軍艦島]
第8回 写真を見ながら各人解説 [黒沢/廃墟]
第9回 写真を見ながら各人解説 [黒沢/軍艦島]
第10回 写真を見ながら各人解説 [大西/廃墟]
第11回 写真を見ながら各人解説 [大西/軍艦島]
第12回 写真を見ながら各人解説 [西田/廃墟]
第13回 写真を見ながら各人解説 [西田/軍艦島]
第14回 軍艦島大解剖
第15回 アンケートに答えながら1
第16回 アンケートに答えながら2
第17回 アンケートに答えながら3
第18回 アンケートに答えながら4
第19回 軍艦島や廃墟を表現するということ
第20回 軍艦島映像作品紹介


最新の画像もっと見る