見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

ネオニコチノイド系農薬で宍道湖ユスリカ激減

2019-01-06 10:31:10 | 持続可能社会

 宍道湖のユスリカ激減!
 たまたま目が行った昨日の地元紙の地方欄の小さな記事をドキッとしながら読みました。
 あのユスリカの大群がいなくなれば、嬉しいような気もないではないけど、、、

 かつてのユスリカの大発生は、生活排水や肥料の大量投入による宍道湖の富栄養化が大きな原因だったんじゃないかと思いますが、それがワカサギの餌にもなっていたんですね。
 激減の影響、生活面ではいいと思うし、ワカサギの餌の減少ぐらいならと思います。
 ただ、激減の原因がネオニコチノイド系農薬の使用が背景と聞けば、捨てておけないんじゃあないですか?

 1990年代に登場した有機リン系農薬のネオニコチノイド、ミツバチの激減への関与が指摘され、西欧を中心に規制強化の動きがある農薬ですが、日本ではむしろ規制緩和の方向。
 2010年には、ハーバード大学でADHDになりやすいとの研究結果も発表され、13年にはEUが関与の可能性を公表しています。

 あっ、ネオニコの神経毒でカメムシ防除って、稲作農家には福音でしょうが、ミツバチなどにも効果絶大ですから、昆虫の媒介で受粉するお野菜にとっては受難そのもの。
 野菜農家はどう見ているんでしょうね。

 そんなネオニコチノイド系農薬ですが、TPPの発効でその使用量がさらに増えるのではないかと危惧しています。
 さて、どうしたもんじゃろなあ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 味噌大豆ですか?~大豆の脱... | トップ | いけずご広告(^^;; »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何時も楽しく拝見しています (遥か枚方より)
2019-01-06 17:30:41
子供のころ おそらく小学校の中学年の頃 当時出雲のお茶町 高瀬川の畔にすんでいましたが 夏の夕方 当時は ユスリカとは呼ばず すうけんこと呼んでいたと思いますが かわを挟んで 一面真っ白になるぐらい 乱舞 また乱舞していました もういないんですね こんな話わする人も 居なくなりますね 老兵は消え去るのみ byマッカーサー元帥
すうけんこ (管理者)
2019-01-07 09:41:58
すうけんこですか。面白いですね。
それにしても、一面真っ白になるくらいというのはすごいですね。
蚊柱が立つのは何度も見ていますが、真っ白って見たことがありません。
そういう光景がまったくなくなるのも近いのかもしれません。

コメントを投稿

持続可能社会」カテゴリの最新記事