見習い百姓のつぶやき

宮仕えも一段落、半農半Ⅹを本格化。農的暮らしとさまざまなⅩを悩んで、楽しんで一歩づつ。

ほんの一瞬、小糠雨

2018-08-15 20:39:51 | 自然農業

 何の変哲もない写真のように見えますが、実は違う、でも、、、
 今日昼過ぎ、窓の外を見ると期待の雨が降りだしたので、慌ててレンズを向けて撮ったんですよね~、でも、よくわかりませんよね、しかもお湿りには程遠い。
 それもそう、雨は小糠(こぬか)雨、しかもほんの一瞬で、道路も濡れない(><


 今日は、その後、26日のお手伝いをしてくださる女性が4人で見学に来てくださいました。
 話題の一つは雨、でもこれじゃあ、話題となるのもほんの一瞬、しかも小糠雨のような話題。

 明日は、雨80%の予報ですが、時間雨量は最大で2mm。
 今日だって、予報は朝からの雨、それが、総雨量でだって1ミリにも達してないだろうと思います。
 明日午前中、Yahooの天気予報では午前中雨、時間雨量2mmとなっていますが、果たして?

 降るだろうと確信して水やりしなかったのに(><

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« もっと落ちこぼれていたら | トップ | 実はすごい方においでいただ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何時も楽しく拝見しています (遥か枚方より)
2018-08-16 06:22:07
十六日の午前中に雨が降らないと 当分日照り続きになりそうな 松江地方の天気予報が出ています 東北は又しても豪雨 今年の日本は 農作物 就中 米は不作のようですね 景気は下降気味ですが それに拍車をかけかねません まあ軽井沢で休暇入りしている 人達には 関心の欠片もないでしょうけど
何時も楽しく拝見しています (遥か枚方より)
2018-08-16 07:26:41
今日から明日の早朝にかけて 裏の小道を家族連れで山の方向へ歩いていく人が 三々五々続きます お盆のお供えを流すためです お墓の山の下の川の左岸に 祭壇を設け お流しします 立派なつくりの家もあり 一服の風物詩です 隠岐のシャーラ船とまでは行きませんが 心の籠った 景色です 私たちもずっと続けてきました 合掌 枚方でも 胡瓜の馬 茄子の牛 麻殻で迎え火 送り火は実行しています 供え物を川に流す訳には行きませんが
何時も楽しく拝見しています (遥か枚方より)
2018-08-16 13:16:19
蜃気楼 未曾有 云々の漢字がろくに読めない三人が涼しい 避暑地でゴルフとは 国民を舐めきっていますよ またボヤキたくなりました
素晴らしい風習 (管理者)
2018-08-16 20:58:07
素晴らしい風習が受け継がれていますね。
お盆の間、早朝から陽射しの照り付ける日中、そして夕方、ご先祖様の供養に通われる皆さんの姿が見れます。
この良き日本の伝統、守りたいですね。

あの漢字が読めないとは、未曽有のことですね(><

コメントを投稿

自然農業」カテゴリの最新記事