日本キリスト教団 大塚平安教会 

教会情報や牧師のコラムをごちゃごちゃと

狭い門から

2021-10-16 16:02:26 | コラム
「狭い戸口から入るように努めなさい。言っておくが、入ろうとしても入れない人が多いのだ。」(ルカによる福音書13章24節)

 ある時にイエス様に聞いた人がいました。「主よ、救われる者は少ないのでしょうか。」その問いに答えたのが今回の聖書の御言葉です。「狭い戸口から入るように努めなさい。」
 
  狭い戸口というと、茶室を思い起こします。茶室の入り口は「にじり口」といって、身をかがめなければ通り抜けられない程小さい入口です。千利休というお茶の先生が考えたといわれています。
 例えば刀は武士の魂と言われるように、武士はいつも刀を腰に差していました。けれど茶室に入るには刀をはずさなければ入れなかったといわれます。つまり、千利休は、茶室に入る時は、なにも持たず、皆が平等の立場で平安にお茶をいただくのが良いと考えたのだと言われます。

 一説には千利休はクリスチャンであったとも言われています。茶室を霊性豊かな場所にと考えたのかもしれません。
 
 さて、狭い門とはなんでしょうか。最初に戻りますが「主よ、救われる者は少ないのでしょうか」と問われました。「救われる者」とは「神様を信じる者」のことです。神様を信じるために大切なことは、自分の手に握っている物を手放なすことです。握っているものはひとりひとり違います。財産、健康、社会的立場、家族、自分のもっとも大切なものを人は自分の手に握っているのです。それをも神様に委ねられるかどうかが鍵になります。

 委ねようと決心する人は少ないのです。だから戸口は狭いと主は教えられたのではないでしょうか。私たちは出来るなら全てを主に委ねて、神を信じ、希望をもって歩んでいきましょう。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 幸いに生きるために | トップ | 神の正しさを知る時にこそ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事