日本キリスト教団 大塚平安教会  

教会情報や牧師のコラムをごちゃごちゃと

わたしの助けとなられる神

2019-12-16 11:04:09 | http://www.ohtsukaheian.jp/
【詩編30編1~13節】
【ヨハネによる福音書6章16~21節】


 詩編30編を読んでいただきました。この30編を読みまして、すぐに気がつくことがあります。それは「上げる」、「下る」が何度も登場しているということです。
 2節に「主よ、あなたをあがめます」という主なる神を賛美する御言葉からはじまり、「あなたは敵を喜ばせることなく、わたしを引き上げてくださいました。」と続きます。4節には「主よ、あなたはわたしの魂を陰府から引き上げ、墓穴に下ることを免れさせ わたしに命を与えてくださいました。」ともあります。10節には、「わたしが死んで墓に下ることに、なんの益があるでしょう。」も記されます。

 「陰府」あるいは、「墓穴」は、死の世界です。あるいは闇の世界、神がおられない世界、詩編の作者は、危うく陰府の世界へと下るところであった。その原因はわかりませんが、1節に「神殿奉献の歌」とありますから最も考えらえるのは、戦争があって、そこから勝利を得て凱旋帰国したのかもしれません。戦いの中で行く度も命の危機がありながらも、勝利してきた。そのような喜びの中で作られた歌かもしれません。
 あるいは、もっと個人的な歌と考えるなら、詩編の作者は、病気であったのではないかとも言われます。それ故、その病気によって陰府に下り、墓穴に下る恐怖に生きていた、けれど回復、健康を取り戻し、感謝して歌った歌であるとも考えられます。

 色々と想像は出来ますけれど、何かしらの苦難の中を経験し、潜り抜けて、しかしそれを乗り越えることが出来た。ですから、ある説教者はこの詩編30編にはし「壮大な感謝の祈りの世界がある」と表現しています。
 
 地上に生きる作者が、陰府の世界を垣間見ながら、しかし、天と地と陰府の世界の全てを支配される神が、「泣きながら夜を過ごす」したこの自分を、しかしその後「喜びの歌と共に朝を迎えさせて」下さった。

 12節には「嘆き」が与えられたけれど、その嘆きを踊りと変えてくださった。苦難、苦しみの象徴でもある「粗布」を脱がせて下さり、粗布の代わりとして喜びを帯びとして着せて下さった。

 この方によって、自分は「癒され」「命を得て」助けが与えられた。主なる神に対する壮大な祈り、感謝の祈り、そして13節には「わたしの魂があなたをほめ歌い 沈黙することのないようにしてくださいました。わたしの神、主よ とこしえにあなたに感謝します。」と主に対して、心からの祈りを献げる、大変スケールの大きい、心の籠った、感動に満ちた詩編であると思います。

 丁寧に読めば、読むほどに感動が与えられる思いを持って読むことが出来ました。そのようにして主なる神は、私達の人生の助けてとなって下さる、それは全く正しいことだと思いますし、だからこそ私たちは、こうして毎週の礼拝に集い、主を称え、主を賛美し続けているとも言えるでしょう。

 今日の説教題を「わたしの助けとなられる神」と致しました。神様とは、私達が困った時、迷った時、苦難の時、助けて下さる方である、それは間違いのないことでありましょう。

 今年もあと一か月ちょっとでクリスマスを迎えます。御子イエス・キリストの誕生を祝う時です。この世の社会は既に教会よりずっと早くクリスマス商戦に突入しています。しかし、12月25日を過ぎると、また見事にお正月バージョンに変化し、クリスマスのクの字も見ることはなくなってしまう。それが毎年のことです。

 お正月になりますと、日本人は宗教を信じない人々が多いと言われますが、それでも毎年、凡そ8千万人から9千万人の方々がお寺や神社に初詣に行くと言われます。

 日本の総人口から見ても、凡そ70~80%の方々が初詣に行くのです。皆が行くから行くという人もいるでしょうけれど、信仰心が無いなんてとんでもないと思います。

 日本人は、実に豊かに目に見えないけれど、大いなる神に対する畏敬の念を持っていると思いますし、神の教え、仏の教えを下らない無用の教えであると考えている人は殆どいないと思います。

 先日、私が生まれ育った岩手の田舎から、小学校の同窓会のお知らせが来ました。来年の2月に行うというのです。私の年代は来年度になると丁度還暦を迎えます。その区切りもあって同窓会をしようというのです。数年ぶりの同窓会ですから、私もとても楽しみにしていましたが土曜日の夕方からというので、行けそうもありませんけれど、そのお知らせの中に、神社のお札を希望する方は4千円とありました。それだけでも希望の方は送りますというのです。

 その神社の神主も、私の高校の同級生で親友とも呼べるほどの付き合いをした友達です。どんなお札を準備されるのか分かりませんが、還暦ですから、恐らく無病息災とか、健康祈願とか、家内安全といったところでしょう、学業成就とか、商売繁盛などはあまり無いかもしれません。出産祈願も、あるかもしれませんが、恐らく無いでしょう。いずれにしても購入しませんけれど(笑) 私以外の殆どの仲間は購入すると思います。

 私もキリスト教でなければ購入したかもしれません。でも、私はキリスト教で本当に良かったと思います。4000円払わずに済みます。(笑)

日本人の宗教観と、キリスト教の違いはどこにあるのか。多くの事柄について申し上げることがあるように思いますが、私が恐らく最も違っていると思う一つは、神と人との関係性の問題です。

 マルチン・ブーバーというユダヤ人哲学者が、「我と汝」という言葉でもって、この世界を説明しました。私自身その意味の深さを十分に把握しているわけではありませんが、この世界は私だけがいるのではなく私とあなたがいる、すなわち「我と汝」の世界という関係で成り立っている。そこにこの社会があるというのです。

 主なる神は、私達を造られました。創世記1章26節に記されています。「我々にかたどり、我々に似せて人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うすべてを支配させよう。」私たちは神によって、神に似た存在としてこの世に生まれてきました。けれど神に似た存在とは、神ではないという意味です。

 詩編8編にはこうあります。「神に僅かに劣るものとして人を造り、なお、栄光と威光を冠としていただかせ、御手によって造られたものをすべて治めるように その足元に置かれました。」

 主なる神は、私達を神に似せて、しかし、神に僅かに劣る存在として造られた。劣るとは、欠けがあるという意味ですけが、欠陥品という意味ではありません。私達は欠陥品としではなく、神に僅かに劣る存在、つまり、1人では生きられない存在として造られたのだと思います。

 だから人は助け合う存在として、互いに強い絆を持ち、その関係生によって豊かになっていくようにと造られたのです。人と人との出会いが、その人を豊かにしていくのです。
けれどまた、人と人との出会いは、時として誤解を招くこともありますし気が合わないということもあるでしょう。

 この人こそ私の助けと思っていた夫がなんと役に立たない。我が助けと思っていた妻が浪費ばかりする。老後の助けと思っていた子どもが、老後になってもこっちが世話をするということもあります。あの人がもう少ししっかりしていたら、この人がもう少ししっかりしていたら、あの牧師も役に立たないけれど、こっちの人も役に立たない。

 そのようにして人と人の間で豊かになるのなら良いのですが、人と人の出会いは腹立たしくなることもある、かもしれません。

 腹立たしくなるというのは実はその相手を頼っているという事でもあって、頼るのではなくて、私がその相手を必ず幸せにするというふうに、互いがそう思えるのならば、そこに全く違った関係、まさに助け合うという関係となれるのですが、残念ながら中々そうならない現実もあるようです。

 だから、私達の本当の助けてとして、主なる神は、決断され、神のままでいることを良しとされずに、人の姿をとって、しかも徹底的に謙遜になって、私達を愛するため、私達を助けるために、この世に誕生してくださった。生きる神、生ける神として私達の前に現れて下さった。そこに確かな人格的な関係を築いて下さり、私とあなたという関係を築いて下さり、確かな絆をそこに示して下さった。
それがキリスト教の他の宗教には見られない、人格的な関係を持った神としての姿をみることが出来ます。

 人格的な神としての、主イエスが示される神の助けとは、どういう形なのでしょうか。お札のようにして家内安全、健康祈願のような形として示されるわけではありません。今日は新約聖書からヨハネによる福音書の6章16節からの箇所を読んでいただきましたが、弟子たちが船にのって、湖を漕ぎだしたという場面であります。

 この話はマタイによる福音書にも、マルコによる福音書にも、同じような話が記されてありますが、どの福音書を読みましても、弟子たちだけで舟を漕ぎ出したという場面は変わりません。そして、凡そ25~30スタディオンばかりこぎだしたところで、風が吹き出して湖が荒れだすのです。1スタディオンは185mとありますから、岸から、4㎞から5㎞は既に離れています。他の福音書には湖の丁度真ん中当たりとありました。行くことも帰ることも出来ない。それでも、進んで行かなければならない。漕ぎ続けなければ沈んでしまう、そういう状況だったのではないでしょうか。
 
 弟子たちは、誰一人として、「大丈夫だ、イエス様がおられるから、何の心配もない。祈れば大丈夫。ゆっくり休んでいよう」とは言いませんでした。勿論、休むこと、祈ること、大切でしょう。でも、頑張るところ、踏ん張るところ、励むところがあって、そこで頑張れる、そこで踏ん張れる、そこで励むことが出来る、その踏ん張る中にあって、主イエスがやって来られるのです。しかも弟子たちの誰もが思っても見ない形で主イエスが現れて下さった。弟子たちはその登場に恐れをなすほどであったことがわかります。

 この出来事は、神の助けの、あり方を示すものではないでしょうか。大切なことの一つは、弟子たちの頑張りと踏ん張りです。勿論必死であったに違いありません。神様がきっと助けて下さるという信仰を持っていたことは間違いありません。しかし、現実は嵐の中なのです。

 詩編30編の詩編の作者にしても同じだと思います。それが戦争であったのか、病気であったのか。けれど詩編の作者は戦争にしても、病気にしても、神様はきっと助けて下さるから大丈夫と何もしなかったのではありません。どれほどの墓穴に下るかと思い、どれほど泣きながら夜を過ごしたか、どれほど嘆き、どれほどに粗布をまとう思いを生きてきたであろうか、そこに詩編の作者が、どれほど必死になって自分との戦いを戦ったが伺えると思います。
 その戦いが無ければ、きっと喜びの歌と共に朝を迎えることも、喜びを帯としてくださることも無かったのではないでしょうか。
 
 もちろん、神はわたしの助けとなって下さいます。けれど、その助けはもしかしたら自分の願いとは違う結果となるかもしれないし、舟の上の弟子たちのように、自分にとっては驚きとして受け止めることになるかもしれません。それでも尚、主なる神、主イエス・キリストとの人格的な関係、流れる血のように生きる命の関係、すなわち主がおられるだから大丈夫、だけど、自分ができることを精一杯なしてなお、主を待つ。
 
 主イエスは、「求めなさい。そうすれば与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。」とも話して下さいました。
 
 現実を見て諦めるのではなく、こんな状況だからと嘆くのではなく、こんな現実の中で、こんな状況の中で、求め続け、探し続け、門をたたける、そのような信仰をわたしたちは養って参りましょう。そして、その先には必ず願う場所へ、助けてとしての神が導いて下さいます。ヨハネによる福音書の6章20節を最後にお読みます。
 「わたしだ、恐れることはない。」そこで彼らはイエスを舟に向かえ入れようとした。すると間もなく、船は目指す地に着いた。」私達も、それぞれに目指す地に向かって、主を助けとして過ごして参りましょう。  お祈りします。

コメント   この記事についてブログを書く
« 祝福と平和を与えらえる神 | トップ | 「わたしの口に新しい歌を」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

http://www.ohtsukaheian.jp/」カテゴリの最新記事