日本キリスト教団 大塚平安教会  

教会情報や牧師のコラムをごちゃごちゃと

子育ての心 第2回 一体となる大切さ

2019-01-12 16:10:44 | 子育ての心

 このファリサイ派の答えにイエスは少し感情を強く表に出したように私は感じます。イエスは、当時としては全く違った、つまり律法とは違う話をされました。

 「天地創造の初めから、神は人を男と女とにお造りになった。それゆえ、人は、父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体になる。だから二人はもはや別々ではなく一体である。従って神が結び合わせてくださったものを人は離してはならない。」(マルコによる福音書10章6~9節)
 
 キリスト教の結婚式等で用いられる有名なフレーズがここにあります。私もこれまで何度、この言葉を宣言したでしょうか。私の司式で結婚された皆さん、幸せにしていますか~(笑)
 
 恐らく、イエスの思いがけない返答を聞いたファリサイ派の人々は、かなり戸惑い、驚いたでしょう。離縁そのものがおかしい。これがイエスの答えです。
 
 現代でも、厳格なカトリックの信仰を守っている人々は、この教えを大切に守っています。カトリックには七つの秘跡(ひせき)と言って、「洗礼」、「堅信」、「聖体」、「赦し」、「病者の塗油」、「叙階」、「結婚」があります。秘跡とは、「神から教会に委ねられた、神の恵みの印」と説明されます。教会だけが行うことが出来る(ことになっている)特別な役割とも説明出来ます。その中に「結婚」があるのです。先ほどのイエスの言葉が理由の一つとなり、教会はイエスが直接話された「結婚」の意味を大切にしてきた証しでもあります。その為、離婚などとんでもないと思っている方々は世界中に沢山おられるでしょう。

 ただ、実際は、カトリックでも離婚する方はいるわけで、その方法は、結婚そのものを無効とすることのようです。離婚という形ではない別れ方をとっているようです。ただこれは教会でのことで事実上法律で離婚は認められているようです。プロテスタント教会はもともと、「結婚」が秘跡ではありませんので、もっと緩い扱われ方です。教会によっては同性愛者の結婚も容認される時代です。法的にも同性愛者の結婚を認める国もあります。
 現実的には、カトリックでも、プロテスタントでも、キリスト教国と呼ばれる国の多くは、離婚率が高いのが現実かもしれません。

 その背景には経済的な状況が加味されているわけで、いわゆる先進国と呼ばれる国の多くが、女性一人、男性一人でも十分に生活が可能で、生きていくのにさほど困らない体制が取られていることも、皮肉なことに離婚しやすい社会を生み出していると言えるでしょう。

 今回のテーマはあくまでも、「子育て」ですから、離婚のことはあまり長く記さない方が得策でしょう。大切なことはイエスの言葉、「人は、父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体になる。だから二人はもはや別々ではなく一体である。」この言葉です。この言葉によって二人が一体となり、二つのものが一つになって、夫婦となり、家庭が築かれていく、このことこそ大切なのだとイエスは語ります。

「子育て」に必要なこと、それは二人が一体になるということです。
「二元論」という言葉があります。多くは哲学用語として用いられています。フランス生まれのデカルトという人の「実体二元論」などは有名です。世の中は、相反するもので構成され成り立っているという考え方です。例えば「善」と「悪」、「心」と「体」、「光」と「闇」、「生」と「死」など二つのものが世の中にあると言われると、なるほど、そうかなと思ったりしませんか?特に世にある理解不能な「不幸」に遭遇するような時、この二元論は説明がしやすい論理と傾向だと考えられたりします。

 聖書の中にも、「生まれつきの盲人をいやす」出来ごとが記されています。イエスと弟子達が歩いている通りすがりに、生まれつき目の見えない人を見かけます。弟子たちはイエスに尋ねました。「ラビ、この人が生まれつき目が見えないのは、だれが罪を犯したからですか。本人ですか。それとも、両親ですか?」つまり、目が見えない原因は、彼の先祖の誰かが悪さをして、それが原因でこの目の見えない人に影響したのか、両親が悪さをしたのか、それとも生まれつきなのにもかかわらず、本人の責任なのですか?と尋ねたわけです。

 そこには正しい人であれば目が見えないような不幸にはならない、目が見えないのは何らかの悪を行ったからである。という二元的思想の中でイエスに問うたというわけです。しかし、イエスは「本人が罪を犯したらからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである。」と答えました。この答えについてはまた後ほど触れたいと思いますが、イエスは誰かのせいにするのではなく、「神の業」が現れるためと答えました。誰のせいでもない、いわば神の責任だと答えたのです。ここに一元的な答え方が読み取れます。この答え方はキリスト教の思想に深く影響を与えていると私は思っています。世の中には二つのものがあるのではなく、一つなのだ。その中に、「女」と「男」という考え方も含まれるわけで、つまり、結婚する男女は二つではない、そこにおいて一つであるという考え方です。

 キリスト教は、二元論的哲学的思考を支持しません。男も女も大切なことは、二つのものが一体となる、一つになることだと考えるのです。

 この教えは、興味深いことに、仏教とも共通していると私は考えています。鈴木大拙という近代日本の最大級の仏教学者が「日本人的霊性」という著書を著しています。「霊性」と言う言葉は、恐らくどの宗教においても大切にされる言葉だと思いますし、キリスト教でも近年、大きな注目が注がれている言葉です。宗教がこの言葉によって、一つにつながる可能性さえあると私は思っています。

 その著書の中で大拙は「霊性」の定義を、二元的世界のその先に、もうひとつ越えた世界があると考えています。「精神または心を物(物質)に対峙させた考えの中では、精神を物質に入れ、物質を精神に入れることができない。精神と物質との奥に、いま一つ何かをみなければならぬのである。二つのものが対峙する限り、矛盾、闘争、相克、相殺などいうことは免れない、それでは人間はどうしても生きていくわけにいかない。なにか二つのものを包んで、二つのものがひっきょうずるに二つでなくて一つであり、また一つであってそのまま二つであるということを見るものがなくてはならぬ。これが霊性である。」 と定義付けます。つまり、二つのものあるという世界観では、人は生きていくことが困難であると訴えているのです。
 
 私の出身は岩手県の花巻市です。花巻の教会でも牧師として数年働いておりました。今思うと、長男の誕生、二男の誕生など、私たち夫婦の家庭生活もそこから始まっています。花巻というと温泉が有名ですが、何より有名なのは、宮沢賢治の出身の土地として知られているのではないでしょうか。宮沢賢治は童話作家として、また、詩人として、また、地質学者として、天文学者として、非凡な才能を持ち、裕福な家庭に生まれながらも、生前は案外不遇な生涯を過しました。賢治が世に知られるようになったのは賢治の死後に弟の宮沢清六に発見され、世に出された「アメニモマケズ カゼニモマケズ」という詩がきっかけとなったことは良く知られています。

 花巻市には「宮沢賢治記念館」があります。お土産として売られている色紙や手帳、手ぬぐいなどに記されている言葉は、「世界全体が幸せにならなければ、個人の幸せはあり得ない」 という言葉です。この言葉も賢治の言葉として大変良く知られています。
 私個人の思いとしては、むしろ「個人が幸せにならなければ、世界全体の幸せはあり得ない」と表現したい思いがありますが、どちらでもあまり違いは無いかもしれません。

 この言葉の中で賢治が用いた「世界全体」という言葉の意味が大切です。賢治はこの言葉に、人間社会だけではなく、動物も植物も生きるもの全てが含まれると考えていたようです。それだけでもなく、地質学者としての賢治は、鉱物や金属といった無機物までも含んで、つまり生きてはいないけれど地上や地中、空中にある物質、世界の全てのものを含んで「幸せになる」必要があると考えていたとも言われます。恐らくその「幸せ」の延長上にある言葉が「イーハトーブ」 という言葉ではないでしょうか。

 賢治には、花巻で最初のクリスチャンとなった友人の斎藤宗次郎がいました。実の妹の宮沢トシは、日本女子大を出て、花巻に戻り英語の教師をしていましたが、盛岡市の内丸教会にいたタッピング宣教師御夫妻にネイティブの英語を習い、また、聖書の学びも受けていたようです。賢治もその学びを共にしていたと言われています。ですから、実際に、教会の礼拝にまで行ったかどうかは定かではありませんが、キリスト教の教えや、聖書の内容、思想をよく理解していたと思われますし、宗次郎の話からもキリスト教思想について、多く影響を受けたであろうと思います。賢治の童話の中には聖書の話しがベースとなって創作された作品がいくつもあります。

 賢治自身は仏教徒でしたが、例えば、幸福についての考えるとき、誰かの不幸の上にある「幸福」という考え方を支持していなかったと私は思います。それはつまり、キリスト教の影響を強く受けていたからではないかと思うのです。
命あるものも、命の無いものも全体が幸福になる、そうでなければ幸福はありえない。そう考えた賢治の思想には尊いものを感じるのです。つまり、全体が一つになることです。

「子育て」に必要なことは一つになることです。母親と父親が一つになる。実際、心も体も、「生」も「性」も「聖」も一つにならなければ新しい命が宿らないように、そのように私たちは神様に造られているのです。

ジャンル:
きいてきいて
コメント   この記事についてブログを書く
« わたしは良い羊飼いである。... | トップ | 自分自身を愛するように »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子育ての心」カテゴリの最新記事