日本キリスト教団 大塚平安教会 

教会情報や牧師のコラムをごちゃごちゃと

元気が出る言葉 第10回

2021-09-04 09:03:29 | コラム
 みなさんこんにちは。大塚平安教会牧師の菊池丈博です。今回の人生これからメッセージは、新約聖書ルカによる福音書19章5節の御言葉です。

「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい。」

 イエス様がエリコという町に入った時のお話です。エリコの人々はイエス様が来たと大喜びで道に出て出迎えました。イエス様も喜んだと思います。ふと上を見上げると桑の木があって、その木からザアカイという名の人がイエス様を見ているではありませんか。
 
 徴税人のザアカイは、自分もイエス様を一目見たいと思って道端に行ったのですが、仕事柄、街の嫌われ者だったザアカイに誰も場所を譲ってくれる人もなく、仕方なく桑の木に登ったわけでありました。

 そんなザアカイを見上げながらイエス様は話されました。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。今日はぜひあなたの家に泊まりたい」この言葉はザアカイにとってどんなに驚きと共に喜びであったでしょうか。
 
 その日の晩には、ザアカイと一緒にイエス様、お弟子さんたち、食事をしながら笑顔と何よりも沢山の会話で大いに盛り上がったことでしょう。

 コロナ禍によるパンデミックの状況が一年を越え、一年半を越えようとしています。いつになったら平穏な状態になるのか、私たちはまだまだ不安と不満の中で過ごしています。私達の教会も昨年は何週にも亘って礼拝を休みました。コロナ禍の中で何が辛いかというと、人と接する機会、人と話をする機会が随分と減ったことです。
 
 人は一人では生きていけません。生きていけないので人は集まって、家族となり、社会を造り、コミュニティとなって生きているのです。つまり会話というより、言葉を発して自分の気持ちを伝えながら生きているのです。
 人と接する機会が減り、会話する時間が無く気持ちを伝えられない状況は人を不健康にします。コロナにならなくても体の調子を崩している方も多いかもしれません。
 
 ザアカイも人との会話不足、関係作り不足による不満や不安を生きていたでしょう。そこにイエス様が通りかかりました。

 皆さん、こんな時代に会話が足りないと思っている方気を付けましょう。まずは神様との会話祈ることです。元気になります。元気になったところで、家族との会話、夫婦で会話、仲間との会話、近所の方々とのおしゃべり、そうやって自分を解放していきましょう。閉塞感の強いこの時代に、マスクはしっかり付けて、でもどんどん会話していきましょう。とても元気になるはずです。。元気になってこの時代しっかり生きていきましょう。

 会話、足りないなぁと思う方、ぜひ、教会においでください。いつでも沢山出来ます。(笑)

 皆さん、人生これからです。

 ※このメッセージはスマホのラジオトークで聞くことが出来ます。牧師が直接語りかけています。興味のある方は「ラジオトーク 人生これからメッセージ」を聞いてみてください。大塚平安教会のHPからスキャンで入りますと楽です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする