日本キリスト教団 大塚平安教会 

教会情報や牧師のコラムをごちゃごちゃと

結婚式を執り行いました。

2021-04-05 10:14:14 | コラム


イースターの前の4月3日(土)久しぶりに教会で結婚式を執り行いました。

なんと私は10年以上、結婚式の司式をしてませんでした。

だから、私も緊張して、ちょっと上滑り(笑)

でも、聞いた話だと、牧師の話が面白かったと、披露宴でもりあがったとか。(笑)

当日は、晴天で、誰もが笑顔に包まれて、教会の内部は色々な制限(コロナ対応)がありましたけれど、

前の庭では、沢山の方がお祝いに集まり、久しぶりに穏やかか、良い日となりました。

お二人さん、ずっと幸せに過ごして下さいね。
コメント

結婚式バージョン 教会内

2021-04-05 10:01:09 | コラム



結婚式の為に準備した礼拝堂です。ためいきが出るほど綺麗と称賛されました。

頑張ったかいがありました。(笑)

次に結婚式挙げたい方、いますか~(笑)
コメント

教会からも 落ちこぼれてしまったあなたへ

2018-06-13 09:20:29 | コラム

「教会からも 落ちこぼれてしまった あなたへ」

 https://bokushitasaki.muragon.com/entry/763.html


 という文章を読みました。田崎敏明先生が
 
 ポール・トゥルニエ というフランスの学者の

 文書を記して、教えて下さっています。

 良い文章です。

 イエス様だけが、支えであって、人に頼ると落ちこぼれてしまうことがあると、

 私も思います。

 「人間に頼るのをやめよ 鼻で息をしているだけの者に。
  どこに彼の値打ちがあるのか。」イザヤ書2章22節

 こんな御言葉があります。
コメント

究極のシャンプーを発見!

2018-06-06 17:07:17 | コラム

 
 私の長年の悩みは、ちょっと不潔ですが、フケが多いということでした。

 思い起こせば中学生の頃から気になって、気になって…

 ですから40年以上悩んでいるのです。

 「思い悩むな」と聖書にありますが、そうもいかない💦

 牧師シャツもそうですが、黒系の服はNG フケがとても目出つからです。

 ですから割と白系のシャツが多くなります。
 
 でも、仕事柄か、案外黒を避けて通れない時もあり、

 フケ防止と思って、毎日のシャンプーは欠かせません。

 今の時代、「ふけ・かゆみ防止」シャンプーは山ほどあります。

 その、ほとんど全部を使用してみましたが、どれもほとんど効果が無く、

 通販のこれこそ!のようなものも使用してみても、いつも裏切られ💦

 近頃は、加齢もあり、白髪にフケ、あ~嫌になる😠

 ほとんど絶望していたのです・・・が、一週間ほど前に気がついたのです。

 私は、とてもひどい花粉症だし、調べたこともないのですが、結構、アレルギー体質

 プラス、乾燥肌、だからシャンプーそのものがフケを誘発してるのではないか?

 それで、シャンプーするのを止めてみよう、と決めて、水かぬるま湯だけにしてみたのです。

 すると、結構、思ったよりも調子が良いのです。赤く炎症を起こしていたような頭皮とか

 が、心なしか治って来ているような!(^^)!

 かゆみも減り、水だけの洗髪なので、一日二回、三回でも案外楽ですし、

 我が家の水は、家内が結構水にうるさく、水の元栓のところに浄水器を付けて

 いて、お蔭で私の熱帯魚やエビちゃんが元気だなぁと家内と話していた時、

 気が付いたのです。水だけでOKじゃないのか?

 水だけOKみたいです。

 フケでお悩みの皆さん、何をやってもダメと思っている皆さん。

 水だけで洗髪、環境にも優しいのは、自分にも優しいようです。

 試してみても、損は全くありませんから、試してみては?

 水は究極のシャンプーです。


コメント (2)

ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか

2017-03-03 09:29:29 | コラム
 「人相手の仕事はなぜ疲れるのか」(武井麻子著 大和書房)

を読みました。「感情労働」という言葉は、日本人の心のありかたをよく表してます。

 以前、フランスのパリに旅行に行ったときに、本屋でフランス語と英語の対訳の聖書を

購入しました。「これ下さい」と言ったら、店員に「あんたフランス語読めるの?」と聞かれました。

しかもぶっきらぼうに。読めないのに買っても意味ないでしょ、というニュアンスです。

ムカッとして、「だから、これから勉強するために買うのです。」と話しましたが、すごい気分悪~(-_-;)

という思いをしたのを思い起こします。

 日本では、こんな会話は成立しません。書店の店員さんに聞けば、最後まで一生懸命に探して下さるし、

すごい丁寧です。日本にいると「当たり前」ですが、これが世界標準だと恐らく「当たり前」ではないんですね。

 「おもてなし」という言葉を思います。日本人の心のようにも言われます。

でも、「おもてなし」しすぎると、心が疲れる。だから、日本人はとっても「感情労働」をしているんだと思います。

あなたも、あなたも、あなたの仕事場で「感情労働」していませんか。しすぎると、自分を見失い。

ストレス一杯になったりしたら大変です。

自分の心を取り戻したいあなたにお勧めの一冊です。


コメント