日本キリスト教団 大塚平安教会 

教会情報や牧師のコラムをごちゃごちゃと

元気が出る言葉 第11回

2021-11-13 17:50:00 | ラジオトーク
 みなさん、こんにちは、大塚平安教会牧師の菊池丈博です。今日の人生これからメッセージは、新約聖書ペトロの手紙二 3章18節からの御言葉です。

「わたしたちの主、救い主イエス・キリストの恵みと知識において、成長しなさい。」

 以前に、ある社会福祉の専門家に聞いたことがありました。人間は何歳位から年寄りになるのでしょうか。すると何歳だと思いますか。答えは45歳だそうです。

 人間45歳位からは、年々衰えていくそうです。私も45歳の時に、生れてはじめての経験をしました。人と話をしていて、目の前にいる人の名前が出てこなくなったのです。

 何か病気なのだろうか、よくない兆候なのだろうか、冷や汗が出て来たことを思い出しますね。でも、後になって気が付きました。これが年を取ったということだとわかりました。最近では毎日物忘れをしていますから、名前が出ないのなんて当たり前で、冷や汗は出ません。ため息は出ますが(笑)

 私も60歳となり、教会以外の所では十分な年齢となりました。子どもの頃のように成長することは無くなりました。お腹周りの成長以外は全て止まったようなものです。

 でも、聖書は「わたしたちの主、救い主イエス・キリストの恵みと知識において、成長しなさい」とあります。人は幾つになっても成長するものがあるようです。一つは恵みにおいて、もう一つは知識において、成長するようです。

 今回は特に恵みについてですが、神様は私達すべての人に自然の恵みを与えてくださいました。丁度今は秋ですけれど、秋と言えば食欲の秋、ぶどうも美味しいし、おイモも美味しいし、昨日はとれたてのカブを食べたら美味しかったです。神様はそのようにして自然の恵みを沢山、私達に備えてくださいます。

 神様は正しい者にも正しくない者にも、雨を降らせてくださり、太陽を昇らせてくださる。その人が何をしているのか、していないのかは、関係ありません。人だけでもなく、どんな動物にもどんな植物にも、雨を降らせ、太陽を与えてくださり、あなた方は生きていきなさいよ、と教えておられるわけです。

 更に、何が恵みかと言うと、神様は私達に、救いの恵みを与えてくださいました。救いというのはね、助けてくださったということです。
 
 病気の人は病気が治るように病院に行きます。そこに医者がいて助けてくれます。生活に困っている人は、困らないように役所に行って相談するわけです。私も私の母親、認知症になって長く病院にいますが、困ってしまって市役所に行き相談したことがありました。人は人と時々、喧嘩しますけれど、人間関係で悩み続け、関係が良くなりますようにと祈り続けることも良くあるのではないでしょうか。
 
 人は色々なところで困るのです。先日亡くなられた瀬戸内寂聴さんが言っていました。皆さん、人生は坂があります。でも一番困るのは「まさか」という坂です。上手い事言うと思って聞きました。

 生きていくのに辛い、苦しい、そういう時があります。そんな時に、本当に助けてくださるのは、主なる神様ですよ。私達のどんな時も助けてくださる。どんな時もですよ。

 イエス様は「人にはできないが、神にはできる」と話されました。私達は、自分達で思っているより出来ないことが多くあるのです。でも、神にはできる。そう信じていると、神様は、「まさか」という坂さえも、乗り越えることができる、そのような救いを見せてくださいます。

 これは本当に凄いことです。私はあなたを絶対に見捨てないよって神様だけがそう伝えてくださいます。神様の恵みをしっかり受けて、私たちは年齢によらない成長を遂げることができるようです。60歳でも、70歳でも、80歳でも、90歳でも、皆さん!人生これからです。!

 ※このメッセージは、スマホのラジオトークで聞くことができます。牧師が直接語りかけています。興味がある方は「ラジオトーク 人生これからメッセージ」を聞いてみてください。大塚平安教会のHPからQRコードをスキャンすると、楽です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする