旅・日々・思い出し笑い

旅して食して暮らして…
日々感じたことや思い出など、いろいろ綴ってます。

パリのレストランPaulでセピア色の思い出♪

2018-03-03 01:33:33 |  ヨーロッパ
もうだいぶ昔のことですが、パリの老舗レストランPaulで帰り際にいただいた絵葉書です。



いつも拝見しているooawakuiさんのパリ・ポール軒で思い出し、書いてみました。



私たちが宿泊していたホテルは都市部から離れたチープなヨーロッパ系のホテル。
近くに大型のショッピングセンターがあったのを覚えているのは、
着いてスグに友達のスーツケースが丸ごと盗まれてしまい、衣類などを買ったから!
(このことは又記憶をたどって書くことにします)

予約をしてタクシーに乗って向かい、降ろされた場所はセーヌ川沿いの裏口だったのです。
ガイドブックの写真と違うなと思っても疑わずに中をのぞいたら…
スタッフがまだ寛いでいる様子で、コチラを見ても「何だ?」って感じで知らんぷり!

まだ夜の営業時間には少し早かったけど、お店の人はいるし、
ドアを開けようとガチャガチャしたら、鍵がかかっていたらしくドアノブが外れてしまいました
渋々出て来てくれたスタッフに予約名を伝えたら、中に招き入れテーブルに案内してくれましたが…
なんとオープンの時間まで、私たちをほったらかして寛ぎ続けているんです

時間が来たら「さぁ始めよう~」みたいな掛け声をかけ全員が配置につき、
オーダーをとりにきてくれ、さっきまでの態度とは大違いでプロのサービスが始まりました。

ガイドブックには皇太子殿下も来店とあったので、ページを指差し聞いてみたら…
なんと、私たちが座っている席に座ったと!!!
店の真ん中の狭いテーブルで上席とは思えない場所に座るわけないよね~と
リップサービスにもほどがあると思いつつも喜んだものでした
その皇太子殿下も、いまの天皇陛下のことだったと後々知りましたが…

壊したドアノブの弁償はなく良かったですが、
その時から予約の時間はきっちり守るようにしています。当たり前ですけどね^^

当時撮った写真は自分たちが主役で、風景は二の次、それもフィルム写真
お料理は何を食べたか記録もなく、まったく覚えていませんが、
食事を終えお店を後にして振り返ったら、ガイドブックで見たポールの店構えでした

HPを見つけました!Restaurant PAUL

Ferme le lundi ↑ 月曜定休(たぶん)となってますが、今は日曜休みみたいです!

Phone No.が同じなので間違いはないようです

絵葉書は初期の建物のようで、現代的に様変わりしていますね!
パリに行くことがあれば、真っ先に行ってみたい思い出深いお店、ポール軒です

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« QPマンゴードレッシングで人... | トップ | 桃の節句のひな祭り🎎にパスコ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ポール軒 (大泡喰)
2018-03-03 09:57:40
おはようございます。
文中ご紹介リンク有難う御座います!

ポール軒はパリへ行った際の定点観測場所ですが何故か入ったことがありませんでした。
最近になって獅子文六先生の文章に魅力的に書かれているのを発見、
まぁ時代も違いますが、今度機会があれば...
大泡喰さん、こんにちは! (mek)
2018-03-03 17:21:24
パリ・ポール書いちゃいました!
20世紀初頭の建築をそのまま残しているということは、日本で言うと明治中後期頃からあったんですね!?
獅子文六先生の著書は残念ながら読んだことがないのですが、芸術家や知識人の集まるランデヴーが時を経てレストランになった歴史のあるお店のようですね。
私たちは完全ミーハーでしたが^^行っておいて良かったです。

街自体が芸術のパリにまた行くことができたら・・・
マダム・ポールの歴史と伝統が受け継がれた老舗のお味を、しっかり味わってみたいです。
もちろん正面から入って^^
また楽しみに拝見させていただきます。
ありがとうございました。

コメントを投稿

 ヨーロッパ」カテゴリの最新記事