ニュージーランド移住記録:日記「さいらん日和」

2004年に香港からニュージーランドに移住した西蘭(さいらん)一家。雨でも晴れでもここでは毎日「さいらん日和」。

天駆けて

2010-04-14 | ペット・動植物
夜半に強い雨が降りました。

通り雨だったのか、自分が寝てしまったのか、ほんの短い時間降っていたような気がします。晴天続きで庭がカラカラなので、どんな雨でもありがたいものです。
「恵みの雨だ・・・・」
と、思いながら再び寝入ってしまいました。

朝起きると、辺りの緑が一段と鮮やかで、心なしか風景が瑞々しく見えます。水を得た木々の美しさは何度見ても感動を覚えます。1本1本の木の喜びが当たり一面を満たしているような気にさえなります。

ふと、シャカを埋めたところを見ると、花瓶に挿したオレンジの葉っぱがひっくり返っていました。

昨夜の風で飛ばされたのでしょうが、なぜかシャカが蹴飛ばして天駆けていったとしか思えず、思わずニッコリしてしまいました。
「そうか、昨夜の通り雨と一緒に行ったのか!」
と、思いました。

ここまで来ると想像の産物なのか、シャカのメッセージなのか自分でも判然としません。その瞬間まで思ってもみなかったことが、降って湧くように一つのイメージとして思い浮かぶのです。

ぬいぐるみの軽さにまで痩せ衰えてしまったシャカが、例え葉っぱとはいえ、蹴飛ばして行ったのなら上等です。

木々の喜び以上に温かい想いが心の中にまで満ちてきて、再び流した涙はシャカを守れなかった愛惜と見送った安堵が半々でした。

昨日配信したメルマガで、
「そろそろシャカが天に昇る時間が近づいているような気がします。」
と言っていましたが、シャカは本当に行ってしまったようです。

またいつか会おうね。

(これが最後に撮った写真です→)
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする