ニュージーランド移住記録:日記「さいらん日和」

2004年に香港からニュージーランドに移住した西蘭(さいらん)一家。雨でも晴れでもここでは毎日「さいらん日和」。

四季折々の5月

2006-05-20 | 移住生活
最近は大雨と仕事の追い込みでずっと走れずにいましたが、
数日前から1週間ぶりにジョギング再会。るぅぅ~ん♪
たった1週間で、かなり気温が低くなっているのを感じました。北半球で言えば11月ですからね~。

試してみたかった、小さなダンベルを持って走ることにも挑戦♪
マドンナみたい?(ちょっと古い´。`?)
ひとつ500グラムなので、両手で1キロ。
「こんなに軽いもので何か変わる?」
と舐めてかかってましたが、走ってみると、特に上り坂では明らかに違いを感じ、腕というよりからだ自体が重かったです。

「体重が1キロ増えたら、こんな感じなのか~」
と思うと、“たかが1キロされど1キロ”、侮れません。走っている最中は肩から背中にかけての筋肉が張るのを感じ、
「これがそのまま肩こりとかになりませんように(祈)」
と思っていましたが、大丈夫そうです。

今日も快晴で、気温は最高16度最低11度。
最近はずっとこんな陽気で最低気温が10度を切る日もざらです。それでも日中の日差しはとても暖かく(というか相変わらず強く)、北向き(北半球の南向き)の部屋では半袖になってしまうことも。昨日のピクニック、今朝の子どものラグビーの応援でさっそく日焼けしてきました´。`;

子どもの学校はこの気温でも水泳の授業が普通にあります!
幸い2人とも水泳の授業は1学期に終わってしまいましたが、学年やクラスによっては今の2学期になるんだそうです@@

しかも、温たち中学生は、プールではなく海で小さな舟を沈めてそれを引っ張りあげて・・・という、日本では考えられないような授業内容もあり、かなり寒そ~。それでも、学校のカリキュラムとして、毎年そう組まれているところをみると、ここではそれが問題視されていないようです。
すっ、すごいなキウイ@@

かと思えば、うちの2軒先のアイランダー一家の家の煙突からは煙がモクモク出ていて、これまたビックリ~@@
「もっ、もう暖炉ぉ?」
やっぱり、すっ、すごいなキウイ@@
オークランドの5月はまさに四季折々です。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする