小渋ダム 一周

急に思い立って、松川インターから小渋ダムへ上り、大鹿村の歌舞伎屋台のある大蹟神社をお参りして、ダム湖の反対側を中川村に下りた。
ダム周辺の地層は、脆い 亀裂だらけの岩盤で、木の根が食い込み異様な景観でした。
今のダム技術は、こんな事くらいは平気なのだろうか?と感心したり、不安に思ったり。 
こんなところでワカサギが釣れるとは驚き。大勢の釣り客で賑わっていた。
後で写真を見たら、ダム湖の「航跡?」は水鳥だと思ったのに 鹿らしい。もっと慎重に撮ってくれば良かったと悔やまれる。

道路では、二ヶ所で はぐれ雄猿に出会った。一匹は、ボス対決に負けたのか、大怪我をして歩くのもやっと。必死で逃げるのが哀れだった。 車を止めて段差を上がるのを待ってやった。 あちこちに群れが居るのかな~
 犬 も歩けば・・・・・ではないけれど、出歩けば何か珍しいものに出会えて楽しいです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雪の朝に



久しぶりの雪景色。大雪になるかと心配したけれど、意外と少なくて安心したり、雪掻きだけは嫌だけれど一寸期待はずれだったり、と、人間の感覚は難しい。
今冬 初めての出動に、周囲・近所から「大丈夫?危ないよ」と心配されたけれど、見栄を張って元気そうに見せなければ、今後いろいろな事に支障を来す。
とは言いながら、少々感覚の衰えは否めない現実でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )