夫婦でシネマ

夫婦で見た映画と、個別に見た映画について感想をかいてます。全て映画館で見た映画で、ミニシアター系の映画をたくさん紹介!

パシフィック・リム

2013年10月18日 | は行の映画
Story
2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。(Yahoo!映画より)
2013年/アメリカ/ギレルモ・デル・トロ監督作品






評価 ★★★★

予告編を観た時は、またしょうもないアホバカ映画がやって来たか・・・と思っていたのですが、意外と評価が高いし、菊池凛子もでてるし、ということで観に行きました。
しかし予想外に面白くて、アクション、ドラマ、ユーモアのバランスが程よくとれたエンターテイメントムービーに仕上がっていました。
菊池凛子が準主役クラスで出演しているのも嬉しい。彼女は戦闘能力は凄いのに、普段は控えめなのが日本女性的で良かった。
脇キャラでは、2人の科学者の凸凹コンビぶりが面白い。数学者の方が怪獣の出現数の数値解析的予想に執着していて、自分の予想が当たって驚喜する(そんな場合じゃないだろ!)ところが笑わせる。ギレルモ監督おなじみロン・パールマンもユニークなキャラを怪演。
怪獣とロボットとの対決場面は、日本のアニメをそのまま実写化したような迫力に満ちて、少年時代の興奮が戻った感じ。ロボットがたくさん出てきますが、個人的にはロシアのチェルノアルファの異様なデザインが好きです。
深海に開いた裂け目が異次元の入り口になっていてそこに住む奴らが地球侵略のために怪獣を送り込むというのは、今時のアニメでもやらないような子供じみた設定ですが、逆に古き良き時代の怪獣映画みたい。
凛子とチャーリーがあまりベタベタしないのも好感がもてる。ラストシーンで救助に現れたヘリがハート形の編隊を組んでいるのに注目!






評価 ★★★★

私も最初はあまり期待しないで観に行ったのですが、wancoの言うように、アクション、ドラマ、ユーモアとそれぞれの要素が上手く融合していて、久しぶりに面白い映画に出会えた!という感じで興奮しました。
ギレルモ監督の作品はけっこう好きなのですが、この映画でもロボット、怪獣などのキャラクター・デザインに彼のオタクぶりが存分に発揮されている感じで面白かったです。日本のアニメや映画が好きなんでしょうね。すごく影響を受けている感じがしました。

菊池凛子さんがてっきり脇役なのかと思ったら、準主役的な扱いでびっくり!この映画での彼女の占める役割はとても大きいですね。
殺陣などのアクションシーンもこなしながら、古風な日本人女性としてのキャラクターを演じていて、他の俳優たちと比べても全然見劣りがしなかったです。しいていえば、日本語で話すシーンがあるのですが、日本人なのに変な発音で喋っていて、これには違和感がありました。なんだか吹き替えっぽかったかな?

でも、やっぱり芦田愛菜ちゃんの方がすごかった!菊池凛子さんの子供時代という役柄だったのですが、怪獣に襲われて泣き叫ぶ演技はもの凄く迫力がありました~。彼女の出演シーンはほとんど、そこだけだったのに、上手すぎて妙に印象に残りましたね。子役は大成しないというジンクスを打ち破って、これからも世界で活躍するような女優さんになるよう頑張ってほしいな。

主役のチャーリーをはじめ、それぞれのキャラクターにドラマがあって、とても魅力的に仕上がっているせいか、観ていて本当に惹き込まれる映画でした。見逃したという方には、ぜひオススメです。



映画『パシフィック・リム』公式サイト


(「パシフィック・リム」2013年 9月 松本シネマライツ にて鑑賞。)
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 秋のソナタ | トップ | 許されざる者 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (白くじら)
2013-10-19 11:59:34
お久しぶりです。復活されたようですね。(^^)/

この映画はもう劇場で観るしかあるまい!と!!
ロボットや怪獣、そしてB級好きにはたまらない1本になったような気がします。

まだまだこのような無茶な設定を大真面目で作れるパワーがあることに拍手でした。
ツッコミどころもおおいのですが、いろいろなこだわりも多くて「よし!」でした。(^^)

トラックバックさせて頂きました。
白くじらさんへ (wanco)
2013-10-19 22:26:04
白くじらさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

その通りで、大真面目にこんな映画を作ってくれる人がいると嬉しい限りです。
私もnyancoも大喜びの一編でした。

コメントを投稿

は行の映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

パシフィック・リム (MOVIE-DIC)
KAIJUから人類を守るため、立ち上がれイェーガー! 公開年2013年Pacific Rim制作国アメリカ監督ギレルモ・デル・トロ原案トラヴィス・ビーチャム制作ジョン・ジャッシニ、メアリー・ペアレント、トーマス・タル制作総指揮カラム・グリーン脚本トラヴィス・ビーチャム、ギ...