夫婦でシネマ

夫婦で見た映画と、個別に見た映画について感想をかいてます。全て映画館で見た映画で、ミニシアター系の映画をたくさん紹介!

ミスト

2008年05月12日 | ま行の映画
Story
激しい嵐が街を襲った翌日、湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。デイヴィッド(トーマス・ジェーン)は不安に駆られながら、息子のビリー(ネイサン・ギャンブル)を連れ、隣人の弁護士ノートン(アンドレ・ブラウアー)と街へ買い出しに向かう。3人がスーパーマーケットに入ろうとすると、店内は大混乱。外では軍人が歩き回り、サイレンが鳴り続ける。すると、ひとりの中年男が叫びながら駈け込んで来た。「霧の中に何かがいる!」と。店外を見ると深い霧が駐車場を覆っていた!(goo映画より)
2007年/アメリカ/フランク・ダラボン監督作品





評価 ★★★☆☆

ネタバレ注意!!
霧の中にうごめく未知の怪物の恐怖とスーパーマーケットに閉じ込められてしまった人間達の狂気。この恐怖の挟み撃ちが、ダラボン監督の緻密な演出でじわじわと迫ってきて、見応えのある一編に仕上がっています。

見所のモンスターですが、奴らが霧の中から突然襲って来るのと、実態が良く掴めないのが恐怖を倍増させます。モンスターに色々な品種があるのも面白かった。独自の生態系があるようだし、じっとしていると襲ってこないみたいですね。
軍の秘密実験”アローヘッド作戦”のせいで異次元との扉を開いてしまったのが原因、ということがわかってくるのも興味深かったです。

一方で、スーパーに閉じ込められた人間達の方では、クリスチャンのミセス・カーモディ(マーシャ・ゲイ・ハーデン)の煽動で狂信者の群れができてきます。理知的な人達はそれに加わらないのですが、次第に2つのグループが対立を始めます。ミセス・カーモディ達が恐怖をネタに仲間を増やし、身近な人間を敵に仕立て上げ、結束を高めて行く過程がモンスターの襲来以上に怖かった。

この作品の特色は、主人公のデイヴィットをヒーローではなく、小市民として描いているところです。隣家との境界線を巡って訴訟沙汰まで起こした事があることからもそれが窺えます。そんなデイヴィットの判断ミスが悲劇をもたらすエンディングは衝撃的でした。しかし、後味が悪いですね。ミセス・カーモディーの説教が神経にさわるのと併せて、減点となりました。

ラストでもう一つ気になった事が。
車にもたれかかってデイヴィットが慟哭するシーンに日本の某自動車メーカーのロゴが。さりげなく日本車に死のイメージをダブらせています。この映画にビッグスリーが何らかの形で制作協力しているものと思われますが、米自動車業界の憤りみたいなものを感じました。というか、これのせいで現実的な問題に引き戻されて、衝撃的だった映画の余韻が減殺されてしまいました。よけいなことしなきゃいいのにと思ってしまった。

ついでですが、映画のポスターを描くのが仕事の主人公デイヴィットの部屋に”遊星からの物体X”のポスターが飾ってありました。”物体X”と同様、この映画も密閉空間で疑心暗鬼になる人間の姿が描かれていました。改めて”物体X”が後進のSF映画作家達に与えた影響が窺えますね。


映画『ミスト』公式サイト


(「ミスト」2008年5月 松本市 アイシティシネマにて鑑賞)

コメント (12)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 隠し砦の三悪人 THE LAST PR... | トップ | ハンティング・パーティー »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たしかドイツ車も (そこまでは気がつきませんでした。)
2008-05-16 17:47:32
日本車とは気がつきませんでしたが、確かお隣さんはベンツで、これも外車ですが、見せ場もなくぺちゃんこに。車も収入やステータスに合わせていたと思います。結構、小物にもこだわっていたような、一人一人の服装や持ち物など・・・ 日本車はガラスも丈夫でエンストもせず、胸詰まるラストでしたが、車なりに頑張っていたと思います。しかし、つらかった。
こんばんは♪ (ミチ)
2008-05-16 20:17:33
いつもnyancoさんにはお世話になっております。
先日のGWには息子のところに行ったついでに松本城や開智学校などに行ってきました。
何度行っても良いところですよね。
私の地元金沢とちょっと共通したにおいを感じます(城下町だから当たり前かしら?)

私も日本車に気がつきました。
あと、映画のポスターなんかも興味深かったですね。
製作中のポスターはシルエットが「インディジョーンズ」みたいに見えちゃいましたが、なにかウェスタン物だったのかな?
ミセス・カーモディの説教は本当に耳に障りました。
ドイツ車について (wanco)
2008-05-17 16:28:56
こんにちは。

そう言えば、ドイツ車も冒頭で壊されていましたよね。アメ車以外はみなひどい扱いを受けてるような(笑)。

登場人物の小物までは気がつきませんでしたが、日本車は確かにがんばりましたね。それなのにあんな最期になってしまって、哀しいですね。
途中で乗り捨ててある他の車からガソリンもらえば良かったのにと、観終わった後で気づいたりしました。
映画のポスター (wanco)
2008-05-17 16:38:29
ミチさん、こんにちは。

こちらこそ、いつもnyancoがお世話になっております。
信州にいらしてたんですね。ありがとうございます。
松本城には猫がたくさん住みついていて、以前行った時は家内のnyancoが一緒にあそんでました。(笑)
ミチさんの実家の金沢もお洒落な感じで、いつか行ってみたいです。

製作中の映画のポスターですが、クリント・イーストウッドの「夕陽のガンマン」あたりかな~とも思ったりしました。しかし、あんな昔の映画のポスター、いまさら描く訳ないし。。。
いずれにしろ、ウェスタンっぽかったですね。
TB&コメントありがとうございました! (テクテク)
2008-05-17 20:26:04
こんばんは
サイコサスペンス映画が苦手な私は、
まんまと、この映画の策略にハマってしまいました

霧の中から出てきたニョロニョロたちよりも、
密室の中で精神的に崩壊していく人間の姿が
何よりも怖かったです

作品的には、全く私の好みの映画ではないのですが、
この手法とラストシーンにはヤラれてしまいました
賛否両論も納得の (wanco)
2008-05-17 21:06:45
テクテクさん、こんばんは。
こちらこそ、いつもありがとうございます。

表向きは、モンスター映画でしたが、密室で極限状態に陥ってしまった人間達の行動がテーマかもしれませんね。
怪獣映画は結構好きなのですが、この映画のラストは未だかつてないものなので、賛否両論も納得できるものがありますね。
こんにちは! (アイマック)
2008-05-19 12:35:38
こんにちは!
この監督さんでキング作品はハズレがないですよね。
恐怖にさらされた人間は恐い!
それにしても、ラストはあまりに救いがなくて鬱になりましたよ。

>この映画にビッグスリーが何らかの形で制作協力しているものと思われますが、

キング作品は自動車を扱ったものが多いですね。
私も最初のポスター、すごく気になって・・
”遊星からの物体X”だったんですね!

ポスター (wanco)
2008-05-22 22:30:28
アイマックさん、こんばんは!

僕も「ショーシャンク」と「グリーンマイル」は好きな映画です。今回のは前2作と違って全く救いのない所が異色ですね。

キングで車と言えば、「クリスティーン」と「地獄のデビルトラック」ですよね。残念ながら両方とも見てないんです。

そうなんです。人の頭が光ってる方のポスターは”物体X”のポスターでした。
コメントありがとうございました (豆酢)
2008-05-23 13:32:16
お久しぶりです。

そうですね、車!
アメ車以外は確かに酷い扱い(笑)。

私も、“途中で車を乗り換えればいいのでは?”と疑問を持たなかったわけではありません。まあ、そういう部分に気をとられてしまうと、盛り上がった雰囲気がそがれてしまいますので(苦笑)、言及しませんでしたが。
それにしても、主人公は早まった気がしますねえ。
 (wanco)
2008-05-24 11:17:59
豆酢さん、こんにちは!

他の映画でも日本車が壊されたり、爆破されるシーンは良く目にしますね。やり方がえげつないような(汗)。。

主人公が早まらずにあと5分待っていればと思うと、悔やまれます。しかし、あの状況ではしょうがないかとも同情もしますね。

コメントを投稿

ま行の映画」カテゴリの最新記事

27 トラックバック

『ミスト』 (Sweet*Days**)
原作:スティーヴン・キング 監督:フランク・ダラボン CAST:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン 他 ある夜窓を突き破...
ミスト (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 THE MIST 上映時間 125分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/05/10 監督 フランク・ダラボン 音楽 マーク・アイシャム 脚本 フランク・ダラボン 原作 スティーヴン・キング(扶桑社刊 『霧』) 出演 トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハ...
ミスト (★YUKAの気ままな有閑日記★)
本作は、『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、≪原作:スティーヴン・キング≫と≪監督:フランク・ダラボン≫が描くパニック・ミステリーだ。なんでも、原作のラストを変えて驚愕のエンディングが用意されているらしい。怖い、、、怖いよぉ~大判のタオ...
ミスト(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】フランク・ダラボン 【出演】トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー/トビー・ジ...
ミスト (eclipse的な独り言)
 奥さんが気持ち悪くなってしまいました・・・・しかし、結末はここまでやらなくても
ミスト (ネタバレ映画館)
ノーム、気をつけろっ!外は濃霧だ!
・・・残酷。『ミスト』 (水曜日のシネマ日記)
小さな田舎町に突然発生した謎の霧を巡って描かれたサスペンス映画です。
映画 【ミスト】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ミスト」 『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリー。 おはなし:メイン州の田舎町。荒れ狂った台風が去った翌朝、物資の買出しにスーパーマーケットに集まった住...
ミスト (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この子と約束した 必ず守ると── 霧<ミスト>の中には“何”が待っていたのか── 映画史上かつてない、震撼のラスト15分』  コチラの「ミスト」は、スティーブン・キングの原作をフランク・ダラボン監督が「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」に続...
ミスト (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
通常、恐怖は黒で表すが、白い霧のビジュアルは新鮮だ。田舎町で不気味な霧が発生、その中に潜む謎の生物により人々が追いつめられていく。怖いのは霧の中の“何か”より、恐怖で常軌を逸する人間の方という設定は秀逸。だが狂気が主題なら怪物は不要だし、モンスター・パ...
ミスト (小部屋日記)
THE MIST(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・脚本:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー/トビー・ジョーンズ 霧〈ミスト〉の中には“何”が待っていたのかーー 映画至上か...
お父ちゃん、しっかりせえや!―「ミスト」 (豆酢館)
ちょいと追記しましたよ。
ミスト 評価:★★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
ミスト 霧の中には何が・・・・・!? (銅版画制作の日々)
 霧の中に潜む化け物より、人間の方が恐ろしいと思いませんか?   「つぐない」、鑑賞後この“ミスト”を観たのですが・・・・・。あまりの衝撃とラストの展開などが頭に焼きつき、忘れられない状態の私です。ということで、これを先に記事することにしました。 ...
『ミスト』って… (美容師は見た…)
   霧が怖いというよりも、   霧の中の何か…   見えない恐怖。   実は… “この子と約束した 必ず守ると  霧(ミスト)の中には“何”が待っていたのか    映画史上かつてない、震撼のラスト15分”これが気になって気になって(^_^;)『パーフェクト・...
ミスト (The Mist) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 フランク・ダラボン 主演 トーマス・ジェーン 2007年 アメリカ映画 125分 ホラー 採点★★★★ この間まで勤めていた職場に、些細なことでイッパイイッパイになってパニックを起こし、ちょっとした事態を大混乱に陥れる才能に溢れた奴がおりまして。そこまでイレギ...
「ミスト」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッド(トーマス・ジェーン)は湖の向こう岸に発生した 異様に深い霧に懸念を抱きながら息子と共にスーパーマーケットへ。するとやはり、その濃い霧は 買い物客でごった返すマーケットに迫り、ついには町全体を飲み込むように...
映画『ミスト』を観て (KINTYRE’SDIARY)
52.ミスト■原題:TheMist■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月25日、新宿グランドオデヲン座(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:フランク・ダラボン□原作:スティーヴン・キング...
ミスト (mama)
THE MIST 2007年:アメリカ 原作:スティーヴン・キング 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン、ウィリアム・サドラー、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、ジェフリー・デマン、フランシス・スターンハーゲン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、...
ミスト (毎日楽しいやん)
予告編を見てから絶対観たいと思っていた映画。   ミスト     激しい嵐が去った翌日、街は濃い霧に包まれる。 買い物客で賑わうスーパーマーケットに 突然血を流した男性が飛び込んでくる。 「霧の中に何か居る!」 ...
【映画】ミスト…最悪の気分になりたい方にオススメ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
寒いです{/face_hekomu/}。今朝うちの周囲は薄っすらと雪景色{/kaeru_snow/}でありました(※一部山沿いの地域では積雪も…って地域なのねうちって{/face_ase1/})。 本日休みの予定だった私ですが、急遽今日の仕事が発生しちゃったため{/face_hekomu/}仕事に行ってきま...
「ミスト」 (シネマ・ワンダーランド)
「ショーシャンクの空に」(1994年)や「グリーンマイル」(99年)で知られる米国フランク・ダラボン監督が同じく米ベストセラー作家スティーブン・キングの小説を映画化したホラー作品「ミスト」(07年、米、125分)。今作では前2作のヒューマン・ドラマとは...
「ミスト」忘れない衝撃のラスト (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
途中結構怖かったんだけど、最後どうなったんだっけ?というホラーやミステリーはよくある。 これは、途中を忘れても結末は決して忘れない・・・・・そんな映画だ。
mini review 08352「ミスト」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリー。霧の中に潜む謎の生物に恐怖し、常軌を逸していく人々の姿を描く。混乱する人々をまとめようとする主人公を演じるのは、『パニッシャ...
「ミスト」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
昨年末にブロガーの皆さんが、各々発表してた年間ランキングで結構上位にランキングされてたホラー。
『ミスト』 (『映画な日々』 cinema-days)
ミスト 大嵐の後、街を覆った霧の正体は... スティーヴン・キングの原作を映画化 【個人評価:★★☆】 (自宅鑑賞) 原題:THE MIST
ミスト (むーびーふぁんたすてぃっく)
「ミスト」 感想 ミスト 霧の中には”何”が待っていたのか 映画史上かつてない、震撼のラスト15分 恐ろしい…。さすがスティーヴン...