だらだらオタク日記

だらだらと、どーでもいいことを書き綴ってます(^_^;)
水と火の侍への愛と腐妄想と海賊たちへの偏愛で生きる日々(笑)

警視庁機動捜査隊216 episode10

2019-04-02 03:13:22 | ドラマ

新元号「令和」が発表されてから、昨日はなんかすげー盛り上がってた。

テレ東でさえ、昼めし旅の最初の10分止めてやったのには驚いたけど・・・。でも、その後は通常営業でした(笑)


で。

なんとなーく見てたTBSのドラマ「警視庁機動捜査隊216 episode10」。

ラストにまさかの新元号ネタ!!

セリフに「元号も平成から令話に変わるし・・・」とかあって、ええっっっ!?ってなった(^_^;)

 

あれ声だけ差し替えたのかとも思ったけど、ラストで松尾諭が演じる富田から届いたメールに

「妹ができました」

ってあったんだよね。

ドラマでは「いもうと」と読んでいたけど、新元号をセリフにいれたのであれば、あれは「いもうと」ではなく「いも」と読むのが正解なんじゃなかろうか。

ドラマの中で、富田に恋人ができるかもしれない、みたいなことになっていて、デートしてる二人がいい感じになってたし。

そして新元号の出典が「万葉集」ということをふまえると、もしかしたら、ラストシーンを新元号発表後に撮影したんだろうか(一部なのか全部なのかは知らんが)。だとしたら、TBSとんでもねぇ(笑)

 

万葉集での「いも」は「恋人」という意味。

 

実は、「いもうと」じゃなくて「いも」なんじゃないの、と思ったのは新元号ネタというより、その昔読んだ氷室冴子さんの「アグネス白書」で、主人公を彼氏が友人に紹介するときに、「妹じゃなくて、いもだ」というシーンを覚えていたから。(主人公は「イモ(ダサい、田舎者)」と言われたと誤解しちゃうんだけど)

読んだのは大昔なのに、よく覚えてたなぁ(笑)

コメント