だらだらオタク日記

だらだらと、どーでもいいことを書き綴ってます(^_^;)
水と火の侍への愛と腐妄想と海賊たちへの偏愛で生きる日々(笑)

マジマザーじゃなくて、マジシャインだろ?

2017-07-31 12:09:19 | 特撮

昨日の「アメトーーク」の「スーパー戦隊芸人」。

1時間番組じゃ面白ネタ披露くらいしかできないのは仕方ないけど、懐かし映像はたまらんかったっすね(^.^)

凱がナイフで刺されたのは、ラディゲの呪いだとわたしは今でも思ってる。つーか、そのラディゲの断末魔の台詞込みで、凱のラストを流してくれたら印象変わったんじゃ・・・。まあ、面白ネタor衝撃ネタ括りなら、あれで仕方ないか・・・。

 

てゆーかさ!!

マジマザーは「追加戦士」じゃねーから!!

マジレンの追加戦士枠は、ヒカル先生こと、天空聖者サンジェルこと、マジシャインだから!!

以前やった「仮面ライダー芸人」でも、二号ライダーじゃないのを二号ライダーと紹介してるんだよなぁ。

確かに母ちゃんが追加戦士だったらネタとしては面白いけど、ネタの為だけに自局系列で放送しているシリーズ物を間違えた情報に差し替えちゃうってのは、いかがなものなんでしょーね。まったく。

てか、マジレンで特筆すべきは、父ちゃん・母ちゃん・子ども5人と娘婿(父ちゃんのかつての弟子)と、最終的に「8人家族戦隊」になったってことでしょーが。

母ちゃんが追加戦士より、「大家族戦隊」のほうがネタとしてインパクトあると思うけど、どーなの?

 

そして、「変身前がかわいいと変身後もかわいい」は、「変身後の蜂須賀さんかわいい」だよな(^.^)

コメント

テレ朝、またですか

2017-07-03 18:39:27 | 特撮

土ワイの復活(日曜ワイドは別物だと思ってる)を願っていたら、テレ朝はさらに暴挙にでやがった。

戦隊とライダーの特撮枠の時間帯をずらすって、なんだよそれ!!

「電磁戦隊メガレンジャー」の8話から、ずーっと日曜朝の定番だったのに。

1997年からだから、えーっと・・・20年? それだけの期間やってきたのをいきなり変更とかって、何考えてんのよー。

 

そりゃ、過去にも土曜日の夕方から金曜夕方になったり(「スーパー戦隊」の括りね。ゴレンジャーとジャッカーは「戦隊」括り)、放送時間が25分になったりとかあったから、この手の扱われ方は初めてじゃないけど。

25分になった時もガッカリ感がハンパなかったけど、今回はそれとは違うガッカリ感。

てかさ、大きいお友達は録画してみる人がほとんどだろうけど、本来のターゲット層である小さいお友達はどうなの? 日曜日の生活パターンが変わっちゃうけど、それで大丈夫なの?

いや大きいお友達も、Gロッソに素顔戦士観に行く時は当日の放送を見てから行くから、時間変更されたら困るじゃん。ダメじゃん。

しかも、ライダーが先で戦隊が後って、順番まで変えるとかマジないわー。

 

つーかさ。

日曜朝の5時50分から情報番組って、何!? 誰に向けての情報? なにやんの?

迷走っぷりがハンパない・・・。

コメント

「超スーパーヒーロー大戦」観てきた(ちょいネタバレあり)

2017-03-30 01:51:43 | 特撮

水曜日はレディスデイだったので、「超スーパーヒーロー大戦」観てきました。

朝9時の上映回だったので、客が少なくて大変静かでした(笑)

(戦隊やライダーの映画は子ども率高くて、それなりにうるさいので(^_^;))

で、観た感想をざっくり。

 

わかってはいたけど、やっぱりヒーロー同士が敵対して戦うってのは、キッツイすね(^_^;)

最初は敵対していても最後には共闘ってパターンならまだしも、いくら「ゲーム世界のキャラ(偽物←あえてこう思うことにした)」とはいえ、アンチヒーロー含め「敵」ってのは個人的にダメだわ。

てか、活躍もほとんどないまま本来の敵にやられてあっさり「消滅」とか、顔見せレベルの扱いってなんだかなぁですよ。

あとさぁ、ゲーム世界のキャラとはいえ、モモレンジャーのキャラ設定はどう考えても「偽物」だろ!?

ペギーはあんなキャラじゃないからね。あとイエローオウルも、ちょっと別人・・・。

 

舞台が「仮面ライダーの世界」だから、戦隊の世界観やキャラは所謂「パラレル」扱いなんだろうけど、それにしても折角の戦隊とのコラボなのに、永夢とラッキーの共闘がないのが勿体ない。

スケジュール調整とかの大人の事情があるにせよ、戦隊とライダーが入り交じるのであれば、現役のライダーとレッドの共闘はそれなりの尺で欲しかったよ。

アムが予想以上に大活躍だったけど、それはそれ。

アムと戦ったストロンガーの胸パッド(笑)が傷だらけだったので、できれば新調してあげて(笑)

 

わたしがツボったのは、八雲が翼にいを召還しようとして出てきたのが、マサトだったってのと、ゴレンジャーハリケーンが見られたこと(^.^)

嘘でもマサトの復活は嬉しかった(^.^)

こういうファンサービスを忘れないところは、いいんだけどね。

一部で言われている「貴利矢復活ネタ」よりは扱いはいいと思う。

 

全体としては、「取り敢えず作りました」感がハンパないんだけど、このシリーズとしてはまあこんなもんかな、と。

 

けどさ。

ストーリー上の都合とはいえさ。

ナーガの「涙」を本編じゃなく映画でやっちゃうのは、本気でイカンだろう!!

感情のないナーガが、キュウレンの仲間たちや人々と関わっていくことで、少しずつ感情というものを理解してその身に得ていくってのは、キュウレン本編のナーガのドラマの要じゃないの!?

しかも「涙」って、結構な萌えシーンじゃん!!

わたしの予想では、中盤以降にナーガの「涙回」があると思っていたのにぃぃぃ。

なんでそんな重要なことを映画でやっちゃうかなぁ。

今回の映画で、一番ダメなのはそれだと思うんですけど。

 

一応キュウレン本編では、まだ「怒り」の感情しか理解していないみたいなので、いっそのこと映画は仮面ライダーメインだったので、戦隊にとってはパラレル世界ってことで、涙に関しては「ノーカウント」でよろしいですかね!?

本編で改めて「涙回」があるということで。てか、その方向でどーかひとつ!!

コメント

お兄ちゃんが、また「お兄ちゃん」でした

2017-03-14 02:22:27 | 特撮

特撮繋がりのお友達から、スティンガーの設定が美味し過ぎっ、と言われ、ちょっと嬉しくなっちゃいました(^.^)

だって、My星座、蠍座だもんねー(笑)

どんなに本編がシリアス展開になろうが、エンディングの歌詞ですべてふっとぶキュウレンジャーですが(日曜の朝からタマタマって・・・(^_^;))、スティンガーは設定含めキャラもいい感じなので、一年突っ走れそうです(^.^)

つーか、GロッソのヒーローショーのCMの、サソリオレンジの扱いってば何事!? CMですら美味しい設定って、あまりないよね?

いやあ、聖闘士星矢の蠍の黄金聖闘士の時は、蠍座の立場って良くなかったですからねぇ。今回のキュウレンジャーは12星座に限らないってのがいいっすね。(そして、蠍座は美味しい、と(笑))

 

てか、お兄ちゃん!! メロンの君!!

お兄ちゃんがまたしてもお兄ちゃんで!! 

弟思いの優しいお兄ちゃんで!! 

悪い人になっちゃったお兄ちゃんで!! 

テレビの前で、よっしゃ!ラッキー!状態でしたよ(笑)

スコルピオお兄ちゃんとスティンガーの物語って、どのくらい引っ張ってくれるかなぁ。出来れば3クールまで引っ張って欲しいけど。欲を言えば年またぎでもよくってよ(笑) ・・・ってさすがにそれは引っ張り過ぎか・・・(^_^;)

コメント

「スナックゴン」しか気付かんかった ○| ̄|_

2016-08-24 17:18:14 | 特撮

ネタバレなタイトルで申し訳ないっ。

今日、ジュウオウジャーとゴーストの映画を見てきたんだけど、ジュウオウが「戦隊40作記念だから、歴代戦隊の小ネタを39個入れてみましたー」なのをすっかり忘れていて・・・。

「スナックゴン」を見つけて、そーいえば・・・と思い出したけど、残りEDしかねぇーよ状態でガックリ ○| ̄|_

つーか、ガックリし過ぎてEDの小ネタを見つけ損ねるという、ありえんミスを・・・。

これはあれですか、円盤買うか(またはレンタル)もう一回見に行くかしないとダメってことっすかね(^_^;)

ジュウオウの映画は、すこぶる王道ストーリーで良かったっす(^.^)

(みっちゃんも出番は少なかったけど、それもひっくるめての「みっちゃん」なので、OK(笑))

来月の記念回にはゴーカイも出るし、なんだかんだでジュウオウ面白いわ。

(メインライターが香村さんなんで、最初のうちは心配だったんだけどね(^_^;))

素顔戦士も、久しぶりに観に行く予定〜(^.^)

なので、その為にもお仕事がいっぱいきますように (*>_<)オネガイッ!

コメント

戦隊名もそのうち慣れるさ(笑)

2015-01-23 15:05:48 | 特撮

水曜日、トッキュウジャーVSキョウリュウジャーの映画を観てきました(^.^)

内容(ストーリー)よりも、キャストのスケジュールが合わなかったのか?とか思っちゃいましたが(^_^;) でもまあ、VSとしてはまあまあでした。

VSといえば、新戦隊ヒーローのお披露目シーンがあるんですが、前回もそうだったけど今回もちょっとドキドキで(^_^;)

だって、戦隊名が戦隊名なんだもの ○| ̄|_ これで1年間とかキツいっすよ、マジで。

なので、せめてビジュアルだけでも、と一縷の望み。変身前はともかく、変身後って結構重要だったりするんで。

今回は、早い段階でのお披露目シーンでした。

やっぱり戦隊名はどうしてくれようかと思ったけど、名乗りも戦闘アクションも、この感じなら1年間ついていけそうです、わたし(笑) (トッキュウジャーはマジでキツかったんで(^_^;) 悪側でなんとか持ちこたえた1年でした(笑))

てか、追加戦士は「黒」か「緑」ってことでよろしいでしょうか。忍者がモチーフの戦隊で、「金」「銀」はさすがにないと思うんだけど(^_^;)

コメント

特撮ドラマじゃなくて、深夜アニメだった

2014-10-23 00:41:00 | 特撮

ちょっと今更ではありますが、先月終わった「仮面ライダー鎧武」。

日曜朝というか、メイン対象である小さいお友達向けじゃないなぁと思いながら見てました。

わたし自身がライダー同士の争いというのが好きじゃないので、イマイチ楽しめなかったというのもあるけど、全話通して感じたのは、

特撮ドラマ作品じゃなくて、深夜アニメ作品だった

ということ。

いままでもキャラの内面世界だの、伏線が複雑に絡み過ぎだのの作品はあったけど、作品としては「特撮ドラマ」でした。

でも鎧武はそうじゃない。

ジャンルは「特撮」だけど、作品全体は「アニメ」。この作品を特撮で描く必要があったのかと、本気で思う。

脚本の内容とか世界観がどうのとかいう以前に、ジャンルが違ってたということが、この作品の致命傷だったんじゃないかなぁ。

どこがどう「アニメ」だったのかと聞かれると、うまく答えられないんだけど。なんてゆーか、「仮面ライダー」とかの「特撮もの」を見続けて来た感覚っていうのかな、それがずっと違和感を持ってて。

でも「アニメ」だと思って見ると違和感なく見られるし、作品としても成り立ってる気がするんだよね。

 

特撮に限らずアニメやドラマを見てても、脚本がイマイチ、と思う事はあるけど、特撮という「ジャンル自体」の脚本がダメだったというのは、今回が初めてかも。

ホント、脚本て大事。

ライダーなのにドライバーでも、肝の脚本がキチンとしてれば「ライダー作品」として成り立つんじゃないかと思いつつ、見続ける自分がいたりして。

でも、タイヤこぉーかぁーん、はねぇよなぁとは思うけどね(笑)

コメント

キカイダーREBOOT(ネタバレあり)

2014-05-31 01:41:24 | 特撮

「キカイダーREBOOT」を観てきました。
感想は、これ正規の鑑賞料金で観たら頭にくるだろうなぁ、です(笑)

つーかさ、いくら地方で平日の昼間だからって、観てる人間がわたしだけってヒドくない!? 公開開始したの先週だよ!?
いや最初はね、わーい貸切だー\(^o^)/ なんてちょっと浮かれてましたよ。周りを気にせず大画面で観られるなんてラッキー\(^o^)/ とかね。
でもストーリーが進むにつれ、人がいないのを変な方向で納得しちゃいましたよ(^_^;)

以下、ネタバレを含みますので、空行スクロール。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、「キカイダー」って銘打っちゃダメだろ。
脚本が悪いのか、プロデュースが悪いのか(たぶん両方(^_^;))、とにかく何がしたいのか何を描きたいのか、さっっっっぱり解らん。
ヒロインの「自分探し」ネタなんかいらないし、息子の身体に埋め込んだマイクロSDカード(右側肋骨あたりにそのまんま埋め込んであったんだけど、今時これってありなん!?(笑))もあっさり敵側に渡るし、ジローが善と悪との間で苦悩する姿もないし、キャラクター設定は出来てないし。マジでこれ2年もかけたの!?って感じ。

そして、無駄に長いだけの戦闘シーン。

これはこの映画に限った事じゃなくて、昨今の東映特撮ヒーロー映画全体がそうなんだけど、とにかく戦闘シーン(特にラストバトル)が長過ぎる!!
これが例えば、正義側の最終兵器の準備に時間がかかるから時間稼ぎのために引き延ばせ、とかだったら解るんすよ。よくあるネタだし(笑) (「まだか!? これ以上は持たない!!」「後もう少しです!! なんとか頑張ってください!!」「くっそぉぉぉぉぉぉ!!」とかな(笑))
要するに、長引かせるための理由付けが何もないんだわ。

なんつーか、CGとカメラワークを自慢したいだけって感じ。
スーアクさんはスゴいと思うけど、観ながら「まだ終わんないの?」って頭に浮かんじゃうんだよね(^_^;)
しかも今回は盛り上がりも何もないし。

つーか、研究所施設がほぼ壊滅状態になってて、マスコミで報道もされちゃってるのに、ハカイダーをそのまんま放置とか一般人が現場に難なく入れちゃうとか(報道シーンも、爆発がありましたー、なんか変な物体が暴れてまーす、自衛隊も被害に遭ってまーす、で終わり。その後の説明とか一切なし(笑))、とりあえず最終シーンに持って行けばいいんじゃね的な感じしかしない。
話の中でたいして騒がれていなかったから、研究所施設とかそんなにスゴい規模じゃないんだ、と思ってたら、瓦礫の山の広大さを観て、笑った。地平線見えてたゾ(笑) あれで無関心な世の中設定って、この物語の世界怖くないか?(笑)
そしてまさかの、(ネットで噂されている)ドラえもん最終話ネタで終了(笑)

物語がとっちらかってて纏まりがないのもアレだけど、一番の問題は「良心回路」の扱いがヒドいこと。てか、間違ってる。

最初の重機型ロボとの戦闘で、壊れて動けないのにそれでも闘おうとする相手に対して「哀れみ」を感じてととどめを刺す(これ以上苦しませるくらいならいっそのこと、ってやつね)シーンは、心の葛藤みたいなのが感じられたんだけど、それっきり。
あとは「敵にとどめを刺せないのは、良心回路のせい」ということになっちゃってる。

違うから。それ。
良心回路って、そーじゃねーから。
ジローがジローであるための、不完全なゆえ大事な人を傷つけてしまう葛藤、人間よりも人間らしいアンドロイド、そこに存在するのが「良心回路」なんじゃないのかなぁと思うんだけど。
少なくとも、「良心回路があるから、闘う事はできても相手にとどめを刺す事ができない」てことではない、と思うんだよね。
まあ、解釈の違いだろ、と言われればそれまでなんですが(^_^;)

それにしても、「息子の身体に埋め込んだ(笑)」光明寺ファイルが、物語途中であっさり敵の手に渡ったのもビックリだったけど、光明寺博士の娘と息子が、その後何事もなかったかのように通常の生活に戻っていたのにはもっとビックリした(笑)
敵側が政府機関ってことで、「秘密を知られたからには生かしてはおけない」というヒーロー物の鉄板ネタを使わなかったのか、他に意図があるのかは解んないけど(それか何も考えてないか(笑))、そんなんだったら守らないでとっとと渡しちゃえば良かったんじゃねーの、と素直に思ったね(笑)

実はあのファイルにはまだ二重三重にロック(または暗号化)されていて、それを守る為に闘うジロー、てのがあってもよかったんじゃないかなぁ。
つーか、息子に隠されたファイルって聞いた瞬間に、「紅い牙」の真知みたいなことされたのか、と思ったんだけどねぇ。違ったねぇ(笑)

伴さんのキャラもなぁ。良心回路の開発に協力したっぽいけど、関わり度数は低い感じ。折角のキャスティングなのに勿体ない。
でも、新旧ジローが並んでる図は良かったけど(^.^)

脚本と設定はどうしてくれよう、だったけど、役者は良かったですよ(^.^)
まあ、キャラのバックボーンがはっきりしてないから、それぞれがやりたい放題だったのかもしれんが(^_^;)
博太郎さんはこーゆーキャラが定着しちゃったね(笑) いいんだか悪いんだか(笑)
で、マリがビジンダーにならなかったのは、納得いくデザインが出来なかったからですか?(笑)

そういえば、サイドマシンも出て来なかったなぁ。「未来の車」がどんな風にアレンジされてるのか、見たかったよ。

コメント (4)

とりあえず、見る(笑)

2013-10-08 23:59:38 | 特撮
始まる前から、どうしたもんかと思っていた『仮面ライダー鎧武』。
始まっても、どうしたもんか、なんですが(^_^;)

過去作の1話もこんなにテンポ悪かったっけ、と思うくらい『仮面ライダー』としての物語が見えない。
ユグドラシルという企業だか組織だかが、すべてを取り仕切ってるっぽいのは解ったけど、それだけなんだよなぁ。
謎は追々ね、という平成ライダーのお約束なのは解るけど、なんか今ひとつもの足りない。
まあまだ1話だし、次回あたりでもう少し『今回のライダーの世界』の説明があるかとは思うんだけど。
(あのダンスチーム対決みたいなので、最終的にYESポイントが少ないチームがインベスになって異世界の住人になるとか、ユグドラシルに人間世界に必要なしと判断された人が、あっちの世界の飛ばされちゃうとか、そんなのを想像中(笑))

フルーツと戦国の鎧武者に関しては・・・、もういいや(笑)
このあたりは小さいお友達が楽しんでくれれば、いいです。ホントに・・・。
つーか、1話だけの感じだとGガンテイストはなさそうっぽい。そっちなのを期待してたんだけどなぁ。ネタ的に(笑)

取り敢えず、弓削クンが出てるんで頑張って見るつもり。
また詰めの甘い役だったら、どうしよう(笑)
てか、フルーツパーラーの店長、似合わねぇ(大笑)
まあ、波岡くんがロックシード売りさばいている店だと思えば、お似合いだけど(笑)
コメント

閉園後に認定されなくても(>_<)

2013-09-12 22:35:33 | 特撮
ウルトラマンが「最も多く派生テレビシリーズがつくられたテレビ番組」ということで、ギネス認定されましたね。
ランドが閉園になる前になれば、嬉しさも倍増だったかも、ですが(^_^;)

でね。
「最も多く派生テレビシリーズがつくられた」とあって、一瞬「ん?」と思ったんですけど。

戦隊シリーズって、今年で37戦隊だけど?

・・・・ (。-`ω-) んー

戦隊って基本設定がビミョーに違ってたりするから、なのかなぁ。

ウルトラマンは
・異星人のヒーローが地球人の身体を借りて巨大化して、地球を襲う宇宙人と戦う
・正体は明かしてはいけない
・地球防衛軍(名称はそれぞれ違う)が地球を守る組織としてある(ウルトラマン(人間態)はそこに所属)
・シリーズを通して「ウルトラ兄弟」の存在がある(シリーズ共通して存在する)
・変身後の戦闘時間に制限がある
という設定がシリーズに共通してあるから「派生テレビシリーズ」として認定された、と。

だとすると、昭和平成合わせて24作品の仮面ライダーも戦隊シリーズも、「派生シリーズ」として数えられないということになって、この快挙はウルトラマンでしか達成出来なかった、ということになるのかな。
それなら納得。
シリーズの数字だけみたら、戦隊は~? ってなっちゃうけどね(^_^;)

戦隊はVSシリーズが長く続けば、何かしらはあるかな? とか思ったり(笑)
コメント (3)