ピッチとふうとみけ+Choco.

基礎トレ@小田原

小田原城のお堀端は、サクラからツツジへ・・・
 
そんな小田原城址公園での基礎トレーニング。私は2回目。
新横浜公園とまた違った場所で、参加者は5頭とひとり。

トレーニングの始まりは、みんなで近況とか、取り組みとかを発表。


黒ラブ・はなちゃん チャーリーママさんのスクール5年生。
こんなとこ撮っちゃったけど、はなママさんの声が届く
とってもいい子。


おしょうゆ顔の柴犬・直太郎くんはまだ少年。


チワワ ラッシュくん
Choco.が吠えちゃった。ごめんね。


黒シバ・はなちゃん(後ろ向きでごめん)
うちの近所にも黒シバの子がいるので、黒い子でも大丈夫。


Choco.
全く~こんな写真しかないなんて・・・。
外だから刺激は多いと思うけど、「No.」って言われないから
五感は開放されていると思う。

この日は、フレブルのひじきちゃん、こむぎ君はお休みで、ママさんだけが参加。
この時期は、電車内の冷房が入っていないことが多くて、キャリーやカートの中の
わんこさんたちにとっては一番危険(熱中症)なんですって。

 

この日の基礎トレでは、ハンドサインでオスワリ、フセをする。
オスワリで待たせて、呼ぶ。 と、呼ぶと同時に飼い主走って後を追わせる。

最近はハンドサインだけで、オスワリさせたり、フセさせたりってなかったなぁ~。
どういうサインだったかも、ド忘れしちまいました
全く記憶力が低下しておりますです・・・。
帰宅後思い出してやってみたら、Choco.は忘れていなかった。

 

ちょっと前に気がついちゃったんですよね、 叱らないと、犬は自信を持つってこと
トレーニングだけじゃなくて、散歩の時のChoco.の表情がとってもいい感じです。 

これまでChoco.からアテンションを取ることがとっても少なかったですもんね~。
でも、「いけない」とか「NO」とか言わなくしたら、私に対してリラックスできるように
なったのか、ほめてもらいたくって見るのかもしれないけど、回数は確実に増えました。

犬はヒトと違う種で、コトバが通じない。だから、「No」を使うよりも、
たとえば、やってほしくないことに対して、
「インターセプト」や「足や手で体をやさしく押して動かしてあげる」などで
犬に伝えることが有効。これは、犬の興奮を高めてしまったり
ヒトに対する不信感を生まない方法で、やってみると確かに犬の方もそれを
受け入れやすいと思います。


梅の実(城址公園)
今年は梅酒にしようか・・・梅ジュースにしようか・・・なんてね。

 

トレーニングの帰りにチャーリーショップでお買い物。
(ショップのURLをリンクできないので、チャーリーママさんのブログからどうぞ。)
フリースラインドハーネスが少し大きめなので、1サイズ下のを試着させてもらったけど
残念ながら、Choco.には小さすぎ・・・。ほんとにMIX犬はむずかしいです。
でも、予定していたにゃんこフードとドライ納豆はお買い上げ。

Choco.ったらショップで、チャーリーパパさんに思いっきり吠えました!
しっぽを下げて吠えながら、おやつを下さるとわかればすご~く葛藤しながらも
オスワリやフセはしていただくものはいただき・・・でも吠える!
最後まで吠えていました。 また次回も寄ってみようと思います。
何回目で大丈夫になるかな?

 

次回は、5月26日の散トレ@新横浜です。


ランキングに参加中です。ポチっとしていただけるとうれしいです♬

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「Choco.とトレーニング」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事