いちごポッキーとミルクティ

うさぎ
時々好きなもの、好きな時間

蓼科1

2018-08-31 15:47:52 | 蓼科
蓼科へ行く前にいつものように軽井沢に寄りました。いつものトラットリアプリモで昼ご飯です。

バーニャカウダ。


私のバジリコ風味のパスタだったと思います。おいしいです~。


だんなさまのうにのニョッキもおいしくいつものように大満足でした。

それからアウトレットへ行きました。さすが夏休み金曜日なのにすごい人です。あれこれ見て、蓼科へ。

今回は前回と同じくコロシアムイン蓼科です。

お部屋の一部。


ここはアロマランプがあるので助かります。ただ、セージやらラベンダーを入れたのですが、最後までほとんど香らず、空気の入れ替えとかあまりないのかな~と思いました。


夜ごはんは相変わらずおいしかったです。

これもバーニャカウダ。軽井沢でのとはまた全然違う味です。


種類の違うお刺身が5~6個乗ってます。全部おいしい~~~。昆布じめだったり、あぶっていたり、いろんな味があるのが嬉しいです。


きのこのスープ。これはチキンスープが入っているので私は食べられませんでした。


真鯛のアメリケーヌソースかな。


オマールエビ。これとお刺身がお気に入りでした。


デザート。



うさぎはだいぶ普通の表情?を見せてくれるようになり、時折やんちゃな顔もするようになりました。元気にしています。もふもふは正義。可愛いは正義。と夫婦で言い合っております。


コメント

お留守番のうさ

2018-08-29 17:35:43 | うさぎ一歳三か月~四カ月
週末あたりで蓼科に行ってきました。

前半はだんなさまとお泊り。

後半は研修旅行でお泊り。

合計四泊五日の蓼科でした。

研修旅行中は研修で忙しいのであまり考えなかったのですが、だんなさまとの旅行中はもううさのことばっかり考えてました。

もふもふが恋しい~~~。

撫でたい~~~。

あのふわふわのエネルギーが恋しい~~。

とだんなさまと何度会話したかわかりません。

とはいえ、だんなさまは久しぶりの蓼科を満喫していて、とても幸せそうでした。


うさは二泊三日うさぎホテルにいてくれたわけですが、やはり少し怒ってました。

目から少し怒りのビームが出ています。

実は前回二泊三日してもらったときにうさがすさんだエネルギーを出していたので、蓼科からうさにいっぱい「大好きだよ~」「一緒にいたかったよ~」と思いを送ったんです。

思いはしっかり強くてまっすぐだと届きます。言葉はわからなくても思いは届きます。

同じ群れの私たち二人が遊びに行っちゃって自分ひとり残されるってこんな悲しいことはないですから、まじめにたくさん思いを送っていました。

それとだんなさまもすごくナデナデしてくれたらしく、これぐらいのお目目ですんだみたいです。

撫でてとごろんしているうさ。


寝ているうさ。


可愛い顔してサークルで遊ぶうさ。


そして今朝のうさです。だいぶ雰囲気がリラックスしてきました。今回彼はケージでおしっこしなかったんです!!!びっくりでした。
コメント

写真

2018-08-24 21:14:32 | うさぎ一歳三か月~四カ月
だんなさまが撮った写真です。

手が可愛い。


身繕い中。足を綺麗にしてから耳掃除などします。




お手々を舐めてから顔や耳を洗います。


うちのうさは時々こういう様子をうかがう顔をします。自分が可愛いのをわかってやっているのかなぁ。
コメント

たらのムニエル

2018-08-22 16:21:49 | ごはん
この前の週末、おいしそうなタラがあったので、それを買ってみました。

作るのはだんなさまなのですが、レシピを私が調べ、たらのムニエルバター醤油に決定しました。

たらに塩コショウ小麦粉、それから焼いて、そこにバター醤油。以上!という簡単なレシピだったのですが、おいしかったです~。

たらは本当にムニエルがあいますね~。味が淡泊だからでしょうか。

だんなさまが今度は塩コショウ小麦粉にカレー粉を混ぜるたらのカレームニエルをしたいと言っているので、またしてみようと思います。


うさは少しずつまた甘えるようになってくれて、心癒される日々です。


コメント

バトル

2018-08-20 13:28:05 | うさぎ一歳三か月~四カ月
お盆が終わって涼しくなりましたね~。体が楽でありがたいです。

今年の夏はものすごい暑さでしたが、胃腸の具合が悪い以外はとりあえず元気で、ばてずにすみました。

このまま夏バテをしませんように。

うさはまったく夏バテなどもなく、元気にしています。

私に怒られてしゅんとなっていても、食欲はあります。まったく変わりません。

それがありがたいですね~。

グルーミングをめぐる攻防は、どうもうさが受け入れてくれました。

もちろん何もせずに受け入れるということはなく、私とのバトルがあったのですが。

彼も怒りつつ、でもなんだかある瞬間受け入れたなというのがわかりました。

それ以来、だんなさまがグルーミングとブラッシングをしても、私がしても、おしっこをしなくなりました。

私はしんどかったです・・・。

どうもうさは私が叱ったあとに撫でたりすると全部ちゃら~って受け取っていたみたいで、今回は私が怒ったあとにうさを撫でないように、そして態度も冷たくしました。話しかけない、かわいいといわない、偉いと言わない、あまり長いことそばにいないなど。

じゃないと、ずいぶんお互いの距離が縮まっていて、甘えてなあなあにしようとうさがするからです。

彼は自分が溺愛されてるのをよくわかっていて、僕のことかわいいんでしょ?僕の嫌がることなんでするの?みたいな感じだったのかと思います。

うさぎもね、やっぱり三歳児の知能があるものですから、自分にいいように持っていこうとするんですよね。


ただ、だんなさまにはいつもと変わらずあまあまでいてもらいました。

二人が冷たくなると悲しすぎるだろうと思ったので。

でもそれをやっている私はしんどかったです。お互いしんどかったと思いますが・・。

それとこういうのはうさぎとの関係性で対応が変わってくるものだとすごく思うので、これが有効だったのは私とうさぎの間だけの話であって、違ううさぎとだったらまた対応は違ってくると思います。

また、私はJHASのアロマセラピストなので、エネルギーを送るということを習って知っています。

今回必要があると感じて、うさぎにかなりエネルギーを送りました。

私は具体的にどう必要があるかわからないことも多いのですが、必要があると感じたら必ずエネルギーを送ります。

ずっと送っているうちに、うさぎが受け入れたというのを感じたのでした。


今朝のうさ 布の奥でじゅうたん?をがりっとしてしまうので、布を少しだけ残してあげてしまいました。布の上で座りたそうにしていたうさです。


久しぶりになめなめ階段を少し舐めていました。


ここからはだんなさまのミラーレス一眼レフのなんかいいレンズを付けた写真です。




口にパパイヤを咥えています。今でもパパイヤ欲しさに我を忘れるうさです。毎回指をかまれないように緊張しながらあげています。
コメント