いちごポッキーとミルクティ

うさぎ
時々好きなもの、好きな時間

怒ってます

2017-08-30 10:15:13 | うさぎ三か月~四か月
蓼科に行ってきました。

前半は普通の旅行で、後半は私は研修で、だんなさまは帰宅です。

前半はだんなさまが休暇を取れず、慌ただしいものになりましたが、やっぱり蓼科はだんなさまにとって非常に癒される場所みたいで、幸せそうな顔をして過ごしていました。

私はいつも蓼科はなんともいえない複雑な感じになるので、だんなさまの幸せそうな顔を見てるのが幸せです。


夫婦で心配だったのが、うさのご機嫌です。

四泊してもらうことになり、どうなるんだろ~という感じでした。

何度も預ける前に目を見てしっかり説明して、ちゃんと迎えに行くからねと伝えていました。

うさぎのホテルをやってらっしゃるかたが、ホテルで預かるうさぎが二つにわかれることに気づき、なんでかな~と思っていたところ、飼い主さんの事前の説明があるかないかが原因だと思ったと書かれていました。

事前に説明されて、必ず迎えにいくからと言われているうさぎは食欲も変わらず明るくホテルで過ごしているのですが、そう言われていないうさぎは元気がないそうなんです。

だからぜひ説明して、迎えに行くことを言ってあげてくださいとありました。あ、これは私がお願いしたウサギホテルの話ではないんですけどね。

少しでも楽になるようにとしっかり説明を三回ほどしました。目を見て。わかってんのかね~~~と思いつつ真剣に伝えました。


うさを引き取りに行って(うさは他のうさぎも気にせずにマイペースによく食べよく寝て過ごしていたそうです)、うちに帰ってきて、ケージに入れるとまず匂いを嗅ぎまくっていました。

私がうさがいない間にかなり掃除をしたので、自分の臭いがあまりなくて落ち着かなかったのかもしれません。

そしてひたすらひたすら身づくろいを始めました。

同じところをやったりしつつ、私が見ている前でひたすら身づくろい。5分ぐらい?



そして真ん中に座って私をじっと見ながら、足ダンを四回。(笑)

おおーそうきたか~って思いましたが、足ダン一回されると「ごめんね」と言っていました。

ダン「ごめんね」ダン「ごめんね」ダン「ごめんね」ダン「ごめんね」。

それで少し気が済んだのでしょうか、四回で止まりました。

でもまだうさから人間ほど強い感じではないですが、悲しみと寂しさが混ざった思いがふわっと出ていました。

ごめんねと言いながらしばら~く撫でてました。こういうときは頭を撫でられるよりまず背中のほうがいいようなので、最初は背中、しばらくしてちょっと雰囲気が柔らかくなってきてから頭。

それでもあまり気持ちがいいときの歯のかちかちという音が聞こえませんでした。

撫で終わったうさ。


夜だんなさまが帰ってきたときは、だいぶご機嫌が戻っていて、すぐに手を舐めていました。(あ、でもおあずけ中はあげられなかったお気に入りの乳酸菌のペレットやドライフードのブロッコリーやドライフードのリンゴの5ミリのひとかけをあげました。今日は特別ってことで。彼は食いしん坊なので、かなりおやつでご機嫌をなおしてくれたように思います。)

でもやっぱり撫でてもいつもほどは歯をかちかちとは鳴らさないのでした。

今朝のうさ

だいぶもとに戻っていましたが、ちょっとだけまだすねてるかもしれません。

たぶん今夜には戻るんじゃないかな~と思います。
コメント

洋麺屋五右衛門

2017-08-28 09:17:08 | ごはん
久しぶりに洋麺屋五右衛門に行ってきました。

だんなさまはたこのペペロンチーノ。

私はこれ。


えびときのこの明太子パスタ。

おいしかった~。

ここの明太子パスタはおいしいですね。

お肉が入っているのは食べられないので、食べられるおいしいパスタがあるのは助かります~。
コメント

抱っこ嫌い

2017-08-25 08:49:12 | うさぎ三か月~四か月
朝は私がうさをケージからサークルにさくっと出すので、その時はそこまで抱っこを嫌がりませんが、夜は抱っこの練習時間なので、しっかり胸のところに一旦だっこして、サークルに出します。

サークルに出した後も走り疲れた後にだんなさまがサークルの中に入って抱っこの練習をします。

やっぱり抱っこができないとグルーミングも全身はできませんし、だんなさまががんばってくれています。

だんなさまのことは大好きなんだけど、抱っこは大嫌いで、こんなかっこに。

うさの抱き方は、お尻を支えて、胸の下に手を入れて持ち上げます。

うさはそれをわかっているので、胸の下に手を入れられないようにしているんです。

だけどお尻は隙がありまくり。しっかり網に足がかかっているとかなりの力がないとはがせませんが、この足では私でも簡単です。

うさぎも一生懸命考えているんでしょうが、それが穴だらけなのが可愛いです~。



ケージの隅っこで警戒している姿を撮ろうとしたら、いきなり身づくろいが始まってしまってこんな変な写真が撮れました。

ズームアップ




ドアップ。

うさはこの小窓から脱走を試みます。この時も外に出たい~と思っているように見えるのは気のせいでしょうか。

この仔は小柄なので、簡単に出られてしまいます。写真を高速で撮ってすぐ閉めないといけません。
コメント

初めての足ダン

2017-08-23 10:04:32 | うさぎ三か月~四か月
うさぎは無表情です。(長く付き合っていると表情もわかるらしいですが、今のところ私にはまったく表情はわかりません)。

でもうさぎの中ではいろんな感情、思いがあるらしいです。

あと、賢いように思います。

人間と暮らしてきた歴史が長い猫や犬のような賢さではないのですが、人間をよく見ていて学習するように思います。

よく言われるのが人間の心に敏感、わかるということです。

今までのところ、こちらが遊んだら~みたいにうさぎハウスを置いたら普通に入って遊んだりしますが(遊ばないことも多いですが)、こちらが入ってくれ~入ってくれればそれで移動させられるから~みたいに思ってうさぎハウスをうさの前に置いても絶対にうさハウスに入りません。今までのところ100%です。

警戒のオーラを出します。じーーーっと頭を低くしてこいつは何か企んでるなと考えているようです。


いろいろ思っているらしいうさぎですが、無表情、基本的に鳴かないため、感情表現はボディランゲージが多いです。

そのうちの一つに足ダンがあります。

スタンピングともいうのですが、後ろ脚でだんだん地面をたたきます。

なかなか大きな音です。

野生では警戒警報であり、ペットでは警戒警報でもありますが、主に自分の不平、不満を表します。


有名な足ダンですが、今まで一度も聞いたことがなく、うちの子はしないのかな~とか思っていたのですが、したのです!

昨日、どうしているかな~と部屋をのぞいたら、すでにうさは体がこちらのほうを向いて、目もしっかり私を見ていました。

こんなことは珍しいんです。

私がこようがなんだろうが自分の好きなようにやるのがうちのうさなので。

目があって、私があら?珍しいと思ったら、すぐに足ダンをしました。

初めてだったので最初はわからず、・・・あれ?今の足ダン?って思って、駆け寄ったところまた足ダンしてました。

計三回したのかな?そのあとは黙ってペレットを食べ始めました。

私はというとなになに?何してほしいの?と言いつつケージを見たら、うさハウスがいつもより左に転がってました。

こんな感じ。


これかなと思って、もとのところに戻してあげました。

そうしたらペレットを食べ終えて、彼の大好きな場所、大理石のところに前足をおき、トイレに寄りかかりながらリラックスし始めました。

たぶん、彼はここで寝たかったのですね。

だけど自分が動かしたうさハウスが邪魔で寝られないので、私が来るのを待っていたらしいのです。

うさハウスを動かしてくれというので足ダンするんだ~とおかしかったです。

よく聞くのは遊んでくれ、とかおなか減ったとかなので。

今朝、だんなさまの手をなめまくっているうさ。朝はなぜか大歓迎です。夜はそれほどでもありません。


夜、膝でじっとしている練習をしたあとに乳酸菌のペレットをもらっているうさ。練習になりませんでしたけども。するっと逃げていきました。。。
コメント

災難な日

2017-08-21 16:47:54 | うさぎ三か月~四か月
土曜日はたぶんうさにとってまさに「災難な日」だったと思います。

この日はうさの出身店に爪切りとブラッシングをしてもらいにつれていきました。

うさぎはとっても臆病なのでキャリーで運ばれるだけで落ち着きませんし、車の揺れもうさぎには結構なものだと思います。

車で30分ぐらいで到着。

ずっと声かけをしていたのですが、ずっと落ち着きなく動いていました。

もともとうさがいたお店に連れて行ったのですが、ブラッシングと爪切りではまったく落ち着かず、ずっと逃げようとしてました。

自分のテリトリーじゃないところに行くとおとなしくなるうさもいるらしいのですが、うちのは違いました。

爪切りとかいきなり動くので、私たちではちょっといつできるようになるのかというぐらい怖いです。

プロはさすがでした。

まったく動じず、堂々としたエネルギーで声かけをしながらまったく逃がすことなく手際よくやってくださいました。

もう夫婦そろって尊敬です。さすがです。

でも終わった後のうさのお目目は今まで見たことがないほど吊り上がってました。

呼吸もものすごく早くてとても緊張しているのがよくわかりました。

私自身がとにかく病院とか検査とかものすごく怖いので、うさの気持ちがよくわかりました。。

家に帰ってきてもまだ緊張してました。

いっぱい声かけしたのですが、不機嫌で、撫でられるのを嫌がり、そっとしておきました。

そしてこの日はものすごい雷がなったんです。

やっと少し楽になったかなと思った夕方ごろすっごい雷が鳴り始め、別の部屋にいた私もさすがに心配でうさのいる部屋にいったところ、目をまん丸くしておしっこをしてました・・。もらしちゃったのかな・・。

私は音に敏感で、雷のすごいのは耳栓をしたりします。一個だけ。

うさは私より耳がいいのに耳栓もできずかわいそうになぁと思いながらそばにいながら声かけをしていました。

そうしたら少し落ち着いたみたいで、また横になって目がとろんとなってきたりしました。

が、またどっかーーーんと私も体が飛びあがった(誇張でなく)すごい音がするとがばっと起き上がりました。

私のほうが驚いたかもしれんと思いつつ、大丈夫~って声かけしていたら、また落ち着き、音が小さくなってきたらやっと寝られたみたいです。

それがこれ。暗くしていたので見にくくてすみません。


まる一日以上緊張した感じがありましたが、ようやく日曜日の夜になって落ち着いてきました。まだちょっと元気がないかも。




今朝のうさです。


うさには災難でした。
コメント